ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  技術・研究  エレクトロニクス  メタバースを支える AR/VR/MRデバイスの市場と要素技術動向

開催日 2022/12/06 (火) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

~各種xR機器の開発動向、ディスプレイ・光学系/部材の整理と技術トレンド~

メタバースを支える AR/VR/MRデバイスの市場と要素技術動向

主催 サイエンス&テクノロジー株式会社 講師 北原 洋明 氏  他 受講料 35,200円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
~進展するアプリケーション開発と今後の市場の方向性~

◎ディスプレイ分野でホットなテーマとなっているXR機器の開発の方向性、トレンド
◎ディスプレイ光源、光学系・部材の技術動向についてさまざまな情報を提供します
◎今後の民生用途への広がりも期待されるスマートグラスの市場規模予測まで

◇◆◇◆本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。◇◆◇◆
申込み受理の連絡メールに、視聴用URLに関する連絡事項を記載しております。
※セミナー視聴ページは、マイページからお願いいたします。
(S&T会員登録(主催会社のWeb会員)が必須ですので弊社で登録いたします。)

【配布資料】
PDFデータ(印刷可)
マイページよりダウンロードいただきます(開催2日前を目安にDL可となります)。

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

第1部 「AR/VR/MRデバイスの企業・製品動向と光学エンジン・光学系等の要素技術」
AR/VR/MR機器の全体像と構成要素の具体的な中身に関する知識、および課題や進化の方向性を知ることができる。

第2部 「広がるAR・スマートグラスの応用展開と市場規模予測」
ARスマートグラスの市場動向、マーケティング、将来市場規模予測

セミナーの対象者はこんな方です

第1部 「AR/VR/MRデバイスの企業・製品動向と光学エンジン・光学系等の要素技術」
AR/VR/MR機器の材料や技術に関わる方々、特に材料メーカの企画や開発部門の方々、
その他XR機器の技術動向にご関心をお持ちの方々など。
  特典
開催日時 2022/12/06 (火)     13:00~ 16:30     (受付  12:50 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2022/12/05
主催会社 サイエンス&テクノロジー株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 35,200円 (Live配信/WEBセミナー受講限定)
開講場所 ・会場名: 本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
・住所:  ※会社・自宅にいながら受講可能です※ 
・交通アクセス: 
講師
北原 洋明 氏 講師写真

北原 洋明 氏

テック・アンド・ビズ(株) 代表取締役

第1部 「AR/VR/MRデバイスの企業・製品動向と光学エンジン・光学系等の要素技術」(13:00~15:10)

沖本 真也 氏 講師写真

沖本 真也 氏

沖為工作室(同) CEO

第2部 「広がるAR・スマートグラスの応用展開と市場規模予測」(15:20~16:30)

カリキュラム、
プログラム
第1部
「AR/VR/MRデバイスの企業・製品動向と光学エンジン・光学系等の要素技術」

【講演趣旨】
 XRで総称されるAR/VR/MR機器は、リアルとバーチャルの世界をつなぎ、メタバースの進化を支える重要なツールである。
本講座ではXR機器に関する世界各地のイベントでのホットな状況とそこから見える方向性をベースにして、AR/VR/MR機器の重要な構成要素であるディスプレイデバイスと光学系のそれぞれの特徴・性能・メーカなどについて解説する。更に、AR/VR/MRの世界に没入する際に問題となる表示の課題とその対策などを整理しながら、今後の技術の方向性や市場を見通していく。
 
【プログラム】
 1.XR最新動向:メタバースで盛り上がる世界のイベント
  ・世界各地の展示会・国際会議などでのホットな状況
  ・イベントで発信される開発の方向性
 2.AR, VR, MRセットの特徴、用途、代表企業
  ・代表的なAR/VR/MR機器とメーカ
  ・リアルとバーチャルの世界を融合させるそれぞれの手法
 3.コアとなるディスプレイデバイスの特徴, 性能
  ・LCD、OLED、LCOS、DLP、Micro OLED、Micro LED、等
 4.リアルな映像を映し出すカギを握る光学系
  ・VR光学系、AR光学系の原理と構成
  ・使用される部材、開発・製造に関わるメーカ
 5.表示性能と課題
  ・解像度などの基本性能、動画ボケ、VR酔い、など
 6.まとめ:今後の方向、市場予測、など

