ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  経営  M&A  クロスボーダーM&AとPMI戦略の新展開

開催日 2020/03/12 (木) 開催地 東京都

~ 成功の秘訣から、近時話題のテクノロジー企業の買収ノウハウまで ~

クロスボーダーM&AとPMI戦略の新展開

主催 株式会社 金融財務研究会 講師 森 幹晴 受講料 35,900円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
 M&Aを戦略的に繰り返し実行している企業は、買収対象を精査し、交渉し、統合(PMI)を果たすまでのテクニックを磨き上げています。当事務所では、欧米、アジアを中心に年間数十件のM&Aを担当しており、現場から抽出したM&A成功のノウハウをご提供します。また最近ではデジタル技術の獲得を目指すテクノロジー企業の買収が増えています。デジタル企業のM&Aでは、従来のM&Aとは異なる知見やノウハウが必要となります。  

 本セミナーでは、経営企画部、事業部、法務部、財務部など、企業でM&Aを担当する方々を対象に、海外M&AとPMI戦略の成功のポイントから、テクノロジー企業の買収のノウハウまで、事例を基に丁寧に解説します。
開催日時 2020/03/12 (木)     14:00~ 17:00     (受付  13:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/03/06
主催会社 株式会社 金融財務研究会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
共催会社
(協力会社)
株式会社 金融財務研究会
定員 30名
受講料 35,900円
開講場所 ・会場名: 茅場町・グリンヒルビル金融財務研究会本社 セミナールーム
・住所: 〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町1-10-8 グリンヒルビル
・交通アクセス: 地下鉄東西線・日比谷線 茅場町駅6番出口より徒歩1分             (開場は開演の30分前です。)

セミナー マップ

講師
森 幹晴 講師写真

森 幹晴  (モリ ミキハル)

日比谷中田法律事務所
弁護士・ニューヨーク州弁護士

【講師紹介】
2002年 東京大学法学部卒業。
2004年 弁護士登録。
長島・大野・常松法律事務所。
2011年 コロンビア大学法学修士課程修了。
2012年 ニューヨーク州弁護士登録。
2011-2012年 Shearman & Sterling(ニューヨーク)。
2016年 日比谷中田法律事務所。
日本企業による海外M&A、クロスボーダーM&Aを得意とする。

カリキュラム、
プログラム
1.セミナーのポイント

   ○ 海外M&Aの成功の秘訣は?

   ○ 目的の明確化、推進体制、デューデリジェンス、価格交渉と契約交渉、
      PMI戦略

   ○ デジタル時代のテクノロジー企業の買収に求められるノウハウ


2.DDと契約交渉 - 買収リスクを把握し、契約交渉でリスクをヘッジ

  【事例1】買収後に工場の品質管理問題・虚偽データによる医薬品申請問題が
   発覚したケース(インド)

   ○ なぜ品質管理問題は見過ごされたのか?
      DDでも虚偽データまでは見抜けない

   ○ 買収形態の検討 ? 問題部分のカーブアウト

   ○ 契約書によるリスクの最小化(表明保証、特別補償条項、前提条件など)

   ○ 案件中止の判断をするとき

  【事例2】買収後に巨額の不正会計問題(簿外債務)が発覚したケース
  (ドイツ・中国)

   ○ 新興国リスク・不正リスク

   ○ 欧米企業のグループ会社の買収ならリスクは低いか?

   ○ 共同買収、二段階買収によりリスクヘッジ

   ○ 「クロージング後DD」の活用法


3.M&Aでのお金の払い方 - 価格交渉と経営者報酬の払い方

   ○ 企業価値と株主価値(株式買収価格)

   ○ 価格交渉とインセンティブの付け方(リテンションボーナス?
      業績連動ボーナス?)

   ○ バリュエーションと価格交渉(デッドライクアイテム)

   ○ Closing account方式 vs. Locked box方式

   ○ 成長企業買収時の価格交渉のテクニック(アーン・アウト)

  【事例3】非財務指標型アーン・アウトの好例(イギリス)


4.表明保証保険の活用法

  【事例4】ファンドの売却案件で、売り手が虚偽の利益情報を提供したケース
  (ニュージーランド)

   ○ 表明保証保険を検討すべき案件とは?

   ○ 表明保証保険でカバーされるリスク(財務諸表、租税、法令違反等)

   ○ 保険料の水準は?DDでの発見事項はカバーされない?


5.PMI戦略 - 買収後のガバナンスとリテンション

   ○ M&Aは人財の獲得(HRDDと経営者リテンション)

   ○ 人材を引き留めるリテンション契約の交渉

   ○ 経営者のコントロール(最初の仕組み作りが重要)


6.デジタル社会とテクノロジー企業の買収のノウハウ

  【事例5】テクノロジー企業の買収(米国)

   ○ テクノロジー企業の事業計画・価値をどう評価するか?リスクヘッジ策は?

   ○ 情報セキュリティリスク(顧客データ漏洩とGDPR違反)

   ○ 人材の流出リスク(マネジメントのリテンションとエンジニアのリテンション、
      お金か文化か?)

   ○ 知財リスク(退職エンジニアが開発した技術の帰属は?)
特典 資料配布 資料配布 
コンセプト図 セミナー コンセプト

持ち物 受講証、名刺、筆記用具
セミナー参加費
支払い方法
参加費は1名につき35,900円(消費税含)、1社2名以上同時参加お申込の場合、

お2人目から1名につき30,000円となります。

複数名お申し込みの場合は、2人目以降からは『通信欄』にお名前、部署等をご記入

ください。

お申込をいただいた方には、折り返し、受講証と請求書を郵送致します。



下記の普通預金口座に開催日前日までにお振込み下さい。

(但し経理の都合等で間に合わない場合は、ご連絡いただければお待ちいたします。)



普通預金 口座名 (株)金融財務研究会

三菱UFJ銀行 本店 1642356

三井住友銀行 本店営業部 7397637

みずほ銀行 東京営業部 1427715



参加費の払戻しは致しませんので申し込まれた方がご都合の悪い時は代理の方が

ご出席下さい。



又当日ご参加になれなかった場合、当社および経営調査研究会主催の他のセミナーに

無料でご出席いただけます。(但し新しいセミナーの参加費との差額が2,000円以上の

時は差額をお支払いいただきます。また、振替は1年以内にお願いいたします。)
お知らせ 金融財務研究会のホームページからもお申込いただけます。 kinyu.co.jp

お申込をいただいた方には、折り返し、受講証と請求書を郵送致します。

ご記入いただきました個人情報は、当社および関係会社の受講者名簿の整備や
今後開催されるセミナーのご案内等に使用します。

※録音・ビデオ撮影はご遠慮下さい。

☆ Twitter、Facebook、Blog も更新中! ☆
 ☆ keichoken で検索してみてください ☆
資料ダウンロード
開催前資料1(PDF) ご案内状・お申込み書  
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。