ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  リスクマネジメント  ハラスメント(パワー/モラル/セクシャルなど)  【オンライン】人事担当者必見!自社研修の改善とパワハラ対策の戦略を解説する人事担当者向けパワハラ対策セミナー

開催日 2024/01/11 (木) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

【オンライン】人事担当者必見!自社研修の改善とパワハラ対策の戦略を解説する人事担当者向けパワハラ対策セミナー

主催 一般社団法人 企業研究会 講師 湯澤 悟 氏 受講料 38,500円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
※WEB会議システム(ZOOM)


【開催にあたって】 《湯澤講師より》

皆様の会社や部署で、これまでの知識重視型のパワハラ研修の“常識”が通用しなくなってきている気がしませんか?

意図せず時代が急速に変わっている今は、意識重視型のパワハラ研修への転換が重要かと思います。

そこで本セミナーでは、世の中のパワハラの根本的問題に切り込み、無自覚の行為者に自覚をもたらすアプローチを詳解しつつ、かつ、厳しい指導のポイントと法的責任の明確化を通じ、変容を促す新たな方法論を提供いたします。

更に、パワハラ対策研修での具体的な伝達方法を解説し、受講者にインパクトのあるメッセージを伝える方法を明示することによって、今すぐ使える「パワハラ対策」の実践方法と変革の戦略をご紹介します。併せて、これからの成功に向けた管理職の鍵となるスキルを分析していくことにより、戦略的リーダーシップとは何かの解説も進めて参ります。

組織文化の変革と持続可能な職場環境の実現を目指し、人事担当者の使命としての役割を探求する方々にお勧めのセミナーとなっております。奮ってのご参加をお待ちしております。

セミナーの対象者はこんな方です

人事部門、労務部門、総務部門、コンプライアンス部門、監査部門、経営管理部門、法務部門など関連部門のご担当者様
  特典
開催日時 2024/01/11 (木)     13:30~ 16:30     (受付  13:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2024/01/10
主催会社 一般社団法人 企業研究会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 25名
受講料 38,500円
開講場所 ・会場名: ZOOM配信(会場での受講はございません)
・住所:   
・交通アクセス: 
講師
湯澤 悟 氏 講師写真

湯澤 悟 氏

湯澤社会保険労務士事務所 代表・社会保険労務士 / 株式会社プロセスデザインコンサルティング 代表取締役

カリキュラム、
プログラム
1.本セミナーの目的等
(1)本セミナーの目的とご受講にあたって
(2)皆さんへの、切なるお願いです

2.これまでのパワハラ研修の“常識”が通用しない時代に
(1)パワハラ研修をやっても、パワハラ相談件数が減らない

3.意図せず、時代が一気に変わった
(1)「働き方の未来2035」に書かれていたこと
(2)新型コロナウイルス感染症拡大によって
(3)社員の働く意識は大きく変化

4.パワハラの現状、近年のパワハラ問題の特徴等
(1)最近5カ年度の主な紛争の動向(民事上の個別労働紛争に係る相談件数)等
(2)今まさに、時代の転換点
(3)近年のパワハラ問題の特徴

5.2019年以降のパワハラ対策研修の傾向等
(1)“知識重視型(知識詰め込み型)“の研修から、”意識重視型(意識変容型)“へ
(2)「パワハラ対策」の視点の転換が必要
(3)大事な視点

6.パワハラの真の問題とは
(1)パワハラ行為者の無自覚問題
(2)厚生労働省「平成28年度職場のパワーハラスメントに関する実態調査報告書」等
(3)何故、無自覚なのか?

7.パワハラを起こす可能性のある上司の特徴等
(1)管理職教育用Web適性検査「パワハラ傾向振り返りシート」から見えてくるもの
(2)パワハラを起こす可能性のある上司の行動面の特徴の一例
(3)過去の価値観のアップデートが必要

8.何故、パワハラを根絶させる必要があるのか
(1)個人・企業の信用の低下・失墜・喪失を防ぐ
(2)何故、パワハラが起きるのか
(3)「基礎・土壌」の部分は「人権」で共通している

9.パワハラの定義等
(1)パワハラの定義
(2)裁判例から考える、パワハラとの境界線

10.指導とパワハラの線引き等
(1)指導とは?
(2)「指導」と「パワハラ」の線引きについて
(3)指導の際、「人」と「事(仕事)」を切り離す

11.ハラスメント言動の17項目等
(1)一般社団法人労務行政研究所PRESS RELEASE「職場のハラスメント調査データ」
(2)言動の通常性と反復性
(3)感情の伴う余計な一言に注意

12.厳しい指導のポイント
(1)厳しい指導をするには大前提がある
(2)「厳しい指導」のポイント①~⑥
(3)尊敬できない上司からの厳しい指導

13.法的責任
(1)パワハラ防止法の盲点を知る
(2)加害者の法的責任
(3)労働契約法(安全配慮義務)

14.これからの管理職としての成功キーワード等
(1)マイクロマネジメントが通じない
(2)リモートワーク時代のマネジメントの要諦
(3)今、求められている管理職の視点(目線)

15.最後に講師から皆さんへの応援メッセージ等
お知らせ 受講料(1名様につき)
一般のお客様 38,500円 (本体 35,000円)
企業研究会会員 35,200円 (本体 32,000円)

※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
  お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

※講師とご同業の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。