ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  リスクマネジメント  法務/コンプライアンス/契約書  【オンライン】~3時間で理解する!~企業におけるChatGPTを含む生成系(ジェネレーティブ)AI活用の法務実務

開催日 2024/04/18 (木) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

~利用態様を踏まえて基礎から実務上のポイントを詳説~

【オンライン】~3時間で理解する!~企業におけるChatGPTを含む生成系(ジェネレーティブ)AI活用の法務実務

主催 一般社団法人 企業研究会 講師 田中 浩之 氏 受講料 38,500円   

このセミナーをチェックリストに追加する  お申込み受付中
本セミナーはWEB会議システム(ZOOM)を利用して開催いたします。
ご自宅やオフィスなどからご受講可能でございます。


【開催にあたって】

ChatGPT(チャットGPT)等の急速な普及等により、生成系(ジェネレーティブ)AIの業務利用を開始・検討する企業が急増しています。しかし、生成系AIの利用にあたっては、法的に留意すべきポイントが数多くあり、急速に実務が動いています。

そこで、本セミナーでは、生成系AIの利用にあたってのポイントについて、企業における利用態様を踏まえて基礎から実務上のポイントについてまで最新の情報に基づいて、詳細に解説します。

セミナーの対象者はこんな方です

法務部門、知的財産部門、コンプライアンス部門、経営企画部門、経営管理部門、総務部門、IT部門など関連部門の管理者及び担当者
  特典
開催日時 2024/04/18 (木)     14:00~ 17:00     (受付  13:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2024/04/17
主催会社 一般社団法人 企業研究会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 25名
受講料 38,500円
開講場所 ・会場名: ZOOM配信(会場での受講はございません)
・住所:   
・交通アクセス: 
講師
田中 浩之 氏 講師写真

田中 浩之 氏

森・濱田松本法律事務所 パートナー弁護士

カリキュラム、
プログラム
1.生成系AIの基礎・企業における生成系AIの想定され得る利用態様とメリット・デメリット等
(1)生成系AIとは?
(2)生成系AIの仕組みと限界、使い道・得意/不得意
(3)生成系AIの利用態様とメリット・デメリット
(①ChatGPT 等の一般向けの生成系 AI を社内で利用、
 ②生成系AIをAPI で利用し、ファインチューニングやプロンプトデザインする等して利用
 ③特定目的用の生成系AI を自社又は委託先を使って独自開発して利用)

2. (生成)AI自体への規制(グローバルの規制動向も踏まえて)

3. 生成AIの開発者・提供者・利用者それぞれの留意点と法的・倫理的な責任の全体像(総務省・経産省「AI事業者ガイドライン(案)」を踏まえて)

4.データ利活用に関する問題点
(1)個人情報・プライバシーとの関係(日本法上の整理・GDPR等グローバルの規制動向)
(2)機密情報・営業秘密・限定提供データとの関係

5.著作権等の知的財産権との関係(文化庁「AI と著作権に関する考え方について(素案)」を踏まえて)
(1)開発・学習段階のデータ収集との関係(著作権法とオーバーライド問題含む)
(2)生成系AIからのコンテンツ出力と著作権等の侵害可能性
(3)生成系AIから生み出されたコンテンツ・生成系AIモデル・データセット・プロンプトの知的財産権の帰属

6. 生成AIの利用と業法規制

7. 生成AI事業者の利用規約の検討ポイント

8. 生成AI利用にあたっての社内ルールの整備のポイント

9. 生成AIの開発業務の委託先(パートナー)との契約についてのポイント
お知らせ 受講料(1名様につき)
一般のお客様 38,500円 (本体 35,000円)
企業研究会会員 35,200円 (本体 32,000円)

※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
  お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

※講師とご同業の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。