ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  技術・研究  機械・シミュレーション・計測  感性・生体計測技術を踏まえた製品開発への応用【東京開催】

開催日 2022/10/05 (水) 他1回/計2回 開催地 東京都

感性・生体計測技術を踏まえた製品開発への応用【東京開催】

主催 株式会社R&D支援センター 講師 吉田 宏昭 氏  他 受講料 66,000円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
感性工学の概要や感性計測・評価、脳波を用いた生理心理学的アプローチを2名の講師が紹介します!


本講座は2日間開催の講座です。
 1日目(第1部):10月5日(水)13:00~17:00
 2日目(第2部):10月17日(月)13:00~15:30


このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

習得できる知識

<第1部>
・感性工学に対する理解が深まる
・演習や実演デモを通して、感性を計測・評価する手法について知ることができる
・感性工学に基づいた研究事例を通して、感性価値の高い製品を創る指針を得ることができる

<第2部>
・脳波記録などが心理評価にどの程度の信頼性をもつのか、捉え方が分かる

セミナーの対象者はこんな方です

生理指標を用いて心理過程や心理状態を評価し、商品やサービスに役立てたい方。
  特典
開催日時 2022/10/05 (水)     13:00~ 17:00    
2022/10/17 (月)     13:00~ 15:30    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2022/10/04
主催会社 株式会社R&D支援センター
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 20名
受講料 66,000円
開講場所 ・会場名: 江東区産業会館 第2会議室
・住所: 〒135-0016 東京都江東区東陽4-5-18 江東区産業会館
・交通アクセス: ・東京メトロ東西線「東陽町駅」 4番出口右隣り
講師
吉田 宏昭 氏 講師写真

吉田 宏昭 氏

<第1部>(10/5(水) 13:00~17:00)
信州大学 繊維学部 先進繊維・感性工学科 感性工学コース 教授 博士(工学)

京都大学再生医科学研究所研究機関研究員(講師)、Johns Hopkins Universityポスドク、産業技術総合研究所デジタルヒューマン研究センター研究員、信州大学繊維学部先進繊維・感性工学科准教授などを経て、2019年同教授。博士(工学)。

松本 健 氏 講師写真

松本 健 氏

<第2部>(10/17(月)13:00~15:30)
駒澤大学 文学部 心理学科 教授 博士(学術)

【ご専門】
心理生理学

カリキュラム、
プログラム
プログラム

<第1部> 感性に訴える製品開発~感性工学の基礎から感性計測・評価や製品開発事例~
(10/5(水) 13:00~17:00)

【趣旨】
就業中に座る椅子、毎日履いている革靴。この椅子は座りやすい、この靴は履きやすい、など様々なことを感じておられると思います。この感性は、製品とのやりとりによって生じますが、主観的で曖昧です。

そこで、この感性に対して工学的手法でアプローチし、客観的に評価するのが感性工学です。心電図などを用いた生理計測、アンケートを用いた心理計測、さらにはコンピュータシミュレーションなどを行い、これら数量的データと製品の特性との関係を検討して、心地良さなどを向上させる設計パラメータを探り出す感性工学的アプローチを活用すれば、消費者の心の琴線に触れるような製品を創ることも可能となります。

本講義の前半は、感性工学の概要や感性計測・評価についてお話し、実演デモや演習なども用意しています。後半は、歩く・座る・寝るといった日常的な基本動作に関する研究事例とこれまで手がけてきた製品開発事例について紹介します。


【プログラム】

1. 感性工学の概要
   1-1. 感性とは?
   1-2. 感性工学とは?

2. 感性を計測・評価するには?
   2-1. 心理計測について
   2-2. 生理計測について

3. 感性計測・評価の実演デモと演習
   3-1. 寝心地と座り心地に関するアンケート評価
   3-2. 唾液アミラーゼ活性を用いたストレス推定

4. 感性計測・評価に関する研究事例紹介
   4-1. 寝心地の計測・評価と製品開発事例
   4-2. 座り心地の計測・評価と製品開発事例
   4-3. 歩行動作の計測・評価と製品開発事例

(質疑応答)


<第2部> 脳波計測による感性・感情の評価と製品開発への活用
(10/17(月)13:00~15:30)

【趣旨】
感性や感情は心理事象であり、心理変数を生理的指標から評価しようとする分野のことを 心理生理学と言い、脳波との対応関係も古くから研究されています。実際のところ、脳波を用いた評価にはまだ分かることに制限がありますが、実験心理学的な手法を組み合わせることで評価の範囲が広がります。

本講義では、感情等の心理状態に対する脳波を用いた生理心理学的アプローチについて紹介します。


【プログラム】

1. はじめに
   1-1. 生理心理学
   1-2. 感性や感情の心理学
   1-3. 計測のフレームワーク

2. 脳活動と脳波
   2-1. 脳波の記録と分析
   2-2. 自発脳波
   2-3. 事象関連電位

3. 脳波を用いた感性・感情評価の実際
   3-1. 生理計測実験の前提
   3-2. 脳波で分かる事と適用限界
   3-3. 計測のための実験計画とデータの解釈 

(質疑応答)
セミナー参加費
支払い方法
銀行振込か会場にて現金でお支払いください。



銀行振込みの場合、原則的に領収書は発行いたしません。

領収書をご希望の場合は、当日会場で受講料をお支払いください。



クレジットカードはご利用いただけません。
お知らせ 資料付

・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、
66,000円(1名当たり 33,000円)(税込)です。


・キャンセルについて
原則としてキャンセルはお受けいたしかねます。
ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。

代理の方が見つけられない場合、セミナー開催日より、
営業日で8日前までに限りキャンセルを承ります。
8日を過ぎますと欠席扱いとし、受講料の全額をお支払いいただきます。
ご欠席の場合は後日、セミナーで使用したテキストをお送りいたします。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。