ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  技術・研究  化学・高分子  高分子延伸による分子配向・結晶化制御技術

開催日 2020/02/28 (金) 開催地 東京都

  • 食事

高分子延伸による分子配向・結晶化制御技術

主催 株式会社R&D支援センター 講師 大越 豊 氏 受講料 55,000円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
フィルムや繊維の延伸による分子配向挙動と配向結晶化に関して、
物理的な視点と化学的な視点の両者から解説し、
延伸による物性制御の原理について習得してもらうことを目指す!


高分子のフィルムや繊維を延伸することによって、
分子が配向すると共に、配向結晶化と呼ばれる特徴的な結晶化が起こり、
「繊維構造」と呼ばれる特異な構造が形成される。
この構造により、強くてしなやかな性質が発現すると共に、
光学的性質、熱物性なども大きく変化する。

この講習では、フィルムや繊維の延伸による分子配向挙動と配向結晶化に関して、
巨視的な(物理的な)視点と微視的な(化学的な)視点の両者から解説し、
延伸による物性制御の原理について習得してもらうことを目指す。
開催日時 2020/02/28 (金)     10:30~ 16:30    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/02/27
主催会社 株式会社R&D支援センター
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 55,000円
開講場所 ・会場名: 江東区産業会館 第1会議室
・住所: 〒135-0016 東京都江東区東陽4-5-18 
・交通アクセス: 東京メトロ東西線「東陽町駅」 4番出口右隣り
講師
大越 豊 氏 講師写真

大越 豊 氏

信州大学 繊維学系 教授 工学博士

カリキュラム、
プログラム
1.高分子の延伸工程
  1.1 延伸装置と延伸条件
  1.2 延伸工程で加わる力と変形
  1.3 延伸工程で加わる熱
  1.4 延伸の基礎方程式
  1.5 延伸形態
   1.5.1 超延伸・ネック延伸・流動延伸
   1.5.2 温延伸と冷延伸

2.延伸による構造制御
  2.1 分子配向の3要素
   2.1.1 配向形態
   2.1.2 配向度
   2.1.3 配向要素
  2.2 延伸による分子配向
  2.3 配向結晶化

3.延伸による物性制御
  3.1 屈折率と複屈折制御
   3.1.1 屈折率楕円体と光学異方性
   3.1.2 複屈折の起源
    3.1.2.1 誘起複屈折
    3.1.2.2 配向複屈折
    3.1.2.3 形態複屈折
   3.1.3 Lorentz-Lorenzの式と固有複屈折
  3.2 力学物性制御
   3.2.1 極限構造と力学物性
   3.2.2 延伸物の構造と力学物性
    3.2.2.1 分子配向とヤング率
    3.2.2.2 強度と伸度
特典 食事付 食事付 
セミナー参加費
支払い方法
銀行振込か会場にて現金でお支払いください。



銀行振込みの場合、原則的に領収書は発行いたしません。

領収書をご希望の場合は、当日会場で受講料をお支払いください。



クレジットカードはご利用いただけません。
お知らせ 昼食、資料付
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。