ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  ビジネススキル  マネジメント/PMBOK  標準時間の設定と活用実践セミナー 【オンライン ライブ参加型】

開催日 2022/07/07 (木) 他1回/計2回 開催地 WEB配信型ライブセミナー

~データ収集・解析活用による人と機械設備の標準時間の効率的な設定と活用方法について学ぶ~

標準時間の設定と活用実践セミナー 【オンライン ライブ参加型】

主催 一般社団法人日本能率協会 講師 小川 正樹 氏 受講料 126,500円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
[ものづくりの現場では、DXなどデジタルツールの活用推進が始まり、実績データ収集が注目されています。集めたデータを活用し生産活動が順調かを管理するには、物差しになる標準時間が必要です。

生産性や収益性をさらに向上させるには、“あるべき姿”としての正しい人と機械設備の標準時間を設定し、活用することです。

本セミナーでは、人と機械設備の標準時間の考え方、設定ポイントや具体的方法から収益性向上に結びつく実践的な活用方法について丁寧に指導します。


本セミナーのポイント

・グローバルに通用する人の標準時間について解説します
・最適な機械設備スピードを追求した機械設備の標準時間方法が明確になります。
・費用対効果を考慮した自社に最適な標準時間の設定方法が明確になります
・標準時間と実績時間の差異の低減方法、標準時間を使った生産計画の作り方を体得できます。
・標準時間の設定や活用についてPC(Excel)を用いた演習で理解を深めます

セミナーの対象者はこんな方です

・生産技術部門の中堅スタッフ、管理者
・DX、IoT、自動化の推進、コストダウン、生産性向上などを推進されている方々
・製造部門の管理監督者、スタッフ
・生産管理部門の管理者、スタッフ
・標準時間、標準原価の設定に関係する管理者、スタッフ
  特典
開催日時 2022/07/07 (木)     10:00~ 17:00    
2022/07/08 (金)     10:00~ 17:00    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2022/07/04
主催会社 一般社団法人日本能率協会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 126,500円
開講場所 ・会場名: オンライン ライブ参加型
・住所: テレビ会議ツール「Zoom」で配信します。 
・交通アクセス: 
講師
小川 正樹 氏 講師写真

小川 正樹 氏

JMA専任講師
(株)MEマネジメントサービス 代表取締役
マネジメントコンサルタント・技術士(経営工学)

カリキュラム、
プログラム
プログラム

1日目 10:00~17:00

標準時間の意義と設定手法
◆DX時代でも工場管理の基本は標準時間

1科学的管理法と標準時間
  (1) 標準時間の構成
  (2) IE(インダストリアル エンジニアリング)とは何か
  (3) 標準時間設定の目的とレベル

2 人の作業の標準時間設定
  (1) 直接時間研究と標準スピードを見極めるレイティング
  (2) 余裕率設定にも役立つワークサンプリング
  (3) 人の動作の基準はPTS(既定時間標準)法

3 標準時間資料の作成方法
  (1) 標準時間資料で自社の標準時間を設定する
  (2) 合成法による標準時間資料の作り方
  (3) DXにも対応する分析法による標準時間資料の作り方
  (4) 複数要因と時間の関係を読む重回帰分析
  演習
  実践!PC(Excel)で標準時間資料の作成

4 機械設備作業の標準時間設定
  (1) スマート工場にも必要な機械設備の標準時間設定
  (2) 機械設備スピードの最適条件を追求する
  (3) 機械設備の標準時間を設定する
  演習
  実践!PC(Excel)で機械設備時間の設定
  (4) 段取標準時間の設定ポイント


2日目 10:00~17:00

標準時間の設定と有効的な使い方
◆生産方式に応じた標準時間の設定

5 作業形態別の標準時間の設定
  (1) 機能別生産での標準時間設定ポイント
  (2) ライン生産、セル生産での標準時間設定ポイント
  (3) 余裕率の設定方法
  (4) 標準時間の監査制度とメンテナンスの自動化
  演習
  PC(Excel)で標準時間設定

◆計画と実績との差異対策

6 標準時間の工数・設備効率管理面での活用
  (1) 成果の出る工数・設備効率管理のやり方
  (2) 作業者の時間のムダ、管理者の時間のムダ
  (3) 標準時間を物差しにして生産性を倍増させる
  (4) 作業能率のキーは第一線監督者の指導監督と動機付け
  (5) 仕事量に対応して人と設備の使い分ける

◆計画面での活用を強化する

7 標準時間の生産管理面での活用
  (1) 標準時間で負荷を計算する
  (2) 負荷と能力の調整をコストで評価する
  演習
  PC(Excel)で負荷と能力を調整し生産計画を作成
  (3) 標準時間設定を自動化する
  (4) スマート工場では図面段階で標準時間を設定する


※プログラム内容は、変更される場合がありますあらかじめご了承ください。

※昼休みは12:00~13:00を予定しております。

※生産技術者のレベルアップには、生産設計とコストダウン・設備投資のスキルが欠かせません。
「生産技術者のためのコストダウンの見方・考え方習得セミナー」(JMA_100391)をご活用ください。
受講者の声 ・実例での説明と質問の解答が非常に解り易かった。
・標準時間を設定する必要性を再認識しました。
・工程改善のための指標について学んだ事を実践します。
持ち物 ※本セミナーでは電卓を使用しますので、必ずご持参ください。
お知らせ 参加費
通常参加料  115,000円/1名(税抜)
通常参加料  126,500円/1名(税込)

・参加料にはテキスト(資料)費が含まれております。
・本事業終了時の消費税率を適用させていただきます。

※参加定員の関係でご参加いただけない場合は折り返しご連絡いたします。


・1申込につき1名様がご受講ください。(著作権の観点から1申込で複数の方のご受講はお受けいたしません)
・ビデオオンできる環境をご用意ください。イヤホンやヘッドセット、外部スピーカーを使用しての受講をおすすめします。
・お申込み時、参加される方のメールアドレスを必ず登録してください。
・テキストは事前に配布します。

・Zoomにおけるリモート制御ならびにレコーディング機能はホスト側にて停止させていただきます。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。