ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  経営  新規事業開発  【オンライン】R&D担当者のための事業開発手法

開催日 2021/05/21 (金) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

【オンライン】R&D担当者のための事業開発手法

主催 一般社団法人 企業研究会 講師 西村 健一 氏 受講料 46,200円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
本セミナーはWEB会議システム(ZOOM)を利用して開催いたします。 
ご自宅やオフィスなどからご受講可能でございます。

セミナーの対象者はこんな方です

研究開発部門、新規事業部門、企画部門など関連部門のご担当者
  特典
開催日時 2021/05/21 (金)     10:00~ 17:00     (受付  09:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2021/05/20
主催会社 一般社団法人 企業研究会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 25名
受講料 46,200円
開講場所 ・会場名: zoom配信
・住所:   
・交通アクセス: 
講師
西村 健一 氏 講師写真

西村 健一 氏

エヌ・コンサルタンツ 代表取締役

カリキュラム、
プログラム
0.イントロダクション-我が国のR&D部門の現状と課題-
(1)イントロダクション
  -我が国においてR&D部門は優位性を発揮できているか
  -R&D活動に関する経営上の課題とは
  -知的財産の状況2.ターゲット市場の捉え方

1.環境分析による事業開発分野の検討
(1)外部環境分析から有望分野を策定する
  -マクロ環境の変化:PEST分析    
  -ミクロ環境の変化:5Forces分析   
  -競争環境分析:3C分析、バリューチェーン分析
(2)内部環境分析から進出可能分野を検討する
  -事業ポートフォリオ分析:PPM、ビジネススクリーン
  -競争要因分析:CVCC(カスタマー、バリュー、コア・コンピタンス)

2.事業コンセプト立案① -ターゲット選定と製品開発コンセプト立案
(1)ターゲット市場選定
  -STP(セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニング)   
  -ターゲット市場調査の基本手法
(2)新製品コンセプト立案
  -製品開発の類型とそのポイント     
  -R&D担当者による顧客価値創造の意義
  -差別化戦略のポイント         
  -顧客ニーズの探索と技術シーズの関係
  -新製品開発の成功要因

3.事業コンセプト立案② -ビジネスモデルとビジネスシステム
(1)ビジネスモデル構築          
  -ビジネスモデルとは何か
  -主要ビジネスモデルに対する理解   
  -ビジネスモデルの設計とCVCCの具現化
(2)ビジネスシステム構築
  -バリューチェーンの検討とコア・コンピタンス
  -経営機能への分化とKPIの設定
  -ロードマップへの展開

4.マーケティング戦略検討
(1)商品価値とは何か
  -機能的ベネフィットと意味的ベネフィット   
  -意味的ベネフィットの創出ポイント
(2)ターゲットへのアプローチ
  -チャネル戦略の検討   
  -プロモーション戦略の検討

5.事業リスク要因の抽出と対応
(1)外部環境前提の変化リスク把握(PEST、5Forces)
  -マクロ環境前提の確認と対応策検討
  -ミクロ環境前提の確認と対応策検討
(2)事業構築ステップ上のリスク把握(STAR法)
  -参入障壁と技術的優位性による収益可能期間の検討
  -市場性(需要、成長可能性、継続性)の検討
  -事業化コストの確認と収益性の検討
  -内部環境に基づく事業化可能性の検討
セミナー参加費
支払い方法
着信確認のご連絡後、受講票と合わせて「請求書」をお送り致しますので、お振り込みください。
お知らせ 受講料(1名様につき)
一般のお客様 46,200円 (本体 42,000円)
企業研究会会員 41,800円 (本体 38,000円)


※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

※講師とご同業の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。