ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  経営  業務改善/組織改善  標準作業書作成と標準時間の考え方

開催日 2020/01/20 (月) 開催地 東京都

標準作業書作成と標準時間の考え方

主催 (公財)日本生産性本部 日本インダストリアル・エンジニアリング協会(日本IE協会) 講師 松澤 安彦 氏 受講料 52,800円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
5つのパターンの標準作業書作成を演習で学ぶ!
多能工化、新人作業者対応、品質安定のための「標準」の定め方


現場力強化のカナメである「標準作業と標準時間の設定」は、品質作り込みと改善・生産性向上の最も基礎となる有効な手段です。改善活動を逆戻りさせないためには標準化が重要で、成果をきちんと経営に反映させなければなりません。

本講座の内容を活用することで、ムダを徹底排除し品質・生産性を格段に向上します。

管理・監督者、技術者、スタッフや現場のリーダーの方々に受講をお勧めします。


ポイント
●演習と講義を通して、標準作業設定と標準作業書作成および標準時間の考え方を習得します。
●現場の問題の見方を身につけることができます。
●現場管理の基本と実践のノウハウを学びます。
  特典
開催日時 2020/01/20 (月)     10:00~ 17:00    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/01/17
主催会社 (公財)日本生産性本部 日本インダストリアル・エンジニアリング協会(日本IE協会)
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 20名
受講料 52,800円
開講場所 ・会場名: (公財)日本生産性本部内セミナールーム
・住所: 〒102-8643 東京都千代田区平河町2-13-12 (公財)日本生産性本部内セミナールーム
・交通アクセス: 
講師
松澤 安彦 氏 講師写真

松澤 安彦 氏

日産自動車(株) 日産ラーニングセンター チーフインストラクター

現場改善力を向上させるために技術・技能教育、現場管理などを指導し、日産グループ以外にも業種を越えて(電機や食品などにも)実践的な教育を指導しています。
講師は現場において改善実施や改善指導の経験を持つベテラン講師です。

カリキュラム、
プログラム
標準作業の設定と標準作業書の作り方

1.現場の役割・監督者の役割

2.標準作業
  ・標準作業とその必要性
  ・標準作業設定の考え方と方法
*標準とは何か、標準作業書のねらいや織り込む内容、範囲を理解します

3.標準作業書の作成 [演習] 
  ・設定の手順
  ・作業分解と動作の取り出し方
  ・急所(カン・コツ・ノウハウ)の取り出しと表記方法
  ・組合せの標準作業書の手順
*演習をしながら1人区(1名分)の作業書作成の手順を理解します
*人と機械の組合せ作業の作業書作成のポイントを理解します
標準時間の考え方と標準作業書のメンテナンス

4.作業の目標時間の設定
  ・標準時間の定義と意義
  ・標準時間の構成と余裕時間
  ・標準時間の設定
*正しい作業のやり方(標準作業)が決まっても時間のものさしが無ければ仕事の量を決めることはできません。標準時間の設定方法を学びます

5.標準作業の実践とメンテナンス
*改善活動に応じた標準作業のメンテナンス方法とPDCAサイクルの重要性を学びます


※プログラムは都合により変更になる場合があります
お知らせ 参加費  一般 48,000円

*テキスト代込み・税抜


※参加証(会場案内)と請求書を、開催日2週間前より順次送付します

※ 同業およびコンサルタントの方はお断りする場合があります
※ 開催日1週間前よりキャンセル料が発生しますので、代理の方の出席をお願いします


<注意>
会場は変更になる場合があり、お申込後、主催会社から連絡をいたします。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。