ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  経営  環境対策/環境ビジネス  脱炭素経営促進セミナー~電気代の削減とCO2削減の一挙両得!~

開催日 2019/01/18 (金) 開催地 大阪府

電気料金が最大20~30%削減!電気は買うから作る時代へ!

脱炭素経営促進セミナー~電気代の削減とCO2削減の一挙両得!~

主催 株式会社エコスタイル 講師 垣本達也 受講料 無料   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標SDGs」や地球温暖化対策の枠組みとなるパリ協定の合意を受けて、世界的に脱炭素化の動きが高まっています。
その中でもCDPやRE100など既存の事業を前提とせず、社会課題に基づく野心的な目標設定が注目されています。

本セミナーでは、自家消費型太陽光発電を通じて企業の脱炭素経営を加速させたいとお考えの工場や倉庫、病院、スーパーマーケット等の店舗など、建物施設をお持ちの企業様限定で電気料金を最大20~30%削減する方法をご紹介させていただきます!

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

★なぜいま環境経営が注目されており、必要なのかを知ることができる。
★自家消費型太陽光発電による電気代の削減方法を知ることができる。

セミナーの対象者はこんな方です

【こんなお悩みはありませんか?】
①毎月の電気料金が30万円以上あり、電気代が高い。
②電気利用の負荷率が高く、割引が難しいと回答された。
③自社で建屋・ビル・倉庫などを所有し、高圧・特別高圧の電力を契約している。
④再エネ設備を導入して企業イメージを向上させたい。
⑤環境貢献/CSR活動の一環として。
⑥ESG投資の投資先となる要因を強めたい。

法人様で上記のようなお悩みをお持ちの方は是非、ご参加ください。
開催日時 2019/01/18 (金)     16:00~ 17:00     (受付  15:45 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/01/17
主催会社 株式会社エコスタイル
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 10名
受講料 無料
開講場所 ・会場名: 株式会社エコスタイル 大阪本社
・住所: 〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町1丁目4番6号 ミフネ道修町ビル3階
・交通アクセス: ●大阪メトロ堺筋線 北浜駅 徒歩3分 ●京阪本線 北浜駅 徒歩4分
講師
垣本達也 講師写真

垣本達也  (カキモトタツヤ)

株式会社エコスタイル 経営企画部

※都合によりやむなく変更となる場合がございます。

カリキュラム、
プログラム
弊社がご提案するのは「自家消費型太陽光発電+新電力」の組み合わせによる法人様施設の電気料金の削減方法です。
この結果、今の電気料金を最大で20~30%も削減できる可能性があります!
「自家消費型太陽光発電」で日中は自家消費により電力購入量を削減し、
太陽光発電では賄えない夜間の電力は「新電力」による割安な電気をご利用いただく事によって、今までよりも安価に電気料金を抑えることが可能になります。

▶プログラム
【1】弊社概要

【2】「なぜいま自家消費型太陽光発電なのか」①
  ~環境経営が加速

【3】「なぜいま自家消費型太陽光発電なのか」②
  ~将来の電気料金を考えたコスト削減の備え

【4】弊社サービス「太陽でんき®」
  ~エコスタイルでんき+自家消費型太陽光発電

【5】自家消費型太陽光発電 導入までの流れ

【6】自家消費型太陽光発電 導入
  ~公的な支援策とPPAモデル

【7】自家消費型太陽光発電 設置事例

【8】再エネでんきの調達について
  ~自家消費型太陽光発電とエコスタイルでんきREプラン

【9】質疑応答

※プログラムは予告なく変更される場合がございます。
※録音、ビデオ・写真撮影はご遠慮ください。
特典 セミナー終了後、ご希望の方には、個別相談も受け付けております。

持ち物 筆記用具
お知らせ ※個人の方、同業他社の方の参加はご遠慮いただいておりますので、ご了承下さい。
※同じ法人様からのご参加は2名様までとさせていただきます。
※開催日当日にご予約いただいた場合は、ご入力後に予約した旨を電話でもご連絡いただきますようお願い申しあげます。
※当日、受付時に名刺を1枚ご用意下さい。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。