ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  技術・研究  化学・高分子  (無機)ナノ粒子の機能発現メカニズム、精密合成・設計技術、サイズ(粒子径)・形態制御および応用のコツ・テクニック

開催日 2019/01/18 (金) 開催地 東京都

  • 飲み物
  • 食事

(無機)ナノ粒子の機能発現メカニズム、精密合成・設計技術、サイズ(粒子径)・形態制御および応用のコツ・テクニック

主催 サイエンス&テクノロジー株式会社 講師 蟹江 澄志 氏 受講料 48,600円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
~次世代機能性材料の基材の開発とその応用技術~
  無機ナノ粒子は、可視光での透明性や量子効果の発現など、機能材料に革新をもたらすキーマテリアルです。
 本セミナーではまず、ナノ粒子が示す様々な機能やその発現メカニズムにつき、最新の研究報告を例に取り具体的に説明します。ついで、如何にすれば無機ナノ粒子をサイズ・形態制御しつつ合成できるかを理解していただきます。さらに、得られる無機ナノ粒子表面の精密有機修飾法を習得していただきます。加えて、得られる表面有機修飾ナノ粒子の各種定量評価法や各種特性評価法などについて詳細に説明します。結果として、ナノ粒子を基材とした次世代機能材料を開発する上で必須となる様々なテクニックを習得していただくことを目的としております。さらには、ナノ粒子からなるナノ組織構造の解析法を理解していただくことも目的としております。

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

■無機ナノ粒子の精密合成・設計とその注意点■
■合成しながらのサイズ制御・形態制御■
■ナノ粒子の表面修飾と各種定量・特性評価と凝集・分散のコツ■

無機ナノ粒子の精密合成・表面有機修飾、次世代機能材料の基材としての活用技術
配列・自己組織構造制御、有機無機ハイブリッド、屈折率制御材料、高熱伝導性材料、磁気粘性流体、ナノバイオ材料・・・・・
機能材料に革新をもたらすキーマテリアルを扱う技術の総合知識

・ナノ粒子に由来した機能発現の根拠
・ナノ粒子を合成する上での注意点
・ナノ粒子の様々な視点からの具体的な評価法
・無機ナノ粒子表面の精密有機修飾法と修飾物の精密評価法
・ナノ粒子が拓く未来材料の可能性

セミナーの対象者はこんな方です

本テーマに興味のある方ならどなたでも受講可能です。
開催日時 2019/01/18 (金)     10:30~ 16:30     (受付  10:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/01/17
主催会社 サイエンス&テクノロジー株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 48,600円
開講場所 ・会場名: 東京・品川区大井町 きゅりあん 4F 研修室
・住所: 〒140-0011 東京都品川区東大井5-18-1 
・交通アクセス: 「大井町駅」(中央改札)より徒歩1分
講師
蟹江 澄志 氏 講師写真

蟹江 澄志 氏

東北大学 多元物質科学研究所 准教授 博士(工学) 

カリキュラム、
プログラム
1.ナノ粒子の性質
 1.1ナノ材料はなぜ注目されているか?
  1.1.1 ナノの領域における機能発現の根拠
  1.1.2 ナノ粒子の結晶面に由来した特徴的機能
  1.1.3 ナノ粒子の透明性
 1.2 ナノ粒子の合成法
  1.2.1 気相法によるナノ粒子合成
  1.2.2 液相法によるナノ粒子合成
  1.2.3 固相法によるナノ粒子合成
 1.3 サイズ(粒子径)・形態制御に適したナノ粒子合成法とは?~気相法では困難な理由~
 1.4 ナノ粒子のサイズ・形態制御のコツ
  1.4.1 如何にサイズを整えるか?
  1.4.2 如何に形を整えるか?
 1.5 水系によるサイズ・形態制御ナノ粒子の合成
  1.5.1 酸化鉄ナノ粒子の合成
  1.5.2 酸化チタンナノ粒子の合成
  1.5.3 ペロブスカイトナノ粒子の合成
 1.6 非水系におけるサイズ・形態制御ナノ粒子の合成
  1.6.1 ポリオール法の特長
  1.6.2 錯体熱分解法
 1.7 ナノ粒子合成における界面の精密制御

