ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  特許・知的財産  食品系技術者の特許出願/調査/戦略早わかり

開催日 2019/07/19 (金) 開催地 東京都

~特許活用による開発効率アップとリスク低減のコツ~

食品系技術者の特許出願/調査/戦略早わかり

主催 日本アイアール株式会社 講師 中谷 明浩 受講料 29,160円   

このセミナーをチェックリストに追加する  お申込み受付中
本講座では、知財に関わる初中級の方々を対象とし、食品業界に的を絞って、知財の仕組みや実務における考え方のポイントを伝授します。
①実務上必要な特許の基礎知識、
②実務に必要な基礎情報を得るための特許調査と特許情報活用の知識、
③特許(知財)やその情報を研究開発や事業開発・運営に生かすための知識、
の大きく三つの柱を解説します。

講師は食品メーカーで生産技術の現場を経験した後、研究開発部門の特許担当者を経て、知的財産部門で専門的な実務を積んでおり、その経験から開発現場に必要な特許実務を熟考し構成しています。折に触れて食品業界ならではの着眼点で解説を行います。

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

本講座がはじめての特許実務への「道しるべ」として今後の実務で本当に役に立つよう、さらに必要に応じて知識を深めることができるよう、特許に関する基本的な知識や、食品業界におけるさまざまなコツをお伝えします。

セミナーの対象者はこんな方です

・食品関係業界の研究開発・技術者の方で、特許の調査や出願の経験が少ない方
・食品関係業界の特許担当者、新任知財部員、事業企画担当者で、特許実務経験が初級~中級程度の方
  特典
 お知らせ
開催日時 2019/07/19 (金)     10:00~ 17:00     (受付  09:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/07/18
主催会社 日本アイアール株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 16名
受講料 29,160円
開講場所 ・会場名: 日本アイアール株式会社 会議室
・住所: 〒160-0008 東京都新宿区四谷三栄町9-6 太田ビル3F
・交通アクセス: 丸の内線 四谷三丁目駅:徒歩6分/都営新宿線 曙橋駅:徒歩8分/JR線、丸の内線、南北線 四ツ谷駅:徒歩11分

セミナー マップ

講師
中谷 明浩 講師写真

中谷 明浩  (なかたに あきひろ)

中谷技術士事務所 代表 技術士(農業部門・農芸化学/食品化学 ) AIPE認定 知的財産アナリスト(特許) など

1993年 東洋製油㈱(現・㈱J-オイルミルズ) 入社
生産技術部門、研究開発部門(研究所)、知的財産部門を歴任し、
生産効率化のための改善やプロセス開発、
商品開発や品質改善、
特許情報調査や分析、発明の権利化やノウハウ保護、契約、ライセンス、国内外係争対応などに従事。

2018年 中谷技術士事務所開業
特許マップなどの特許情報活用や知的財産実務支援を含む食品開発、食用油脂技術支援、改善などの食品生産技術支援を専門とする食品技術コンサルタントとして活躍中。

カリキュラム、
プログラム
1. はじめに
1.1. 本セミナーの目的
1.2. 食品特許を取り巻く環境
1.3. 食品と特許
1.4. 今後の食品系研究者・技術者と特許のありかた
1.5. 使用する用語の説明
2. 特許の基礎知識
2.1. 知的財産権の中の特許
2.2. 特許の目的
2.3. 発明とは
2.4. 特許権の及ぶ範囲
2.5. 特許の効果と影響
2.6. 出願から権利化まで
2.7. 特許として認められるための要件
2.8. 特許明細書作成のためのポイント
2.9. 特許に係る費用
3. 特許調査
3.1. 特許調査の目的
3.2. 特許調査の重要性
3.3. 特許調査に必要な知識
3.4. 特許調査の種類
3.5. 特許調査に用いるツール
3.6. データベース:J-プラットフォームの使い方と特許調査
3.7. データベース:Espacenetの活用
3.8. 海外特許庁データベースの紹介
3.9. 非特許文献調査に用いるツール
4. 特許情報の活用
4.1. 特許情報とは
4.2. 特許情報で何が分かるのか
4.3. 特許情報で何ができるのか
4.4. 特許情報を分析する上でのポイント
4.5. 特許マップの活用例
5. 発明発掘のポイント
5.1. 研究開発者・技術者の考え方の特徴
5.2. 特許(知財)部員の考え方
5.3. 発明発掘活動
5.4. 特許化へのポイント
6. ノウハウ保護
6.1. ノウハウとは
6.2. ノウハウ保護の重要性
6.3. ノウハウ保護か特許出願か
6.4. ノウハウ保護の具体的方法
7. 第三者出願・特許への対応ポイント
7.1. 該当と疑われる第三者出願・特許を発見したら
7.2. 該当性の評価
7.3. 第三者「出願」に該当の疑いがある場合
7.4. 第三者「特許」に該当の疑いがある場合
7.5. 第三者特許対応フロー
8. 特許(知財)戦略
8.1. 特許(知財)戦略とは
8.2. 三位一体の知財戦略
8.3. IPランドスケープとは
8.4. 特許情報分析(特許マップ)と戦略
8.5. 特許(知財)戦略の実務的方法
9. 最後に
セミナー参加費
支払い方法
受講予約が完了されたセミナー参加者様には、受講票とともに受講料の請求書をお送りいたします。銀行振込にてお支払いください。

請求書の宛名は特にご指定がない場合、セミナー参加者様の所属企業名となります。

宛名や送付先の変更をご希望される方や、支払い方法を当日現金払いにされたい方は個別にお申しつけくださいませ。

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。