ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  バックオフィス(総務・法務・人事・経理)  法務/契約書  【オンライン】《実務担当者が押さえておきたい》ビジネス契約書の基礎とポイント

開催日 2022/10/13 (木) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

~契約書の基本と実務上のポイントを平易に解説いたします~

【オンライン】《実務担当者が押さえておきたい》ビジネス契約書の基礎とポイント

主催 一般社団法人 企業研究会 講師 髙山 梢 氏 受講料 29,700円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
本セミナーはWEB会議システム(ZOOM)を利用して開催いたします。
ご自宅やオフィスなどからご受講可能でございます。


契約の交渉や契約書の締結は、ビジネスを進める上で避けて通れない一大場面です。
契約書が不十分であるためにトラブルになることもあれば、契約書できちんと定めていたことでトラブルを予防できる場合もあります。しかし、契約締結や合意に至ることに気を取られ、その内容を十分理解しないまま、契約書を取り交わしてしまっていることも多いのではないでしょうか。

本セミナーでは、基本から契約書を理解し、実際に契約書をチェックする場合のポイントを解説します。

セミナーの対象者はこんな方です

法務部門、知的財産部門、総務部門、調達部門、購買部門、営業部門など関連部門のご担当者
  特典
開催日時 2022/10/13 (木)     14:00~ 16:00     (受付  13:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2022/10/12
主催会社 一般社団法人 企業研究会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 25名
受講料 29,700円
開講場所 ・会場名: ZOOM配信(会場での受講はございません)
・住所:   
・交通アクセス: 
講師
髙山 梢 氏 講師写真

髙山 梢 氏

真和総合法律事務所 パートナー弁護士

カリキュラム、
プログラム
1 ビジネス契約書の基礎知識 ~今さら聞けない基本
(1)契約書は何故必要なのか
  ・「契約」の成立と「契約書」の意義
  ・「契約」と「契約書」のイメージ
(2)基本構造 
  ・表題、印紙、前文(当事者及び目的)
  ・権利義務等を定める条項
  ・後文(作成通数)、作成日、署名・記名、押印の種類
(3)理解しておきたい基礎知識
契約自由の原則、典型契約と非典型契約、任意規定と強行規定、基本契約と個別契約、署名押印の効力、契約締結上の過失、電子署名・電子証明書 等

2 契約の主な条項 
  ① 当事者
  ② 目的
  ③ 契約期間
  ④ 権利義務の内容(支払、引渡、検収、品質保証等)
  ⑤ 期限の利益喪失条項
  ⑥ 危険負担
  ⑦ 契約不適合                
  ⑧ 暴力団排除条項
  ⑨ 解除
  ⑩ 損害賠償
  ⑪ 不可抗力条項
  ⑫ 秘密保持条項
  ⑬ 契約終了時の取り扱い
  ⑭ 裁判管轄
  ⑮ 準拠法
  ⑯ 誠実義務
  ⑰ その他

3 よくみるビジネス契約とポイント
(1)売買契約
(2)請負契約
(3)業務委託契約
(4)その他

4 最後に
  ・民法改正と契約書
  ・契約トラブルへの対処 等
お知らせ 受講料(1名様につき)
一般のお客様 29,700円 (本体 27,000円)
企業研究会会員 27,500円 (本体 25,000円)

※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
  お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

※講師とご同業の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。