ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  技術・研究  技術・研究(その他)  相溶性の基礎とポリマーブレンド、コンポジットへの応用

開催日 2019/11/19 (火) 開催地 東京都

相溶性の基礎とポリマーブレンド、コンポジットへの応用

主催 株式会社R&D支援センター 講師 徳満 勝久 受講料 49,500円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
Utracki の試算によれば、「新規高分子材料の開発研究」には開発費用として1500万ドルが必要であり,パイロットプラントまで含めると1億5000万ドルもの費用が必要と推察されている。一方、機能性賦与に既知ポリマー利用を利用する“ポリマーブレンド”技術を用いた場合、その開発費は200万〜300万ドルと試算されており、費用対効果が高い材料開発が可能と推察されている。そのため、今まで数多くのブレンド材料が研究され、開発されてきたが、これからは従来の機能に「+1(プラスワン)」した新たなポリマーブレンド材料が望まれている。
 本セミナーは、従来のポリマーブレンドに関する基礎的内容から相容化剤を用いた成形加工技術への応用に至る幅広い技術体系を俯瞰し、今後の新たなポリマーブレンド、さらにはコンポジット材料創成に向けた知見の習得を目指すものである。
  特典
 お知らせ
開催日時 2019/11/19 (火)     12:30~ 16:30     (受付  12:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間 2019/09/26  ~ 2019/11/17
主催会社 株式会社R&D支援センター
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 49,500円 (一般)
開講場所 ・会場名: 商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 第2研修室
・住所: 〒136-0071 東京都江東区亀戸2-19-1 
・交通アクセス: JR総武線亀戸駅北口改札下車徒歩2分
講師
徳満 勝久 講師写真

徳満 勝久  (トクミツ カツヒサ)

滋賀県立大学 工学部 材料科学科 教授

カリキュラム、
プログラム
1.ポリマーブレンド・アロイにおける構造制御メカニズム
 1-1. ポリマーブレンド・アロイの相分離構造の特徴
 1-2. “混ざる,混ざらない”は何が決めているのか?
 1-3. 非相溶系の分散メカニズム−モルフォロジーの制御と界面張力の制御−

2.RP法によるPP/PA/相容化剤ブレンド材料の物性改質効果
 2-1. RPにおけるブレンド原料投入時期の違いによるPP/PA系材料の力学特性
 2-2. PP-g-MAH相容化剤におけるPP分子量とマレイン酸変成量の影響について

3.ポリオレフィン/EVOH系ブレンド材料のモルフォロジーとガスバリア性に関する研究
3-1. EVOHの特徴
3-2. PP/EVOH/無水マレイン酸系添加剤ブレンド材料の力学物性とガスバリア性
3-3. PE/EVOH/無水マレイン酸系添加剤ブレンド材料の力学物性とガスバリア性

4.セルロースナノファイバーの表面処理とPLA系コンポジット材料の物性改質効果
 4-1. セルロースナノファイバーの表面処理によるPLAの物性改質効果
 4-2. 複合則による熱膨張係数とCNF分離状態の考察
 4-3. カルド/非カルドの違いによるPLA物性改質効果への影響
セミナー参加費
支払い方法
銀行振込か会場にて現金でお支払いください。



銀行振込みの場合、原則的に領収書は発行いたしません。

領収書をご希望の場合は、当日会場で受講料をお支払いください。



クレジットカードはご利用いただけません。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。