ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  技術・研究  化学・高分子  技術者/研究者のための技術の発想法と実現方法【LIVE配信】

開催日 2021/06/25 (金) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

~マンダラート、マインドマップ、ロジカルシンキングも解説~

技術者/研究者のための技術の発想法と実現方法【LIVE配信】

主催 株式会社R&D支援センター 講師 小波 盛佳 氏 受講料 55,000円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
※本セミナーはZOOMを使ったLIVE配信セミナーです。会場での参加はございません。


専門技術の多くのテーマに携わってきた技術者が、自ら発想し仕事に活かしてきた経験を基に、発想とそれを実用化まで進めるための方法を示す。まず、マンダラートやマインドマップといった多くの先人の発想法を概説し、ロジカルシンキングにも言及する。さらに独自の新しい方法を加えて提示する。
開発・技術にとって実用的な泥臭い方法で多くのヒントを元にする発想法では、実例を多く挙げる。実習では、アイデアを絞り出す感覚をつかんでいただく。その発想から実現可能なものに絞り込んでとりまとめ、実現へと進む流れを示す。
「テンポよく明快な(受講生評)」語り口で、発想法とその実現力を一生の宝として身に着けていただく。テキストは、分かりやすい文章の読み物で、引き続き復習と実習、そして実際の発想に役立つ考え方を勉強できる。
  特典
開催日時 2021/06/25 (金)     10:00~ 16:30    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2021/06/24
主催会社 株式会社R&D支援センター
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 15名
受講料 55,000円
開講場所 ・会場名: ※本セミナーはZOOMを使ったLIVE配信セミナーです。
・住所: ※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます 
・交通アクセス: 会場での参加はございません。
講師
小波 盛佳 氏 講師写真

小波 盛佳 氏

フルード工業(株) 執行役員 技術開発室長 鹿児島大学非常勤講師

横浜国立大学大学院(化学工学専攻)修了後、日曹エンジニアリング(株)で粉体物性解析、機器の開発、粉体プラントのプロセス設計・プロジェクト、制御システム開発・設計や、半導体関連の設備・装置の開発・設計に従事。その後、新規事業開発リーダー、技術開発研究所長として大学・企業と提携し装置等の開発に携わる。現在は、機械・設備の解析、コンサルタントを行う一方、大学の工学専門授業、技術者向けの粉体技術セミナー、技術文書セミナー、技術発想セミナー、技術士受験講座などで講義する。専門の著作170点超、講演220件超。鹿児島大学等非常勤講師、「粉体技術」誌編集委員36年間。鹿児島大学客員教授、横浜国立大学・千葉大学・滋賀県立大学非常勤講師を歴任。日本創造学会会員。技術士(機械部門)、工学博士。

カリキュラム、
プログラム
プログラム

第1章 発想から実現へ

1. 発想が必要な技術活動

2. 新しいアイデアを生む守破離の流れ

3. 課題発見・解決と発想

4. 発想から実現への流れ

5. 創造性と訓練


第2章 発想の方法

1. 発想の基本

2. アナロジー

3. 発想法のいろいろ

4. ヤング法「アイデアの作り方」

5. マンダラート

6. マインドマップ®

7. シーズとニーズからの発想

8. 定義文・解説文からの「逐一反問法」


第3章 発想の誘い方

1. TRIZの発明原理

2. オズボーンのチェックリスト

3. 小波の追加リスト

4. 単位連想法

5. 接続語連想法

6. ことわざ連想法

7. 動詞連想法

8. オノマトペ感覚法


第4章 発想のための基礎固め

1. 発想の基になる力

2. 発想するための姿勢

3. アイデアを出す環境づくり

4. 情報の収集と知識の獲得


第5章 アイデア創出の実行

1. 発想の下準備

2. キーワードの抜き出し

3. コストの考慮

4. アイデアの出しあい方

5. 思いつきへの対応

6. 発想の範囲を広げる工夫


第6章 アイデアのまとめ方

1. 推論の型

2. 推論の進め方

3. ロジカルシンキング

4. KJ法Ⓡで整理する

5. 概念を図示する

6. 関係を解析する

7. 文章にまとめる

8. アイデアを評価する


第7章 実務における対応

1. アイデアを実施に移す

2. アイデアから知的財産へ

3. トラブル防止のための対応

4. 新しい技術を追求すること

5. 人とともに仕事をする意識

6. 技術者の心の持ち方

7. 発想のための勉強法


第8章 発想に役立つ考え方

1. ものごとを進める方法

2. 汎用的な技術の概念

3. 参考になる技術の例


付録資料
1 マンダラート例 100歳まで充実して生きるために
2 TRIZの発明原理 40項目
3 オズボーンのチェックリスト
4 小波の追加リスト
5 「単位連想法」に利用するSI単位の次元と記号
6 「ことわざ連想法」に利用することわざ
7 「動詞連想法」に利用する動詞
8 ブレインライティング・シート
9 採用された開発テーマの公的資金申請書(要約)例
10 意外に役立つこぼれ話
セミナー参加費
支払い方法
銀行振込か会場にて現金でお支払いください。



銀行振込みの場合、原則的に領収書は発行いたしません。

領収書をご希望の場合は、当日会場で受講料をお支払いください。



クレジットカードはご利用いただけません。
お知らせ 資料付

・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。


1)Zoomを使用されたことがない方は、
ミーティング用Zoomクライアントをダウンロードしてください。
ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
2)セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。
3)開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。
当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLより
WEB配信セミナーにご参加ください。

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。