ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  営業・マーケティング  商品開発/マーケティング  マーケティング・リサーチプランニングコース 【東京開催】

開催日 2019/11/26 (火) 他1回/計2回 開催地 東京都

  • 食事

意思決定に寄与するインサイトの発見のための

マーケティング・リサーチプランニングコース 【東京開催】

主催 一般社団法人日本能率協会 講師 小田 宜夫 氏  他 受講料 114,400円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
マーケティング・リサーチの事前設計を一から学ぶことのできるセミナーです。
事前設計の肝である

1.誰を対象とすべきか
2.どうデータを収集すべきか
3.何を聴取・観察すべきか

を学ぶことで、リサーチから得られる結果を大きく変えることができます。


ビジネス上の課題を解決する手段として多様されるリサーチですが、調査を実施したものの、意図した結果が得られていない、あまり有効に活用できていないといったケースが見受けらます。

本セミナーは調査結果を有効的に活用するために、マーケティングリサーチのプランニングを通して、意思決定に寄与する(インサイトを発見する)価値のあるリサーチを企画するための勘所を講義と演習から実践的に学び、実務に活かすことを目的としています。

セミナーの対象者はこんな方です

◆ マーケティング・リサーチの結果を活用されている以下の方々、リサーチを計画・管理されている方々
 ・商品企画・開発部門、営業企画部門、宣伝広告部門の方々
 ・ブランド・プロダクトのマネージメントに携わっている方々
 ・生活者やユーザー研究に携わっている方々
開催日時 2019/11/26 (火)     10:00~ 17:00    
2019/11/27 (水)     10:00~ 17:00    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/11/19
主催会社 一般社団法人日本能率協会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 24名
受講料 114,400円
開講場所 ・会場名: 日本能率協会・研修室(東京・港区)
・住所: 〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22 日本能率協会ビル
・交通アクセス: 日比谷線 神谷町駅 3番出口より 徒歩7分 都営三田線 「御成門駅」 A1出口より 徒歩5分

セミナー マップ

講師
小田 宜夫 氏 講師写真

小田 宜夫 氏

(株)インデックス・アイ 代表取締役社長

佐藤 史 氏 講師写真

佐藤 史 氏

(株)インデックス・アイ リサーチ事業部長 兼 メディカルリサーチ部長

カリキュラム、
プログラム
特徴
◆ビジネス、マーケティング上で発生する課題と調査課題に対応したマーケティング・リサーチのプランニングを学ぶ
◆講義とグループでの演習により、プランニングと活用方法の勘所をつかむ。


ビジネス上の課題を解決する手段として多様されるリサーチですが、調査を実施したものの、意図した結果が得られていない、あまり有効に活用できていないといったケースが見受けらます。

本セミナーは調査結果を有効的に活用するために、マーケティングリサーチのプランニングを通して、意思決定に寄与する(インサイトを発見する)価値のあるリサーチを企画するための勘所を講義と演習から実践的に学び、実務に活かすことを目的としています。


受講者が抱える課題
(1)目的・課題の設定(調査の拠り所)

(2)素材の集め方(調査手法)

(3)素材の見極め(調査結果)

(4)インサイトの発見(分析による示唆)


プログラム

1日目 10:00~17:00

1.マーケティングリサーチのプランニングとは
  全体像をイメージせずに実施することのリスク

2.的確な調査目的・課題の設定方法
  意図した結果が得られないのは、目的・課題の曖昧さが根源

3.活用を意図したリサーチ設計の勘所
  ■対象者条件(誰を対象とすべきか)
    属性面に偏った条件設定が真の対象者を見失わせる原因
  ■手法・調査票(どうデータを収集すべきか)
    得ようとする結果と得るための手法のミスマッチ
  ■調査内容(何を聴取・観察すべきか)
    何を聴くか・観るか、どう聴くか・観るかによって得られる結果は大きく左右される
  【グループ演習】
    演習テーマに対して、リサーチプランの拠り所となる「リサーチの目的・課題」をメンバーとの議論、講師の助言を得ながら検討します。


2日目 10:00~17:00

4.調査の品質を高めるためのツール、メソッド
  ノンバーバルな(非言語的)アプローチ方法の活用と留意点

5.分析すべき素材(データ)の見極め
  全てのデータを等しくみることの非効率さ

6.データの捉え方、分析の視点・方法
  誤ったデータの捉え方が引き起こすミスリード、苦慮するインサイトの発見

7.調査結果の共有と合意形成
  儀式化された報告会の無意味さ
  【グループ演習】
    前日のディスカッションを通じて決定した目的・課題に沿って「調査設計(誰に/どのように/何を)」及び「アウトプットイメージ(分析・結果の活用イメージ)」を検討します。

8.グループ演習の発表と講評


※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。あらかじめご了承ください。
特典 食事付 食事付 
受講者の声 初心者でもわかりやすく調査のプランニングの仕方を教えてくださり、また、グループワークが多いので、自分の意見をじっくりと考える時間がありました。意見の出し方もこれから調査をしていくうえでとても参考になりました。現在取り持っている具体的案件があるので、そこで活かしていきたいと思います。
(サービス業 3年目)

正しい調査設計、ひいては正しい意思決定に導くエッセンシャルなヒントをたくさん学ぶことができ、調査業務が改善することは間違いないと思います。自社に戻ってからは、調査課題、目的を考えるときにシナリオ、サマリーなどのアウトプットを考えながら設定したいと思います。
(建設、4年目)

実際に企画書を作る作業を通して、重要ポイントや改善ポイントがわかりました。調査企画を立てる際には、今回学んだポイントを基に取り組んでみたいと思います。
(食料品、5年以上)

現在の業務では、定例的なリサーチにとどまっているが、今回のセミナーで根本的な目的、課題設定を体験できた。自社に戻ってからも常にマーケティング課題、リサーチの目的に立ち返ることを意識したいと思います。
(その他製造業 5年以上)

マーケティングの入門編として、初心者にも役立つ内容だったと思います。調査以来の前段階で、社内の人とブレインストーミング/すりあわせの時間を取る際に、今回学んだことを活かせそうです。
(医薬品 3年目)
お知らせ 参加費(税抜)
通常参加料 104,000円/1名

※参加料にはテキスト、昼食費が含まれております。
※本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。
※5名に満たない場合は延期する場合があります。

※開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。


※受講料には、8%の消費税ではなく、増税(予定)後の10%の消費税が含まれております。
※増税がされない場合は、受講料+8%の消費税となりますので、あらかじめご了承ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。