 □ 質疑応答 □

<得られる知識>
・AR/VR/MR機器の全体像と構成要素の具体的な中身に関する知識、および課題や進化の方向性を知ることができる。

<受講をおすすめする方>
・AR/VR/MR機器の材料や技術に関わる方々、特に材料メーカの企画や開発部門の方々、その他XR機器の技術動向に
 ご関心をお持ちの方々など。


第2部 「広がるAR・スマートグラスの応用展開と市場規模予測」

【講演趣旨】
 ARグラス・スマートグラス市場は従来、光学システムとしては自由曲面および Birdbath が主流になっていましたが、FOV を大きくするためにはレンズを厚くせざるを得ないため、製品が重たくなってしまう傾向があり、民生品向けに大きく展開できるとろこまでには至っていないのが現状です。
 一方、ウェーブガイド技術は米国や日本、イスラエル企業が先行して開発していましたが、中国企業もキャッチアップしてきており、技術的にはまだ成熟していないものの、(ウェーブガイドが)これからのトレンドになると考えられます。さらに現在、VRデバイスがカメラを通してARを実現するパススルー型がVR市場でトレンドになりつつあるとともに、今後これらの市場がAR・スマートグラス市場と重なり合ってくることが考えられます。
 このセミナーでは、グローバルAR・スマートグラス市場動向はもちろんのこと、メタバース、デジタルトランスフォーメーション、マーケティング5.0等の幅広い視点から解説いたします。

【プログラム】
 1.AR・スマートグラスグローバル市場概観
   1.1 市場背景
   1.2 メタバースとAR
   1.3 アライアンストレンド
   1.4 コスト
 2.技術トレンド
   2.1 光学システム(非ウェーブガイド、ウェーブガイド)
   2.2 ディスプレイ光源(LCOS、マイクロOLED、マイクロLED等)
   2.3 Video Passthrough AR
 3.アプリケーション
   3.1 アプリケーションシナリオ
   3.2 AR・スマートグラスとマーケティング5.0
   3.3 表示性能と課題
 4.市場規模予測
 5.まとめ

 □ 質疑応答 □

<得られる知識>
・ARスマートグラスの市場動向、マーケティング、将来市場規模予測
セミナー参加費
支払い方法
 ○ お支払方法

オンラインセミナーは銀行振込みのみです。

会場受講の場合に限り、会場で現金またはクレジットカードでのお支払いが可能です。

会場でクレジットカード支払いの場合は、通信欄に「会場でカード支払い」をご入力ください。



 ○ キャンセルについて

お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご受講も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定にて承ります。

その他、申込み要領は下記をご参照ください。

https://www.science-t.com/seminarentryguide/
お知らせ ※各種割引がございます。併用はできません。

【テレワーク応援キャンペーン】
 受講料 35,200円(税込)(S&TのE-mail案内登録の場合:33,440円(税込))
 ※1名でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。

【2名同時申込みで1名分無料】
 1名あたり定価”44,000円の半額”22,000円(税込)
 ※2名ともS&TのE-mail案内登録が必須で、同一法人内に限ります。
 ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。

【アカデミー割引】
※学生・教員および医療従事者は、1名につき11,000円/日

■■■お申込み時の注意(割引適用)■■■
各割引適用には、弊社のE-mail案内が必須となりますので、通信欄に
「E-mail案内希望:する/しない」をご入力ください。
また受講は、S&T会員登録(主催会社のWeb会員)が必須ですので弊社で登録いたします。

弊社より“お申込みメール”をお送り致しますので、こちらの到着をもって正式に手続き完了となります。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。