2.ナノ粒子の精密評価法
 2.1 TEM観察による構造評価
 2.2 IRによる表面修飾状態解析
 2.3 小角X線散乱法によるナノ粒子・有機無機ハイブリッド材料の構造解析
 2.4 ゼータ電位測定装置を用いたナノ粒子の表面状態解析から凝集・分散のコツまで
  2.4.1 ゼータ電位とは?
  2.4.2 ゼータ電位測定原理
  2.4.3 ゼータ電位測定法
  2.4.4 ゼータ電位測定行う意義
 2.5 電導度滴定によるナノ粒子表面の精密解析

3.ナノ粒子の配列・自己組織構造制御
 3.1 ナノ粒子への自己組織性の付与の将来性
 3.2 ナノ粒子への液晶性の付与
 3.3 有機無機ハイブリッドナノ粒子からなる自己組織構造とその構造制御技術
 3.4 ナノ粒子の自己組織構造評価法

4.無機ナノ粒子表面における有機分子の構造・修飾状態・修飾量の精密解析・評価手法
 ~有機無機ハイブリッドデンドリマーを例にして~
 4.1 NMRを用いた表面有機物の解析
 4.2 TG-DTAを用いた表面有機分子の定量
 4.3 STEMによるナノ粒子配列構造観察
 4.4 小角X線散乱測定による3次元組織構造評価:電子密度マップによる視覚化

5.ナノ粒子が拓く未来材料の将来性
 5.1 屈折率制御材料
  5.1.1 屈折率制御材料の特長
  5.1.2 屈折率制御材料とナノ粒子
 5.2 高熱伝導性材料
  5.2.1 高熱伝導性材料の特長
  5.2.2 高熱伝導性無機粒子
  5.2.3 高熱伝導性ハイブリッド材料
 5.3 磁性ナノ粒子:磁気粘性流体開発からナノバイオ材料まで
  5.3.1 磁性ナノ粒子の特長および合成法
  5.3.2 磁気粘性流体とは?
  5.3.3 磁気粘性流体のアプリケーション
  5.3.4 サイズ形態制御磁性ナノ粒子を用いた新たな磁気粘性流体の特長
  5.3.5 磁性ナノ粒子の磁気誘導加熱
  5.3.6 磁性ナノ粒子のナノバイオ材料への適用
 5.4 透明導電性薄膜向けナノ粒子を用いた低温焼成ナノインク開発
  5.4.1 透明導電性薄膜とは?
  5.4.2 ナノインク向け透明導電性ナノ粒子の合成法
  5.4.3 透明導電性ナノインクの調製
  5.4.4 透明導電性ナノインクの特性評価
 5.5 強誘電体ナノ粒子の合成と圧電セラミックスへの展開
  5.5.1 強誘電体とは?
  5.5.2 圧電セラミックスとは?
  5.5.3 圧電セラミックス向けナノ粒子の合成法
 5.6 ナノ粒子の有機無機ハイブリッド化によるメタマテリアルの開発
  5.6.1 メタマテリアルとは?
  5.6.2 トップダウンアプローチによるメタマテリアル調製とその特長
  5.6.3 ボトムアップアプローチによるメタマテリアル調製とその特長

6.大学における企業との共同研究の進め方

  □質疑応答□
特典 セミナー資料付き。

食事付 食事付 飲み物付き 飲み物付き 
セミナー参加費
支払い方法
○ お支払方法

(1)銀行振込、または(2)当日会場での現金払い

 ※原則として受講料のご入金は、開催日までにお願いいたします。

 ※原則として銀行振込の場合、領収証の発行はいたしません。

 ※銀行振込の場合、手数料はご負担ください。



○ キャンセルについて

お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定で承ります。

◇キャンセル規定◇

開催日から逆算(営業日:土日・祝祭日等を除く)いたしまして、

・開催7日前以
お知らせ ※各種割引特典がございます。

【2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の24,300円)】
  ※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  ※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
  ※他の割引は併用できません。


【アカデミー割引】
学生・教員および医療従事者は、1名につき10,800円/日
 (※他の割引との併用はできません。)

【お申込み時の注意】
 BC-Seminarからお申込みされますと、自動返信メールではシステム登録上、
定価が表示されますが、割引価格適用有無の確認のため、自動返信メールとは
別に必ずサイエンス&テクノロジーの事務担当から連絡を行います。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。