ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  リスクマネジメント  内部統制  【オンライン】監査役・内部監査人のための会計監査の基礎知識

開催日 2022/10/26 (水) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

【オンライン】監査役・内部監査人のための会計監査の基礎知識

主催 一般社団法人 企業研究会 講師 山岡 信一郎 氏 受講料 38,500円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
本セミナーはWEB会議システム(ZOOM)を利用して開催いたします。
ご自宅やオフィスなどからご受講可能でございます。


監査役や内部監査人にとって、会計監査の理解は必須事項です。実際に会計監査を実施しなければならないこともありますが、「経理経験もないのに、どのように監査を行ったらよいかまったくわからない。」という声がよく聞かれます。

会計監査である以上、会計や内部統制の知識は当然必要ですが、複雑な会計基準や簿記の知識が今はなくても、実効性のある会計監査を行うことは可能です。

本セミナーでは、会計監査を行う上でどのような視点が必要か、また具体的に何を行えばよいのか、等の基礎について学んでいただきます。

セミナーの対象者はこんな方です

監査役、内部監査部門のご所属の方で会計監査について基礎から学びたい方
  特典
開催日時 2022/10/26 (水)     13:00~ 17:00     (受付  12:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2022/10/25
主催会社 一般社団法人 企業研究会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 25名
受講料 38,500円
開講場所 ・会場名: ZOOM配信(会場での受講はございません)
・住所:   
・交通アクセス: 
講師
山岡 信一郎 氏 講師写真

山岡 信一郎 氏

㈱ヴェリタス・アカウンティング 代表取締役社長・公認会計士

カリキュラム、
プログラム
1.会計監査とは何か
(1)三様監査
(2)会計監査とは
(3)会計監査の目的
 ①決算書とは何か?
 ②適正とはどういうことか?
 ③何をすればよいのか?
  ・リスク・アプローチ
  ・期中監査と期末監査
  ・アサーションの検証
  ・監査手続
(4)監査意見

2.決算書の構造と会計監査
(1)ストック概念とフロー概念
(2)財務諸表の固め方(検証のやり方)
(3)貸借対照表の見方
(4)損益計算書の見方
(5)基本的な分析手法
 ①前期比較
 ②予算実績比較
 ③月次推移比較
 ④勘定科目・数値そのものから見抜く

3.監査現場をイメージした監査手続例
(1)リスク・アプローチの実践
 【ケーススタディ】
  ・リスク・アプローチによる監査手続きの決定
(2)リスクの識別
(3)虚偽表示リスクと内部統制の運用評価手続
 【ケーススタディ】
  ・財務諸表の読み方
  ・現金預金の残高監査
  ・売掛金の残高監査
  ・棚卸資産の残高監査
  ・有形・無形固定資産の残高監査
  ・買掛金の残高監査
  ・総合問題
お知らせ 受講料(1名様につき)
一般のお客様 38,500円 (本体 35,000円)
企業研究会会員 35,200円 (本体 32,000円)

※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
  お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

※講師とご同業の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。