ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  技術・研究  エレクトロニクス  測定技術 パワエレにおける評価項目と測定技術

開催日 2019/08/30 (金) 開催地 神奈川県

  • 粗品
  • 食事
  • 懇親会

測定技術 パワエレにおける評価項目と測定技術

主催 一般社団法人 日本パワーエレクトロニクス協会 講師 高木 茂行 先生 受講料 48,600円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
■講義
1.電圧・電流測定法
2.電力測定法
3.インピーダンス測定法
4.パワーデバイス回路の測定法(Si、GaN)
5.インバータ電力・電圧・電流の測定(プリウスの動作波形測定)
6.リチウムイオン電池の測定
7.実習の説明

■ 実習
1.SiデバイスとGaNデバイスの電圧、電流波形測定
2.インバータの三相電力測定
3.インピーダンスアナライザによる受動素子とLイオン蓄電池の測定
Liイオン蓄電池のコール・コール・プロット測定
Liイオン蓄電池のインピーダンスの周波数特性を測定し、コール・コール・プロットを求める。

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

 本セミナーでは、パワーエレクトロニクス(以下、パワエレ)で必要とされる測定項目と測定手法について講義と実習を通して学びます。パワエレの測定で重要なのは,電圧,電流,電力測定です。これらの測定原理,測定用ツール,留意点について説明します。また、電力測定で使われる電力アナライザ、受動素子のインピーダンス測定で使われはインピーダンスアナライザの測定原理と使い方の留意点について説明します。測定の個別事例として、高速なスイッチング素子として期待されるGaNの測定、インバータでの電力・電圧・電流測定、Liイオン蓄電池の測定を紹介します。インバータの測定では、実際のプリウスを解体し、電圧、電流を測定した結果についても紹介いたします。
 計測方法を修得するには、講義やテキスト読んだりする座学だけでなく、実際の測定器を使って測定してみることが大切です。本セミナーでは、前半に講義を行い、後半では講義で紹介した測定器を使った計測方法について実習する構成としています。

セミナーの対象者はこんな方です

 受講対象者は、パワーエレクトロニクスの初心者、始めて10年以内の研究・開発者を想定しています。また、また。中堅からベテランの研究・開発者でありながら、計測について体系的に学び直したい人。新たに計測分野に着手したい人、計測について悩んでいる人にもお勧めです。
 お知らせ
開催日時 2019/08/30 (金)     10:30~ 17:30     (受付  10:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/08/29
主催会社 一般社団法人 日本パワーエレクトロニクス協会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 20名
受講料 48,600円
開講場所 ・会場名: Mywayプラス株式会社 セミナー室
・住所: 〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-12-2 明友ビル6階
・交通アクセス: JR新横浜駅から徒歩5分、新横浜スケートセンターの隣り

セミナー マップ

講師
高木 茂行 先生 講師写真

高木 茂行 先生  (タカギシゲユキ)

東京工科大学
名古屋大学院卒業後、東芝生産技術研究所に入社。
以来31年間、研究開発およびそのマネジメントを行う。2015年より現職。

製造現場での豊富な経験をベースに、理論とシミュレーションを効果的に活用した研究を行っている。
平易な語り口での講義も好評で、企業向けの登壇も多い。工学/理学博士、技術士(電気電子部門)。


講師紹介ページ(東京工科大学)
http://www.teu.ac.jp/info/lab/teacher/es/index.html?id=28

カリキュラム、
プログラム
■ 講義
 1.電圧・電流測定法
  1.1 パワーエレクトロニクスにおける測定の概要
  1.2 電圧プローブ
  1.3 シングルプローブ、差動プローブ、光アイソレーション
  1.4 電流プローブ    
 2.電力測定法
  2.1 電力測定法
  2.2 電力アナライザによる電力測定
  2.3 三相三電力法と三相二電力法 
 3.インピーダンス測定法
  3.1 インピーダンスアナライザの測定原理
  3.2 受動素子のインピーダンス測定
 4. パワーデバイス回路の測定法(Si、GaN)
  4.1 ワイドギャップ半導体
  4.2 ダブルパルス法
  4.3 GaN、SiCの高速スイッチング測定
 5.インバータ電力・電圧・電流の測定(プリウスの動作波形測定)
  5.1 三相インバータの構成・動作原理
  5.2 PWM波形
  5.3 プリウスのパワーユニット(分解写真)
  5.4 プリウス動作時の波形測定 
 6.リチウムイオン電池の測定 
  6.1 リチウムイオン蓄電池の構造と等価回路
  6.2 コール・コール・プロット測定
 7.実習の説明

■ 実習
 1.SiデバイスとGaNデバイスの電圧、電流波形測定
  ◎目的:GaNパワーデバイスの高速スイッチングの測定  
  ◎内容:DC-DC変換器で使われているSiとGaNパワーデバイスで、スイッチングによる電圧、電流波形を測定し、両デバイスの電気特性を比較する。
 2.インバータの三相電力測定
  ◎目的:三相インバータの電力測定法
  ◎内容:三相インバータの電力を、三相三電力計測法と三相に電力計測法で行い、2つの測定法で得られる電力値を比較する。
 3.インピーダンスアナライザによる受動素子とLイオン蓄電池の測定
  ◎目的:受動素子インピーダンスの周波数特性測定
       Liイオン蓄電池のコール・コール・プロット測定
  ◎内容:コンデンサ、抵抗に代表される受動素子で、インピーダンスの周波数特性を測定する。
       Liイオン蓄電池のインピーダンスの周波数特性を測定し、コール・コール・プロットを求める。
特典 食事付 食事付 粗品有り 粗品有り 懇親会有 懇親会有 
持ち物 1.受講票2.筆記用具3.ノートPC(エクセル)4.USBメモリ
セミナー参加費
支払い方法
● お支払いに関しては、お振込みでの受付となります。

● 請求書に記載された期日(セミナー開催月の翌月末)までに下記口座へお振込みいただけますようお願いいたします。

● 領収書の発行はいたしておりませんが、必要な方は通信欄にご記入をお願いします。

● 金券を利用される方は通信欄に利用される金券の金額のご記入をお願いします。

金融機関名 みずほ銀行

支店名 横浜東口支店(店番号:361)

口座番号 普通 2244064

口座名義 シヤ)ニホンパワーエレクトロニクスキョウカイ

  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。