ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  バックオフィス(総務・法務・人事・経理)  法務/契約書  【会場】非法務部門(営業、調達、購買部門)のための取引契約の基本と実務トラブル防止策

開催日 2022/01/17 (月) 開催地 東京都

~普段、法律実務に携わっていない方向けに丁寧に解説致します~

【会場】非法務部門(営業、調達、購買部門)のための取引契約の基本と実務トラブル防止策

主催 一般社団法人 企業研究会 講師 千葉 博 氏 受講料 38,500円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
安定的な購買・コストダウン等にかかる業務の責任が重いことは言うまでもありませんが、その一方で、トラブル発生のリスクと法令遵守の要請は高まるばかりです。

契約書の必須となる条項の不備、法律知識の欠如、不十分な債権管理等により、不測の事態に陥りかねません。

本セミナーでは、購買等の業務に不可欠の法律、契約の知識・チェックポイントから、おさえておきたいリスク・トラブル事例およびその対応・解決策に至るまで、わかりやすく解説します。

セミナーの対象者はこんな方です

・営業部門、調達部門、購買部門など関連部門のご担当者様
・本テーマにご関心のある方
  特典
開催日時 2022/01/17 (月)     13:00~ 17:00     (受付  12:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2022/01/14
主催会社 一般社団法人 企業研究会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 25名
受講料 38,500円
開講場所 ・会場名: 企業研究会セミナールーム(東京:御徒町)
・住所: 〒110-0015 東京都企業研究会セミナールーム(東京:御徒町) 
・交通アクセス: 

セミナー マップ

講師
千葉 博 氏 講師写真

千葉 博 氏

千葉総合法律事務所 弁護士

カリキュラム、
プログラム
1.購買・調達業務に伴うリスク
(1)起こりうるトラブルはこんなにある
  ① トラブルが発生した場合の影響
  ② 法的リスク
  ③ 社会的リスク
(2)合意内容で注意すべきポイント
(3)履行に至るまでどのように管理すべきか

2. 購買・調達業務に必要となる契約の基礎知識
(1)契約の基礎知識と重要ポイント
(2)ここをチェック!契約書作成時の注意点
  ① 契約書作成の目的
  ② 記載すべき事項は
(3)取引基本契約でおさえておくべき知識
  ① なぜ、取引基本契約が必要なのか
  ② 取引基本契約書のチェックポイント

3. 独占禁止法、下請法、製造物責任法、不正競争防止法の正しい知識
(1)「独占禁止法」で知っておくべき知識
(2)「下請法」で知っておくべき知識
  ① 下請法の適用対象
  ② どのような取引に適用されるのか
  ③ 親事業者の義務と禁止事項とは
(3)「PL法(製造物責任法)」で知っておくべき知識
  ① 対象となる「物」「欠陥」とは
  ② 責任を負うのは誰か
(4)「不正競争防止法」で知っておくべき知識
  ① 保護される対象、規制される行為とは
  ② 購買・調達業務における留意点
  ③ 平成27年改正法への対応上の注意点
  ④ 平成30年改正法の概要

4.事例に学ぶ 購買・調達業務のトラブルと対応策
(1)取引開始にあたっての注意点、取引継続中での注意点
(2)危ない兆候がみられたときの対応策
(3)事例からの学び こんな時どうする?
  ① 納期が守られなかった
  ② 納入品に欠陥が
  ③ 契約における秘密保持をめぐるトラブル
(4)コンプライアンス体制の確立   
セミナー参加費
支払い方法
着信確認のご連絡後、受講票と合わせて「請求書」をお送り致しますので、お振り込みください。
お知らせ 受講料(1名様につき)
一般のお客様 38,500円 (本体 35,000円)
企業研究会会員 35,200円 (本体 32,000円)

※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
  お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

※講師とご同業の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。