ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  技術・研究  化学・高分子  塗布・乾燥のレオロジー 分散液内部構の観点から粒子分散液の成膜プロセスを理解するためのレオロジー解析

開催日 2019/11/18 (月) 開催地 東京都

  • 飲み物
  • 食事

塗布・乾燥のレオロジー 分散液内部構の観点から粒子分散液の成膜プロセスを理解するためのレオロジー解析

主催 サイエンス&テクノロジー株式会社 講師 菰田 悦之 氏 受講料 49,500円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
 粒子分散液の塗布乾燥により様々な薄膜製品が作られ、薄膜内部における粒子の分散・凝集状態の制御が求められています。しかしながら、高密度充填化、成分偏析回避、クラック抑制など様々な要求を同時に達成することには多くの困難が伴います。これらを理解するためには、乾燥に処する粒子分散液の内部構造を理解し、乾燥中における塗布を適切な手法によりモニタリングすることによって内部構造がどのように変化するのか明らかに必要があります。

 本講座では、不透明な粒子分散液にも適応可能な粘度や粘弾性などのレオロジーの観点から溶液中で粒子がどのような構造を形成するのか、それが塗布膜として乾燥する過程にどのように影響するのかを概説します。そして、主に「粒子充填化」「表面構造形成」「乾燥応力」に着目して、粒子分散液の内部構造や乾燥条件が薄膜形成過程に与える影響に関して実例を示しながら紹介します。

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

溶液中で粒子がどのような構造を形成するのか?
溶液が塗布膜として乾燥する過程にどのように影響するのか?
本セミナーではレオロジーの観点から粒子分散液の成膜プロセスを解説する

・粒子分散液の粘度と粒子濃度や粒子凝集状態の関係
・フローカーブ(粘度のせん断速度依存性)の読み取り方
・粘度を指標とした分散状態の解析方法
・粒子分散液の弾性率に対する粒子や高分子が形成する構造の寄与
・様々な粘弾性測定モードに基づく粒子分散液の内部構造の解釈
・粒子分散液の乾燥中に生じる諸現象の理解
・粒子充填過程を評価・解析する手法
・塗布膜の表面状態変化を評価・解析する手法
・クラックの要因となる塗布膜に発生する応力を評価・解析する手法

セミナーの対象者はこんな方です

【注意】レオメーターの使用経験がない方は理解が難しい可能性がございます。そうでなければ、レオロジーの基礎的な 内容は、事前に書籍などで自習されてから聴講して頂くのがよいと思います.

・粒子分散液の粘度や粘弾性を測定した経験はあるが、その解釈にお困り方
・粒子分散液を乾燥させて、所望の構造を得たいが達成できなかった経験をお持ちの方
開催日時 2019/11/18 (月)     10:30~ 16:30     (受付  10:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/11/17
主催会社 サイエンス&テクノロジー株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 49,500円
開講場所 ・会場名: 東京・品川区大井町 きゅりあん 5階 第1講習室
・住所: 〒140-0011 東京都品川区東大井5-18-1 
・交通アクセス: 「大井町駅」(中央改札)より徒歩1分
講師
菰田 悦之 氏  講師写真

菰田 悦之 氏

神戸大学 大学院工学研究科 応用化学専攻 准教授 

カリキュラム、
プログラム
1.レオロジーを利用した粒子分散液の内部構造解析
 1.1 粒子分散液の内部構造と粘度
 1.2 凝集・分散と粘度変化
 1.3 粒子間距離の影響
 1.4 粒子が形成する内部構造と粘弾性
 1.5 チクソトロピーモデルによる凝集状態の定量評価

2.レオロジーを指標としたスラリー内部構造評価
 2.1 粒子分散液のスピンコートプロセス
 2.2 沈降性粒子分散液の粘度測定と凝集評価
 2.3 燃料電池電極スラリー分散過程のレオロジー解析
 2.4 リチウムイオン二次電池電極スラリー分散過程の粘弾性解析

3.粒子分散液塗布膜乾燥プロセスの評価手法
 3.1 塗布膜乾燥プロセスの概要
 3.2 粒子分散液乾燥プロセスにおける注意点
 3.3 塗布膜乾燥プロセス評価手法の紹介

4.レオロジーを活用した塗布膜乾燥プロセス解析
 4.1 膜厚変化を利用した乾燥過程の解析
 4.2 リチウムイオン二次電池電極スラリーの塗布膜乾燥過程
 4.3 表面散乱を利用した表面構造変化の解析
 4.4 ゲル化粒子分散液の粒子充填過程解析
 4.5 カンチレバー法を用いた乾燥中の応力変化測定
 4.6 応力変化に対する粒子凝集性の影響

□ 質疑応答 □
特典 セミナー資料付き。

食事付 食事付 飲み物付き 飲み物付き 
セミナー参加費
支払い方法
○ お支払方法

(1)銀行振込、または(2)当日会場での現金払い

 ※原則として受講料のご入金は、開催日までにお願いいたします。

 ※原則として銀行振込の場合、領収証の発行はいたしません。

 ※銀行振込の場合、手数料はご負担ください。



○ キャンセルについて

お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご出席も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定で承ります。

◇キャンセル規定◇

開催日から逆算(営業日:土日・祝祭日等を除く)いたしまして、

・開催7日前以
お知らせ
※各種割引特典がございます。

【2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の24,750円)】
  ※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  ※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
  ※他の割引は併用できません。


【アカデミー割引】
学生・教員および医療従事者は、1名につき10,800円/日
 (※他の割引との併用はできません。)

【お申込み時の注意】
 BC-Seminarからお申込みされますと、自動返信メールではシステム登録上、
定価が表示されますが、割引価格適用有無の確認のため、自動返信メールとは
別に必ずサイエンス&テクノロジーの事務担当から連絡を行います。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。