ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  技術・研究  化学・高分子  嗅覚センサの開発動向、高感度センシング技術とその応用

開催日 2019/01/17 (木) 開催地 東京都

  • 食事

嗅覚センサの開発動向、高感度センシング技術とその応用

主催 株式会社 技術情報協会 講師 塩田 清二 氏  他 受講料 64,800円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
★ヒトはどのように、においを感じるのか?センサでは、どう評価、判断するのか?
★嗅覚センサの原理から高感度検知、評価技術、ヘルスケアへの応用まで第一線の専門家が詳しく解説!!
開催日時 2019/01/17 (木)     10:00~ 17:00     (受付  09:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間 2018/11/05  ~ 2019/01/16
主催会社 株式会社 技術情報協会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 64,800円 (各種割引については下段「お知らせ」欄をご参照ください)
開講場所 ・会場名: [東京・五反田] 技術情報協会 8F セミナールーム
・住所: 〒141-0031 東京都品川区西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F 
・交通アクセス: JR山手線・都営地下鉄浅草線 五反田駅徒歩 5分
講師
塩田 清二 氏 講師写真

塩田 清二 氏

星薬科大学 先端生命科学研究所 先導研究センター 特任教授

吉川 元起 氏  講師写真

吉川 元起 氏

(国研)物質・材料研究機構 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 グループリーダー 博士(理学)

都甲 潔 氏  講師写真

都甲 潔 氏

九州大学 高等研究院 味覚・嗅覚センサ研究開発センター 特別主幹教授 工学博士

関根 嘉香 氏  講師写真

関根 嘉香 氏

東海大学 理学部 化学科 教授 博士(理学)

カリキュラム、
プログラム
<10:00~11:30>
1.ヒトのにおい受容メカニズム

星薬科大学 塩田 清二 氏

1.嗅覚受容のメカニズムの解剖生理学的説明
 1.1 鼻腔および嗅部などの解剖学
 1.2 嗅覚受容をおこなうための嗅細胞の構造とその機能
 1.3 嗅細胞の微細構造と神経細胞の再生・新生について
 1.4 におい分子の遺伝子の発見とヒトでの嗅覚遺伝子について
 1.5 嗅覚受容体(GPCR)の説明とその細胞内シグナル伝達機構
 1.6 におい分子の嗅覚受容体との結合と嗅覚細胞興奮現象の生理学
 1.7 嗅覚細胞の刺激伝達と嗅球および脳内への情報伝達経路
 1.8 嗅覚の脳内情報伝達とその詳細

2.におい受容による被侵襲的な解析と認知症について
 2.1 動物をもちいたfMRIによるにおいの脳内への情報伝達経路
 2.2 ヒトにおけるにおいの感受性と認知症との関係
 2.3 認知症とくにアルツハイマー病患者への芳香療法について
 2.4 アルツハイマー型認知症と芳香療法の予防・改善法について
 2.5 認知症あるいはフレール患者へのアロママスクによる予防改善

【質疑応答・個別質問・名刺交換】


<12:10~13:40>
2.嗅覚IoTセンサMSSの総合的研究開発と産学官連携による標準化

(国研)物質・材料研究機構 吉川 元起 氏

1.はじめに
 1.1 ニオイとは?
 1.2 嗅覚センサの現状

2.MSSとシステム要素技術の研究開発
 2.1 ナノメカニカルセンサについて
 2.2 MSSの動作原理
 2.3 感応膜の設計と被覆方法
 2.4 MSSの応用例

3.産学官連携による最先端技術の垂直統合
 3.1 MSSアライアンスと最新成果紹介
 3.2 MSSフォーラムのご案内

4.ハード(センサ)とソフト(機械学習)の融合
 4.1 ニオイから特定指標の定量抽出
 4.2 情報計測による化学センサの新たな展開

5.気体分子の新たな絶対量評価手法
 5.1 流体熱力学質量分析(AMA)
 5.2 アプリケーション事例

6.まとめ
 6.1 嗅覚センサのアプリケーション分類
 6.2 将来展望と今後の課題

【質疑応答・個別質問・名刺交換】


<13:50~15:20>
3.嗅覚センサに向けた匂いの評価技術

九州大学 都甲 潔 氏

1.嗅覚と味覚の違い
 1.1 味には5基本味があるが、匂い(臭い、におい)には基本臭がない
 1.2 サケは匂いをたどり生まれ育った河川に戻る
 1.3 1種類で意味を持つ匂いと複数種の化学物質から構成される匂い

2.匂いの質を分類する電気化学センサの開発
 2.1 センサ受容界面に受容部を修飾
 2.2 匂い物質の部分構造を認識
 2.3 匂いの質を表現

3.特定の匂いを超高感度で検知する匂いセンサの開発
 3.1 表面プラズモン共鳴(SPR)法と抗原抗体反応
 3.2 爆薬を超高感度で検知
 3.3 人の匂いを超高感度で検知

4.あらゆる匂いを検知、同定する究極の人工嗅覚システムの開発
 4.1 内閣府革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)
 4.2 AIを利用した人工嗅覚システムの開発
 4.3 人工嗅覚システムの構造と開発体制
 4.4 化学物質の匂いを識別、同定
 4.5 ビールや泡盛の匂いを識別、同定
 4.6 人工嗅覚システムの創り上げる世界

【質疑応答・個別質問・名刺交換】


<15:30~17:00>
4.ヒト皮膚ガス測定をヘルスケアに活用する

東海大学 関根 嘉香 氏

1.皮膚ガスとは何か
 1.1 皮膚ガスの定義
 1.2 皮膚ガスの生成・放散ルート

2.皮膚ガスの測定法
 2.1 パッシブ・フラックス・サンプラー(PFS)法
 2.2 室内拡散挙動の推定

3.皮膚ガスの測定例
 3.1 生活行為が体臭(皮膚ガス)に及ぼす影響
 3.2 加齢や性差と体臭(皮膚ガス)の関連

4.皮膚ガス測定の医療への応用
 4.1 疾病と皮膚ガス組成の関係
 4.2 疾病の治癒程度を皮膚ガスでモニタリング

5.化学物質の皮膚からの放散とリスク評価

6.新たな疾病の発見と原因究明

【質疑応答・個別質問・名刺交換】
特典 セミナー資料付
各講で最後に質疑応答時間あり。終了後の個別質疑、名刺交換、可。

食事付 食事付 
セミナー参加費
支払い方法
1. 銀行振込または現金書留にてお願いいたします。

2. 原則として開催日までにお願い致します。

3. 銀行振込の場合は、原則として領収証の発行は致しません。

4. 振り込み手数料はご負担ください。
お知らせ ●各種割引について
1. 同一テーマ1社2名以上同時申込の場合のみ、1名につき5,400円(税込)割引いたします。
2. 大学(教員、学生)、公的機関、医療機関の方は、「アカデミック価格」32,400円/1名(税込)でご参加いただけます。(2名同時申込割引は適用されません)

割引適用の場合は、お申し込み後、技術情報協会より確認のご連絡を差し上げます。

※定員になり次第、お申込みは締切となります。
※申し込み人数が開催人数に満たない場合など,状況により中止させて頂く事が御座います。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。