ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  営業・マーケティング  営業/販売スキルアップ  ID-POSを活用した小売業との共同取組

開催日 2020/01/15 (水) 開催地 東京都

  • 飲み物

データに基づいた仮説~検証サイクルを小売とメーカーが協業で実行するためのノウハウ

ID-POSを活用した小売業との共同取組

主催 株式会社マーケティング研究協会 講師 白川 淳一 受講料 42,000円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
購買データで進化させる!製販協働
小売店頭でのID-POS導入はここ数年で大きく普及してきました。
流通からメーカーへのデータ開示も濃淡はありつつも、大きく進んできています。POSがID化することで、分析の可能性は格段に広がるものの、その利点を活かせた提案や取り組みはまだまだ模索段階にあります。
本セミナーでは、小売業とメーカーがそれぞれに役割を果たしつつ、共通の目標を立てて達成を目指す「製販協働」取り組みにおいて、ID-POSの潜在力をフルに活かしていくためのノウハウ、提案のあり方を解説します。
また、本講座では講義スタイルの解説だけでなく、リアルなサンプルデータを用意し、そこからみなさんに仮説~提案の企画にもワーク型で挑戦していただきます。自分で考えてみることを通じて、日々の業務にすぐ使える発見を多く獲得してください。
開催日時 2020/01/15 (水)     13:30~ 17:30     (受付  13:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間 2019/11/18  ~ 2020/01/14
主催会社 株式会社マーケティング研究協会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 40名
受講料 42,000円 (テキスト代、飲料代を含みます)
開講場所 ・会場名: マーケティング研究協会 セミナールーム
・住所: 〒162-0814 東京都新宿区新小川町6-29 アクロポリス東京9階
・交通アクセス: 飯田橋駅徒歩10分

セミナー マップ

講師
白川 淳一 講師写真

白川 淳一

株式会社ショッパーインサイト
合同会社はじまりビジネスパートナーズ 代表
略歴
2004年に、和日配メーカーの営業として従事し、新入社員の頃から大手GMSの担当となる。伝統的で新しいこ とを取り入れることを拒みがちな業界に対して、提案型営業を求めるGMSとのギャップを感じ、自学でPOS分 析を活用した提案スタイルを確立して数々の商品のヒットに貢献。2015年から株式会ショッパーンサイトで、 ID-POSの分析から提案や商品開発への応用手法を食品メーカーにコンサルティング。現在は合同会社はじまり ビジネスパートナーズ代表として、商品開発や営業支援をするのみならず、生産管理や財務会計のコンサルティ ングまで食品メーカーのワンストップコンサルティングを実践し、全国の食品事業者や地方自治体の支援を行っ ている。中小企業診断士・1級ブランドマネージャー認定。

カリキュラム、
プログラム
【セミナー概要】

1 オリエンテーション:リアル購買でのマーケティングの課題

・ ID-POS化の進展で顧客を軸とした綿密な購買実態の把握が可能に
・ KPIが明確に数値化され、仮説-検証サイクルが回しやすくなる
・ こんなにも遅れている「リアル購買マーケティング」 ~分析を商品軸から顧客軸へ


2 POSデータとID-POSデータの違い

・ 顧客属性が付くことでわかること
・ 売上5 原則が分かる:
 「気づいて」「また来て」「たくさん」「いいもの」フレームワーク
・ バスケット併買分析=クロスセルと、期間併買分析=アップセルで差がつく
・ 価格分析の基本4指標:「平均価格」「最多販売価格」「店日あたり点数」「価格弾力性分析」


3 データ環境の進化を活かした新しい共同取組の実現

・ 小売とメーカーが同じKGI/KPIを追う ~新しい相互役割分担と取り組みプラン
・ 上層部での「握り」と現場での展開を整合させることの重要性/難しさ


4 小売との共同取組ではタイムリーな進捗把握と対応が肝心!

・ P(プラン):仮説の立案、自社ブランドの貢献、売場の達成課題と自ブランドの役割
・ D(ドゥ):取り組み目標の達成に向けた役割の相互確認、棚割や販促計画への落とし込み
・ C(チェック):実行の数値検証、GAP対策仮説の立案、役割ごとの課題を再設定
・ A(アクション):実態の進捗に合わせた修正、役割ごとのアクション明確化


5 取組の実行をID-POSでトレースするフレームワーク(ワーク)

P: 課題を探せ(トレンド分析、期間ランキング)
  原因を探せ(併買分析、性年齢分析)
  「買われ方」の仮説を立て、製販が共通で追いかけられるKPI/KGIを設定する
D: 小売とメーカーの役割を相互認識~棚割、販促への反映
C: 計画と進捗の乖離をタイムリーに捉え、共有する
  課題を探せ(トレンド分析、期間ランキング、トライアルリピート分析)
  原因を探せ(併買分析、性年齢分析、ブランドスイッチ分析)
A: 現実の進捗を踏まえたKGI達成への軌道修正方針の「握り」とアクション


6 データに立脚した小売との共同取組の実践
特典 飲み物付き 飲み物付き 
コンセプト図 セミナー コンセプト

セミナー参加費
支払い方法
【受講までのフロー】

1)お申込み

2)受講証、会場地図、請求書(振込先記載)は郵送にてお送りいたします

3)受講料は原則、開催前日までにお振込みいただくか、当日お支払いください

※ご都合により開催後お振込みを希望される場合は、 マーケティング研究協会まで御連絡ください

4)当日は、受講証とお名刺を2枚ご持参の上、会場受付にお越しください





■ご注意

 参加の取り消しは、開催前日(土日祝を除く)の正午までに必ず、 お電話にて御連絡ください。

 それ以降の取り消しにつきましては、講義資料を送付の上、ご参加の代わりとさせていただきます。





■2012年11月26日より事務所が移転しました。



162-0814

東京都新宿区新小川町6-29 アクロポリス東京9階

Tel:03-5227-5711

Fax:03-5227-5712
お知らせ 本セミナーは企業内研修としても実施が可能です。
御社のニーズ、課題点をお聞きし、より実践的な研修にカスタマイズいたします。お気軽にお問合せください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。