ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  技術・研究  機械・シミュレーション・計測  次世代デバイスに使用される軟磁性材料への要求特性と 高周波磁気特性計測法および応用技術

開催日 2023/06/21 (水) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

~5Gデバイス/次世代省エネ型磁気デバイスへの軟磁性微粒子・薄帯材料応用~

次世代デバイスに使用される軟磁性材料への要求特性と 高周波磁気特性計測法および応用技術

主催 サイエンス&テクノロジー株式会社 講師 遠藤 恭 氏 受講料 39,600円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
磁化過程や各周波数帯域で磁気特性を把握するためには、どのような計測法を利用するべきなのか。
GHz以上の周波数領域での磁気特性計測法や、高周波磁気特性計測法の最新状況に、
磁性微粒子や薄膜のEMCや電波吸収などデバイス応用なども解説
デバイス設計者だけではなく、デバイス材料となる軟磁性材料の開発者にもおすすめの一講です。

◇◆ZoomによるLive配信 アーカイブ(見逃し)配信付き◇◆
【アーカイブの視聴期間】2023年6月22日(木)~2023年6月28日(水)の7日間
※セミナー視聴ページは、S&Tマイページからお願いいたします。
(S&T会員登録(主催会社のWeb会員(無料))が必須ですので弊社で登録いたします。)

【配布資料】
PDFデータ(印刷可/編集不可)
※セミナー開催日の2日前を目安にS&Tマイページからダウンロード可能になります。

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

軟磁性材料における高周波磁気特性の基礎知識、磁気特性計測法、軟磁性微粒子・薄帯材料のデバイス応用例

セミナーの対象者はこんな方です

微粒子・薄帯型軟磁性材料の開発やそれらを使ったデバイス応用に携わっている方
開催日時 2023/06/21 (水)     10:30~ 16:30     (受付  10:20 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2023/06/20
主催会社 サイエンス&テクノロジー株式会社
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 39,600円 (主催会社からのE-Mail定期配信をご希望頂くと更に割引となります)
開講場所 ・会場名: 【ZoomによるLive配信セミナー】アーカイブ(見逃し)配信付き
・住所:  ※会社・自宅にいながら受講可能です※ 
・交通アクセス: 
講師
遠藤 恭 氏 講師写真

遠藤 恭 氏

東北大学 大学院工学研究科 電気エネルギーシステム専攻 東北大学 高等研究機構・先端スピントロニクス研究開発センター 教授

【専門】
高周波磁気計測と高周波軟磁性材料の開発 
【主な活動】
日本金属学会ソフト磁性研究会幹事、電気学会マグネティックス研究会
ナノスケールソフト磁性体の創製とデバイス応用調査専門員会委員長、
Society5.0に資する高周波マイクロ磁気デバイスの研究および実用化動向調査委員等

カリキュラム、
プログラム
【セミナー趣旨】
 省エネ・小型パワエレ用磁気デバイスや5G用ノイズ抑制体などへの応用に向けて軟磁性微粒子や軟磁性薄帯材料の研究開発が行われている。これらの軟磁性材料開発では,その基本特性となる高周波磁気特性を理解することが重要である。同時に,その特性を理解する上でどのような計測法を利用すればよいか把握しておくことも必須である。本講演では、軟磁性材料の高周波磁気特性とその計測法を紐づけしながら、微粒子や薄帯の特性やそれらのデバイス応用について習得する。

【セミナー講演内容】
1.はじめに
 ・移動通信システムの変化
 ・高速・大容量化・超低遅延による利点
 ・ポスト5Gと次世代高周波磁気機能性デバイス

2.軟磁性材料の種類
 ・軟磁性材料のデバイス応用例・用途分類
 ・軟磁性材料の種類(合金系,酸化物系,アモルファス系)

3.軟磁性材料の高周波磁気特性と計測法
 3.1 磁化過程とその計測法
  ・振動試料型磁力計 / SQUID磁束計 / ピックアップコイル型磁化測定 /
   磁気異方性と計測法 / 磁気ひずみと計測法 / 磁区観察法 / 磁気力顕微鏡
 3.2 低・中周波数帯域での磁気特性とその計測法
  ・高周波損失(磁壁移動による損失,高周波損失解析法など)
  ・kHz~MHz領域における磁気計測法
 3.3 GHzを超える高周波帯域での磁気特性とその計測法
  ・磁化回転による損失(透磁率の周波数特性,LLG方程式など)
  ・GHz以上の周波数領域での磁気特性計測法
 3.4 高周波磁気特性計測法の最新状況

4.軟磁性材料とそのデバイス応用例
 4.1 軟磁性微粒子とそのデバイス応用例
 4.2 軟磁性薄帯材料とそのデバイス応用例
 4.3 最近の開発動向

5.総括

  □質疑応答□

キーワード:高周波磁気特性、磁気計測法、軟磁性微粒子・薄帯
特典 アーカイブ(見逃し)配信付き
【アーカイブの視聴期間】2023年6月22日(木)~2023年6月28日(水)の7日間
※アーカイブは原則として編集は行いません
※視聴準備が整い次第、担当から視聴開始のメールご連絡をいたします。
 (開催終了後にマイページでご案内するZoomの録画視聴用リンクからご視聴いただきます)

セミナー参加費
支払い方法
 ○ お支払方法

オンラインセミナーは銀行振込みのみです。

会場受講の場合に限り、会場で現金またはクレジットカードでのお支払いが可能です。

会場でクレジットカード支払いの場合は、通信欄に「会場でカード支払い」をご入力ください。



 ○ キャンセルについて

お申込み後、ご都合が悪くなった場合は代理の方のご受講も可能です。

やむなくキャンセルされる場合は、下記のキャンセル規定にて承ります。

その他、申込み要領は下記をご参照ください。

https://www.science-t.com/sem
お知らせ ※通信欄にS&Tからの「E-mail案内希望:する/しない」をご入力下さい

【テレワーク応援キャンペーン】
 受講料(税込):39,600円/E-Mail案内登録価格:37,620円
 ※1名でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。

【2名同時申込みで1名分無料】
 1名あたり定価”49,500円の半額”24,750円(税込)
 ※2名ともS&TのE-mail案内登録が必須で、同一法人内に限ります。
 ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で受講できます。

【アカデミー割引】
※学生・教員および医療従事者は、1名につき11,000円

■■■お申込み時の注意点■■■
通信欄に以下をご入力下さい。

①「E-mail案内希望:する/しない」
 ※割引適用にはE-mail案内登録が必須となります※

②2名様以上でお申し込みの場合
 ・氏名
 ・部署
 ・メールアドレス
 ・「E-mail案内希望:する/しない」
 ※割引適用にはE-mail案内登録が必須となります※

お申込みと同時に、セミナーの視聴、テキスト配布等のため
S&T(主催会社のWeb)会員登録をさせていただきます。
(E-mail案内登録とは異なります)
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。