ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  技術・研究  化学・高分子  NMR法による高分子材料の構造、状態解析

開催日 2020/02/28 (金) 開催地 東京都

  • 食事

NMR法による高分子材料の構造、状態解析

主催 株式会社 技術情報協会 講師 宮内 康次 氏  他 受講料 60,500円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
★ 試料の調製、測定条件の設定、スペクトルの読み方! 実務で使えるテクニックを解説!

このセミナーを受講すると、こんなスキルが身につきます

(1)高分子の溶液NMR分析に関するテクニック、NMRパルステクニック、NMRスペクトル解析法、NMRによる定量分析、高分子の誘導体化反応手法
(2)パルス法NMRの原理と各種高分子材料(エラストマー、ポリマーブレンド、結晶性高分子)の分子運動性及び不均質性解析への応用に関する基本的理解
(3)溶液NMR法による合成高分子の構造解析の守備範囲,測定の種類とノウハウ
開催日時 2020/02/28 (金)     10:00~ 17:00     (受付  09:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/02/27
主催会社 株式会社 技術情報協会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 60,500円 (税込/各種割引については下段「お知らせ」欄をご参照ください)
開講場所 ・会場名: [東京・五反田] 技術情報協会 8F セミナールーム
・住所: 〒141-0031 東京都品川区西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F 
・交通アクセス: JR山手線・都営地下鉄浅草線 五反田駅徒歩 5分
講師
宮内 康次 氏 講師写真

宮内 康次 氏

(株)UBE科学分析センター 有機材料分析研究室 室長 博士(工学)

福森 健三 氏 講師写真

福森 健三 氏

愛知工業大学 工学部 応用化学科 応用化学専攻 教授 博士(工学)

【専門】高分子材料工学
【経歴】(株)豊田中央研究所(~2018年3月)、高分子学会フェロー
吉水 広明 氏 講師写真

吉水 広明 氏

名古屋工業大学 大学院生命・応用化学専攻 ソフトマテリアル分野 准教授 工学博士

【専門】高分子物理化学
カリキュラム、
プログラム
【10:00-12:00】
1.NMR法による高分子材料の微細構造解析
(株)UBE科学分析センター 宮内 康次 氏

1.高性能高分子:ブタジエンゴム(BR)
 1.1 BRとは
 1.2 BRのミクロ構造、分岐構造とその解析法

2.水素添加-NMR法によるBR長鎖分岐点構造の直接解析
 2.1 BRの水素添加法
 2.2 水添BRの13C NMR・DEPT90°スペクトル
 2.3 BR長鎖分岐点の定量

3.機能性高分子:無水マレイン酸グラフトポリオレフィン(MA-g-PO)
 3.1 MA-g-POとは
 3.2 グラフト構造解析の従来法と新規解析法

4.高感度NMR法によるMA-g-POの末端グラフト構造解析
 4.1 末端グラフト構造
 4.2 2D NMR法による末端グラフト構造解析
 4.3 末端を含めたグラフト構造の定量的解析

5.NMRパルステクニックを駆使したMA-g-PO重合型グラフト分岐の構造解析
 5.1 13C DEPTスペクトル
 5.2 1H-1H DQF-COSYスペクトル
 5.3 1H T2-edited spectroscopy

6.化学反応とNMR法を組合せたMA-g-PO超微量グラフトMAの高感度分析
 6.1 グラフトMAの超臨界メタノールによるメチル化反応
 6.2 メチル化グラフトMAの1H NMR分析
 6.3 グラフトMA構造の定量限界


【12:45-14:45】
2.パルス法NMRによる高分子材料の分子運動性解析
愛知工業大学 福森 健三 氏 

1.パルス法NMRの原理と測定法
 1.1 NMRの原理と緩和現象
 1.2 NMR緩和時間(スピン-格子緩和T1、スピン-スピン緩和T2)の測定
 1.3 緩和時間T1、T2と高分子の分子運動性

2.パルス法NMRを用いた各種高分子の分子運動解析
 2.1 架橋ゴム
  1) ゴム弾性と分子運動性-架橋点の影響-
  2) 伸長下でのT2測定―補強性充填剤の影響-
  3) 膨潤過程の実時間測定-伸長の影響-
  4) 相溶系ポリマーブレンドのミクロ不均一性評価-スピン拡散の利用-
  5) ゴムの劣化解析-破壊特性値と分子運動性との関係づけ-
 2.2 熱可塑性エラストマー
  1) スチレン系トリブロック共重合体-ミクロ相分離状態の評価-
  2) オレフィン系動的架橋熱可塑性エラストマー-架橋ゴム分散相の評価-
 2.3 結晶性高分子の結晶化過程の解析-結晶、非晶および界面成分の定量
 2.4 高分子ゲルの架橋過程の解析-水の分子運動性評価-

3.最近のトピック-多量子(MQ)法NMRの架橋ゴムへの応用-
 3.1 MQ法NMRによる残余双極子結合係数Dresの評価
 3.2 ゴムの架橋状態とDres値およびその標準偏差
 3.3 Dres値と力学物性値との関係づけ


【15:00-17:00】
3.溶液NMR法によるポリマーの構造解析
名古屋工業大学 吉水 広明 氏 

1.溶液NMR法による構造解析を始めるにあたって
 1.1 合成高分子と天然高分子の違い
 1.2 合成高分子の一次構造を整理する
 1.3 溶液NMR法の利点と欠点
 1.4 測定試料の調製で気をつけたいこと
 1.5 測定条件を設定する上で知っておきたいこと

2.構造解析の実際
 2.1 末端基定量法で分子量を調べる
 2.2 DOSY法で分子量・分布を調べる
 2.3 1H NMRで立体規則性を調べる
 2.4 13C NMRで立体規則性を調べる
 2.5 共重合体組成を調べる
 2.6 多変量解析を応用する
 2.7 枝分れ構造を調べる
 2.8 多核NMRを活用する
 2.9 溶液ではない試料を溶液NMR法で調べる
特典 セミナー資料付
各講で最後に質疑応答時間あり。終了後の個別質疑、名刺交換、可。

食事付 食事付 
セミナー参加費
支払い方法
1. 銀行振込または現金書留にてお願いいたします。

2. 原則として開催日までにお願い致します。

3. 銀行振込の場合は、原則として領収証の発行は致しません。

4. 振り込み手数料はご負担ください。
お知らせ ●各種割引について
1. 同一テーマ1社2名以上同時申込の場合のみ、1名につき5,500円(税込)割引いたします。
2. 大学(教員、学生)、公的機関、医療機関の方は、「アカデミック価格」33,000円/1名(税込)でご参加いただけます。(2名同時申込割引は適用されません)

割引適用の場合は、お申し込み後、技術情報協会より確認のご連絡を差し上げます。

※定員になり次第、お申込みは締切となります。
※申し込み人数が開催人数に満たない場合など,状況により中止させて頂く事が御座います。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。