ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  技術・研究  化学・高分子  【Live配信(リアルタイム配信)】高分子材料における残留応力のメカニズムと 測定手法、残留応力低減化

開催日 2021/05/20 (木) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

【出席者特典:アーカイブ付(5日間視聴OK)】

【Live配信(リアルタイム配信)】高分子材料における残留応力のメカニズムと 測定手法、残留応力低減化

主催 サイエンス&テクノロジー株式会社 講師 西野 孝 氏 受講料 49,500円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
“セミナーの出席者に限り”、特典としてアーカイブ(5日間視聴可能)も付いていますので、
繰り返しの視聴学習が可能です。
(※原則編集は行いません。3営業日以内を目途にZoomのURLまたは当社サイトのマイページからご視聴いただけます。)
本セミナーは、Zoomによる【Live配信受講:アーカイブ付】のみです。

■故障をもたらず残留応力の発生メカニズムとは? どのように測定し低減させるか?■
■残留応力をどのように積極利用するか? トピックス、具体例も解説します。■

★ 高分子材料の内部応力発生メカニズムとその測定、低減化・利用方法を徹底解説!
アーカイブで復習もできる!

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

 高分子材料が異種材料と接して、そこに接着が生まれる場合、変形が束縛されることで界面に応力が残留する。この界面の残留応力は、接着破壊、半導体素子の故障をもたらすことから、製品の信頼性向上を妨げる大きな要因となっている。また界面が存在しなくとも高分子材料には熱履歴に応じて内部に応力が残留することがある。
 本講演では、これら高分子材料における残留応力、内部応力の諸問題について、何故というメカニズムから始まって、いかに測定するか。いかに低減させるか、どうやって積極的に利用するかまでを具体的な事例を挙げながら平易に解説する。

<得られる知識・技術>
接着不良、成形物の変形など残留応力、内部応力でお困りの方に、何の予備知識がなくとも理解し、測定してもらえるように平易にお話しします。

セミナーの対象者はこんな方です

【ZoomによるLive配信】
 ・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 ・お申込み受理のご連絡メールに接続テスト用のURLが記されております。
  「Zoom」のインストールができるか、接続できるか等をご確認下さい。
 ・後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
 ・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
 ・リアルタイムで講師へのご質問も可能です。
  ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
開催日時 2021/05/20 (木)     13:00~ 16:30     (受付  12:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間 2021/04/12  ~ 2021/05/19
主催会社 サイエンス&テクノロジー株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 49,500円
開講場所 ・会場名:  Live配信セミナー 
・住所:  ※会社・自宅にいながら受講可能です※ 
・交通アクセス: 
講師
西野 孝 氏 講師写真

西野 孝 氏

神戸大学 大学院工学研究科 応用化学専攻 教授

カリキュラム、
プログラム
1.はじめに ~残留応力とは~

2.残留応力のメカニズム
 2.1 高分子の合成時に何が生じるか?
 2.2 高分子の成形時に何が生じるか?
 2.3 高分子の収縮と界面による束縛
 2.4 ガラス転移点、熱膨張係数、弾性率

3.残留応力の測定法
 3.1 測定原理 ひずみ測定
 3.2 バイメタル法の実例
 3.3 X線回折法の実例
 3.4 その他の手法

4.エポキシ樹脂系における残留応力
 4.1 エポキシ樹脂の硬化と収縮
 4.2 残留応力の測定実例

5.残留応力低減の試み
 5.1 粒子充てんの実例
 5.2 高分子変性の実例

6.ポリイミド樹脂系における残留応力
 6.1 ポリイミドの硬化とそのプロセス
 6.2 ポリイミド樹脂における残留応力と低減化の実例

7.高分子材料の内部応力
 7.1 原因
 7.2 実例紹介
 7.3 低減化の実例

8.残留応力の利用
 8.1 利用の考え方
 8.2 トピックス、具体例の紹介

9.残留応力に打ち克つ接着性の付与
 9.1 高分子表面
 9.2 接着メカニズム
 9.3 接着法の実例紹介
 9.4 最近の接着トピックス

10.おわりに

  □質疑応答□


配布資料
PDFデータ(印刷可/編集は不可)
※PDFデータは、セミナー開催日の2日前を目安にマイページからダウンロード可能になります。
特典 テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:
受講料( 定価:44,000円/E-Mail案内登録価格 41,800円 )
44,000円 ( E-Mail案内登録価格 41,800円 ) 
 定価:本体40,000円+税4,000円
 E-Mail案内登録価格:本体38,000円+税3,800円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。

セミナー参加費
支払い方法
 ○ お支払方法

  オンラインセミナーは銀行振込みのみです。

  会場受講できるセミナーは当日現金でも承ります。



 ○ キャンセルについて

  お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご受講も可能です。

  やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定にて承ります。

  その他、申込み要領は下記をご参照ください。

  https://www.science-t.com/seminarentryguide/
お知らせ ※各種割引特典がございます。

【2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の24,750円)】
  ※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  ※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
  ※他の割引は併用できません。

【アカデミー割引】
学生・教員および医療従事者は、1名につき11,000円/日
 (※他の割引との併用はできません。)

【お申込み時の注意】
BC-seminarからお申込みされますと、自動返信メールではシステム登録上、
定価が表示されます。会員割引を希望される場合は、弊社からのEメール案内
(またはDM)が必須となりますので、通信欄に「〇〇(案内方法)の案内希望」、特に希望しない場合は「案内希望なし」とご入力ください。
追って、お申込み完了メールをお送り致しますので、こちらの到着をもって
正式に手続き完了となります。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。