ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  技術・研究  エレクトロニクス  EV/PHVのPCU(パワーコントロールユニット)の基礎と 自動車用パワーエレクトロニクス技術動向

開催日 2022/12/06 (火) 開催地 東京都

PCU、インバータ、DCDCコンバータ…etc

EV/PHVのPCU(パワーコントロールユニット)の基礎と 自動車用パワーエレクトロニクス技術動向

主催 サイエンス&テクノロジー株式会社 講師 森本 雅之 氏 受講料 44,000円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
自動車用パワーエレクトロニクスの基礎から技術動向まで幅広く解説

受講可能な形式:【会場受講】のみ

自動車用パワーエレクトロニクスの基礎と技術動向を3時間半で速習!
電気自動車において電力変換を担い、電費に直接影響を与えるPCU(パワーコントロールユニット)。その役割、構成、小型化・高出力化に向けた技術動向やPCUを構成するインバータ、コンバータ等の自動車用パワーエレクトロニクスの基礎と技術動向を解説する。

【配布資料】
セミナー当日に会場にて配布

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

・PCUについての知識
・自動車用パワーエレクトロニクスの特異性
・インバータ、モータの概要
・DCDCコンバータの概要
・冷却技術
・48Vの動向

セミナーの対象者はこんな方です

自動車関連企業や電機メーカの若手技術者
  特典
開催日時 2022/12/06 (火)     13:00~ 16:30     (受付  12:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2022/12/05
主催会社 サイエンス&テクノロジー株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 44,000円
開講場所 ・会場名: 東京・千代田区駿河台 連合会館 2階 205会議室
・住所: 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11 連合会館
・交通アクセス: 東京メトロ 千代田線「新御茶ノ水駅」(B3出口)より0分
講師
森本 雅之 氏 講師写真

森本 雅之 氏

モリモトラボ 代表

【プロフィール】
 28年間、三菱重工業(株)にてパワーエレクトロニクス、モータの研究開発を行う。2005年から2018年まで東海大学教授として 研究及び教育を行う。自動車用パワーエレクトロニクス、誘導モータ、リラクタンストルク応用モータなどの各種モータの設計、制御、及びパワーエレクトロニクスの産業応用などに取り組む。工学博士,電気学会フェロー。電気学会論文誌編修長、技術士試験委員、電気主任技術者試験委員などを歴任。現在、モリモトラボにて社会人教育に取り組んでいる。著書は「入門インバータ工学」(森北出版)、「電気自動車」(森北出版)、「交流のしくみ」(講談社ブルーバックス)など多数あり。

カリキュラム、
プログラム
 世界各国が将来的にエンジン車を販売禁止するとアナウンスしており、中国はすでに規制を開始している等、世界的に電動車のみを利用するという方向に進んでいる。それに伴い、電動車の研究開発がますます活性化している。パワーコントロールユニット(PCU)はインバータやDCDCコンバータ等で構成されるパワーエレクトロニクス機器であり、電力変換やモータ制御を行う。PCUの機能、性能は燃費,電費に直接影響するので、電動車における最も重要なキーコンポーネントである。

 そうした状況を踏まえて、本セミナーでは、PCUの役割、構成、小型化・高出力化等に向けた技術動向やPCUの主要な技術であるインバータをはじめとする自動車用パワーエレクトロニクスの概要、技術動向を紹介する。電気自動車やハイブリッド車に関連した研究開発に携わる技術者にとって一つの指針となるようなセミナーにすることを目標にしている。

【セミナー講演内容】
1.EV・HEVの概要
 1.1 EV・HEVの構成と分類
 1.2 EV・HEVのパワートレーン

2.PCUとは
 2.1 ECUとPCU
 2.2 PCUの機能
 2.3 自動車用パワーエレクトロニクス

3.自動車用インバータの技術
 3.1 スイッチングによる電力変換
 3.2 インダクタンスとキャパシタンスの働き
 3.3 パワエレの基本回路
 3.4 インバータの原理
 3.5 インバータの制御

4.DCDCコンバータとOBCの技術
 4.1 DCDCコンバータとは
 4.2 自動車におけるDCDCコンバータの重要性
 4.3 双方向コンバータ
 4.4 昇圧コンバータ
 4.5 インターリーブ
 4.6 OBC(車載充電器)の技術
 4.7 その他の補機のパワエレ

5.PCUの冷却
 5.1 パワーデバイスの損失
 5.2 放熱設計
 5.3 PCUの冷却技術

6.各社のPCUの概要
 6.1トヨタ車のPCU
 6.2 ホンダ車のPCU
 6.3 日産車のPCU

7.今後の動向と展望
 7.1 48Vシステム
 7.2 高電圧化
 7.3 パワーデバイス

□ 質疑応答 □
セミナー参加費
支払い方法
 ○ お支払方法

オンラインセミナーは銀行振込みのみです。

会場受講の場合に限り、会場で現金またはクレジットカードでのお支払いが可能です。

会場でクレジットカード支払いの場合は、通信欄に「会場でカード支払い」をご入力ください。



 ○ キャンセルについて

お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご受講も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定にて承ります。

その他、申込み要領は下記をご参照ください。

https://www.science-t.com/seminarentryguide/
お知らせ ※各種割引がございます。併用はできません。

受講料(税込)
44,000円 ( E-Mail案内登録価格 41,800円 )

【2名同時申込みで実質1名分無料(1名あたり“定価の半額”22,000円)】
 ※2名ともS&TのE-mail案内登録が必須で、同一法人内に限ります。
 ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。

【アカデミー割引】
※学生・教員および医療従事者は、1名につき11,000円/日

■■■お申込み時の注意(割引適用)■■■
各割引適用には、弊社のE-mail案内が必須となりますので、通信欄に「E-mail案内希望:する/しない」をご入力ください。
また受講は、S&T会員登録(主催会社のWeb会員)が必須ですので弊社で登録いたします。

追って、“サイエンス&テクノロジーからのお申込みメール”を
お送り致しますので、こちらの到着をもって正式に手続き完了となります。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。