ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  技術・研究  化学・高分子  金属3Dプリンターの材料開発、装置構成と造形例

開催日 2019/07/24 (水) 開催地 東京都

  • 食事

金属3Dプリンターの材料開発、装置構成と造形例

主催 株式会社 技術情報協会 講師 佐々木 信也 氏  他 受講料 59,400円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
★ 安価で普及が期待される『BMD方式』の原理、材料、造形例!
開催日時 2019/07/24 (水)     10:00~ 17:00     (受付  09:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/07/23
主催会社 株式会社 技術情報協会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 59,400円 (税込/各種割引については下段「お知らせ」欄をご参照ください)
開講場所 ・会場名: [東京・五反田] 技術情報協会 8F セミナールーム
・住所: 〒141-0031 東京都品川区西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F 
・交通アクセス: JR山手線・都営地下鉄浅草線 五反田駅徒歩 5分
講師
佐々木 信也 氏 講師写真

佐々木 信也 氏

東京理科大学 工学部 機械工学科 教授 工学博士

橋詰 良樹 氏 講師写真

橋詰 良樹 氏

東洋アルミニウム(株) 先端技術本部 コアテクノロジーセンター センター長

丸岡 浩幸 氏 講師写真

丸岡 浩幸 氏

丸紅情報システムズ(株) 製造ソリューション事業本部 モデリングソリューション技術部 アプリケーション推進課 スペシャリスト

カリキュラム、
プログラム
【10:00-13:40】(途中 昼食休憩を含みます)
1.金属粉末3Dプリンターとその材料の技術動向
東京理科大学 工学部 機械工学科 教授 工学博士 佐々木 信也 氏
 
【講座の趣旨】
 これまで金属3次元プリンタによる製品製造は、医療や航空宇宙用の一部の部品に限られていたが、いよいよ一般部品への本格的な展開が始まりつつある。その背景としては、周辺も含めた金属3次元プリンタ関連技術の成熟とともに、金属3次元プリンタ技術の特徴を活かす設計技術の進化が主な理由として挙げられる。
 今セミナーでは、金属3次元プリンタ技術の最新動向とともに、設計上重要となる造形物の形状・表面精度や機械的性質、そして後加工としての熱処理やHIPの影響について、実際のデータをもとに解説する。

1.金属3次元プリンタ造形技術の最新動向
 1.1 インダストリー4.0と3次元プリンタ
 1.2 デジタル情報具現化のための3次元プリンタ
 1.3 種類と原理
 1.4 最近の技術動向
 1.5 質疑応答

2.造形物の諸性質と特徴
 2.1 形状精度
 2.2 表面粗さ
 2.3 密度
 2.4 強度と異方性
 2.5 熱処理やHIP処理の影響
 2.6 造形可能な材料と造形例の紹介
 2.7 質疑応答


【13:50-15:20】
2.積層造形用アルミニウム粉末の特徴と応用
東洋アルミニウム(株) 先端技術本部 コアテクノロジーセンター センター長 橋詰 良樹 氏
 
1.金属3D積層造形の特徴

2.3D積層造形用合金粉末の特性と製造技術
 2.1 粒子形状
 2.2 粒子径
 2.3 合金組成

3.期待される用途展開と今後の展望

【質疑応答】


【15:30-17:00】
3.材料押出方式金属3Dプリンターの原理、特徴と造形例
丸紅情報システムズ(株) 製造ソリューション事業本部 モデリングソリューション技術部 アプリケーション推進課 スペシャリスト 丸岡 浩幸 氏
 
【講座の趣旨】
Stratasys社(樹脂)及びDesktopMetal社(金属)の正規販売代理店としての立場から,材料押出方式を応用した新しい「BMD(バインダーメタルデポジション)」方式による金属3Dプリンターシステム「DesktopMetal Studio」の概要,造形原理,特長, 活用事例と可能性について述べる。

1.DesktopMetal社概要
 1.1 設立経緯と現状
 1.2 海外展示会での展示内容

2.Studioシステム概要
 2.1 BMD(バインダーメタルデポジション)方式の原理
 2.2 Studioシステムの装置構成と造形プロセス
 2.3 セラミックによる手作業でのサポート除去方法

3.Studioシステムで使う金属材料概要
 3.1 材料種類と特長
 3.2 今後の追加材料開発予定

4.Studioシステム活用事例と今後の可能性
 4.1 北米テストユーザーでの活用事例

5.開発中多量生産用Productionシステムの概要
 5.1 独自のシングルパスジェッティング方式の概要
 5.2 海外テストユーザーでの活用事例
 5.3 今後の可能性

【質疑応答】
特典 セミナー資料付
各講で最後に質疑応答時間あり。終了後の個別質疑、名刺交換、可。

食事付 食事付 
セミナー参加費
支払い方法
1. 銀行振込または現金書留にてお願いいたします。

2. 原則として開催日までにお願い致します。

3. 銀行振込の場合は、原則として領収証の発行は致しません。

4. 振り込み手数料はご負担ください。
お知らせ ●各種割引について
1. 同一テーマ1社2名以上同時申込の場合のみ、1名につき5,400円(税込)割引いたします。
2. 大学(教員、学生)、公的機関、医療機関の方は、「アカデミック価格」32,400円/1名(税込)でご参加いただけます。(2名同時申込割引は適用されません)

割引適用の場合は、お申し込み後、技術情報協会より確認のご連絡を差し上げます。

※定員になり次第、お申込みは締切となります。
※申し込み人数が開催人数に満たない場合など,状況により中止させて頂く事が御座います。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。