ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  技術・研究  化学・高分子  午前中で終わる90分速習セミナー 『インフォマティクスを実践するには何が必要か?』

開催日 2020/08/06 (木) 開催地 東京都

■このセミナーは【Live(リアルタイム)配信】での受講が可能です。■

午前中で終わる90分速習セミナー 『インフォマティクスを実践するには何が必要か?』

主催 サイエンス&テクノロジー株式会社 講師 船津 公人 氏 受講料 27,500円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
このセミナーは【会場での受講】の他に、【Live配信】でのご受講が可能です。
※Live配信セミナーは、自宅やオフィスからWebにて受講いただけます。またテキストは事前に送付いたします。

★ プロセスインフォマティクスを構成するにあたって必要となるデータ解析の姿とは!?
★ 忙しいけれど学習したい。サクッと学びたい。オンライン受講は短時間がいい。短時間ならオンラインがいい。
  そんなご要望にお応えいたします。午前中で終わる90分で学べるセミナー:オンラインでも会場でも受講OK!

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

 高分子材料の物性はプロセス条件によって変化する。この意味で高分子設計を行う際に、プロセス情報を取り込んだモデルを構築し、それを逆解析することが重要となってくる。これは「何を作るか」を考える際に「どう作るか」を考えることにつながる。さらに「どう作るか」の先には、品質管理を念頭に置いた生産がある。この生産時の品質管理までつなぐことで材料設計とプロセス管理が完結する。これをプロセスインフォマティックスとして提唱している。プロセスインフォマティクスを構成するにあたって必要となるデータ解析の姿を紹介する。

<得られる知識、技術>
化学データの見方、解析の実際、様々な機械学習法の特徴

セミナーの対象者はこんな方です

【Live配信対応セミナー】
 ※お申し込み画面では、【会場受講】または【Live配信】のいずれかをご選択いただけます。
 ※【Live配信】の申込み受付の締切日も、会場受講のセミナー開催日までですが、事前にテキストを郵送
  しますので、お早めにお申し込みください。間に合わない場合は後日着となります。

【Live配信セミナー】をご選択の場合、以下の流れ・受講内容となります。
 ※会場で受講の場合、このサービスは付与されませんのでご注意ください。
 ・当日のセミナーを、リアルタイムでお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
 ・開催当日、S&T会員マイページ(無料)にログインいただき、ご視聴ください。
 ・セミナー資料は事前に印刷・郵送いたしますので、なるべくお早めにお申込みください。
 ・開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
開催日時 2020/08/06 (木)     10:30~ 12:10     (受付  10:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/08/05
主催会社 サイエンス&テクノロジー株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 27,500円
開講場所 ・会場名: 東京・大田区平和島 東京流通センター 2F 第4会議室
・住所: 〒143-0006 東京都大田区平和島6-1-1 
・交通アクセス: 「流通センター駅」すぐ
講師
船津 公人 氏 講師写真

船津 公人 氏

東京大学 大学院工学系研究科 化学システム工学専攻 教授 

カリキュラム、
プログラム
1.はじめに
 1.1 データ解析の基礎
 1.2 扱うデータの特性を把握する
  (1)主成分分析
  (2)回帰分析の基礎

2.ケモインフォマティクスとは
 2.1 データのモデル化法について
 2.2 モデルの逆解析について

3.分子設計の事例紹介
 3.1 医薬品分子設計
  (1)化学空間の可視化による構造探索
  (2)タンパクと化合物の相互作用空間の可視化と構造探索

4.ポリマーアロイを題材とした有機材料の設計
 4.1 輝度向上性フィルムの成分組成とプロセス条件の最適化
 4.2 PPを主体として輸液用パックの開発
 4.3 共重合ポリマーの設計
   ・構造の記述子化について

5.触媒設計についての事例紹介

6.ケモインフォマティクスを進めるにあたっての環境、データフォーマット、ツールについて

7.少ない実験データから出発して少ない実験回数で目的物性を実現させるには

8.ソフトセンサー
 8.1 化学プラントの監視のためのソフトセンサー
  (1)ソフトセンサーの構築法
  (2)ソフトセンサーの劣化
  (3)適応型ソフトセンサーの開発
 8.2 ソフトセンサーを用いた制御

9.プロセス・インフォマティクス
  ・材料設計・プロセス設計・品質管理と制御の連動

  □質疑応答・名刺交換□
  (※ 会場受講者・・・質疑応答&名刺交換が可能です。講師メールに質問可能です。)
  (※ Live受講者・・・チャット機能で質疑応答が可能です。講師メールに質問可能です。)
特典 ※資料付 (※Live受講の方には開催1週間前頃に発送予定ですのでお早めにお申し込みください。)

お知らせ ※各種割引特典がございます。

【2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の13,750円)】
  ※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  ※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
  ※他の割引は併用できません。


【アカデミー割引】
学生・教員および医療従事者は、1名につき11,000円/日
 (※他の割引との併用はできません。)

【お申込み時の注意】
 BC-Seminarからお申込みされますと、自動返信メールではシステム登録上、
定価が表示されますが、割引価格適用有無の確認のため、自動返信メールとは
別に必ずサイエンス&テクノロジーの事務担当から連絡を行います。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。