ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  技術・研究  化学・高分子  セルロースの合成、構造制御と機能、応用

開催日 2020/10/16 (金) 開催地 WEB受講

【Live配信セミナー】

セルロースの合成、構造制御と機能、応用

主催 株式会社 技術情報協会 講師 上高原 浩 氏  他 受講料 60,500円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
★ セルロース誘導体の構造と物性の関係! CNFの“水系添加剤としての”の使い方と応用事例!!
開催日時 2020/10/16 (金)     10:30~ 16:30     (受付  10:00 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/10/15
主催会社 株式会社 技術情報協会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 60,500円 (税込/各種割引については下段「お知らせ」欄をご参照ください)
開講場所 ・会場名: ZOOMを利用したLive配信
・住所: ※会場での講義は行いません 
・交通アクセス: 
講師
上高原 浩 氏 講師写真

上高原 浩 氏

京都大学 大学院農学研究科 教授 博士(農学)

後居 洋介 氏 講師写真

後居 洋介 氏

第一工業製薬(株) レオクリスタ事業部 開発グループ 専門課長

カリキュラム、
プログラム
【10:30-14:15】 (途中 昼食休憩を含みます)
1.新規な物性開発を志向したセルロース誘導体の新たな合成概念
京都大学 大学院農学研究科 教授 博士(農学) 上高原 浩 氏 【専門】複合材料化学

【習得できる知識】
・化学構造の明確なセルロース誘導体の合成法、低分子セルロース誘導体の合成法
・木材の反応、木材の化学、セルロースのヒドロキシ基の反応性

1.木材化学
 1.1 セルロース
 1.2 ヘミセルロース
 1.3 リグニン
 1.4 抽出成分

2. 高分子化学におけるセルロースの位置付け
 2.1 セルロース誘導体(半合成高分子)
 2.2 合成高分子との対比

3.セルロース誘導体の化学構造の特徴

4.セルロース誘導体  -反応の鍵は何か?-
 4.1 セルロースエステル
 4.2 セルロースエーテル
 4.3 セルロース誘導体の用途

5.セルロース誘導体の新たな合成概念 ?新規な物性を開発できるか??
 5.1 位置選択的置換セルロース誘導体の合成
 5.2 ブロック的置換セロオリゴ糖の合成
 5.3 位置選択的かつブロック的置換セルロース誘導体の合成

6.バイオマスリファイナリー
 6.1 高分子化学と石油化学を振り返る
 6.2 木材を原料としたセルロース誘導体の直接合成と成分分離

【質疑応答】


【14:30-16:30】
2.セルロースナノファイバーの増粘、分散、乳化、バインダー効果とその応用
第一工業製薬(株) レオクリスタ事業部 開発グループ 専門課長 後居 洋介 氏

【講演主旨】
 本講座では、セルロースナノファイバー(CNF)の水系機能性添加剤としての機能やその特徴、実用化事例を紹介する。 特に、CNFが油や微粒子に吸着するといった特徴をいかしたピッカリングエマルションの形成や微粒子の分散性向上などについて、そのメカニズムも含めて解説する。微粒子分散の応用例としては、化粧品、塗料、Li ? ion電池用バインダーとしての研究事例を紹介する。また、CNFの安全性評価、ナノセルロースの国際標準化、ナノセルロースに関する新組織設立など、国内外におけるCNFの周辺状況についても解説する。

1.セルロースナノファイバー(CNF)について
 1.1 CNFの構造と種類
 1.2 CNFの特徴
 1.3 CNFに期待されていること

2.第一工業製薬のCNF「レオクリスタ」について
 2.1 レオクリスタの特徴とコンセプト
 2.2 CNFによるレオロジーコントロール
  (1)CNFのレオロジー特性
  (2)レオクリスタの実用化事例の紹介
 2.3 CNFによる乳化
  (1)ピッカリングエマルションの形成とメカニズム
  (2)乳化安定化
 2.4 CNFによる分散
  (1)微粒子の分散とメカニズム
  (2)分散安定化
  (3)化粧品、塗料用途への応用例
  (4)Li-ion二次電池正極バインダーとしての応用
3.CNFを取り巻く周辺状況

 3.1 CNFの安全性評価
 3.2 ナノセルロースの国際標準化
 3.3 ナノセルロースに関する新組織「ナノセルロースジャパン」

4.さいごに
 4.1 会社紹介
 4.2 本日のまとめ

【質疑応答】
特典 セミナー資料付
各講で最後に質疑応答時間あり。

セミナー参加費
支払い方法
1. 銀行振込または現金書留にてお願いいたします。

2. 原則として開催日までにお願い致します。

3. 銀行振込の場合は、原則として領収証の発行は致しません。

4. 振り込み手数料はご負担ください。
お知らせ ●各種割引について
1. 同一テーマ1社2名以上同時申込の場合のみ、1名につき5,500円(税込)割引いたします。
2. 大学(教員、学生)、公的機関、医療機関の方は、「アカデミック価格」33,000円/1名(税込)でご参加いただけます。(2名同時申込割引は適用されません)

割引適用の場合は、お申し込み後、技術情報協会より確認のご連絡を差し上げます。

※定員になり次第、お申込みは締切となります。
※申し込み人数が開催人数に満たない場合など,状況により中止させて頂く事が御座います。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。