ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  技術・研究  化学・高分子  マテリアルズインフォマティクスによる材料設計、反応予測

開催日 2020/11/13 (金) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

【Live配信セミナー】

マテリアルズインフォマティクスによる材料設計、反応予測

主催 株式会社 技術情報協会 講師 船津 公人 氏  他 受講料 60,500円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
★ 最適な記述子の選び方、データのモデル化、逆解析!
開催日時 2020/11/13 (金)     10:00~ 17:00     (受付  09:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/11/12
主催会社 株式会社 技術情報協会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 30名
受講料 60,500円 (税込/各種割引については下段「お知らせ」欄をご参照ください)
開講場所 ・会場名: ZOOMを利用したLive配信
・住所: ※会場での講義は行いません 
・交通アクセス: 
講師
船津 公人 氏 講師写真

船津 公人 氏

東京大学 大学院工学系研究科 化学システム工学専攻 教授

清野 淳司 氏 講師写真

清野 淳司 氏

早稲田大学 理工学術院 総合研究所 次席研究員/研究院講師,科学技術振興機構 さきがけ研究者

カリキュラム、
プログラム
【10:00-13:40】(途中 昼食休憩を含む)
1.マテリアルズインフォマティクスを用いた材料設計、プロセス制御
東京大学 大学院工学系研究科 化学システム工学専攻 教授 船津 公人 氏
 
【講座の趣旨】
データ駆動型化学を実践する上でのデータの見方や取り扱いの考え方を、事例を通して理解することを目的とします。分子設計、材料設計、そしてプロセスの監視と制御までを扱うことで、データ解析が拓く可能性を概観します。

1.インフォマティクスとは何か
 1.1 インフォマティクスの概要
 1.2 バイオインフォマティクス
 1.3 ケモインフォマティクス
 1.4 マテリアルズインフォマティクス

2.データ解析の基礎
 2.1 データ解析の基礎
 2.2 扱うデータの特性把握

3.インフォマティクスとは
 3.1 データのモデル化法
 3.2 モデルの逆解析

4.分子設計の事例紹介

5.有機材料の設計(ポリマーアロイ)の事例紹介

6.触媒設計の事例紹介

7.(マテリアルズ)インフォマティクスを実践するには何が必要か
 7.1 データベース
 7.2 ソフトウエア
 7.3 化学・材料とAIの両方の知識と経験?

8.少ない実験データ・少ない実験回数での目的物性実現の方法

9.ソフトセンサー

10.プロセスインフォマティクス

11.今後の展望と課題、海外の動向

【質疑応答】


【13:50-17:00】
2.人工知能を用いた化学反応予測・反応条件最適化・量子化学理論の高度化
早稲田大学 理工学術院 総合研究所 次席研究員/研究院講師,科学技術振興機構 さきがけ研究者 清野 淳司 氏

【講座の趣旨】
 近年、人工知能(AI)技術は、化学分野における実験・理論・計算の様々な領域で活用され始めている。本セミナーでは、化学の諸分野と AI技術の融合研究を実施するための基礎を説明する。またこれらに関する幾つかの具体的な研究事例(反応予測、実験条件最適化、量子化学理論の高度化)や将来的な展望を述べたい。

【習得できる得られる知識】
・化学における人工知能技術の基礎知識(機械学習・進化的計算・化学における記述子)
・人工知能技術を導入した最新の化学研究事例(化学反応の予測・実験条件最適化・高速な量子化学計算手法など)

1.人工知能技術の概要
 1.1 化学と人工知能技術
 1.2 機械学習の概要
 1.3 進化的計算の概要

2.化学における記述子
 2.1 構造的特徴を表した記述子
 2.2 電子的特徴を表した記述子

3.機械学習と実験・計算による化学反応予測
 3.1 反応予測システムの歴史
 3.2 機械学習と電子状態情報を用いた反応予測の研究事例
 3.3 均一系触媒における有機化学反応に対する反応予測への適用
 3.4 将来展望

4.機械学習と実験/計算による反応条件最適化
 4.1 近年の実験条件最適化研究の動向
 4.2 実験条件最適化における研究事例
 4.3 溶媒条件最適化における研究事例
 4.4 将来展望

5.機械学習による量子化学理論の高度化
 5.1 密度汎関数理論における研究事例
 5.2 波動関数理論における研究事例
 5.3 将来展望

【質疑応答】
特典 セミナー資料付
各講で最後に質疑応答時間あり。

セミナー参加費
支払い方法
1. 銀行振込または現金書留にてお願いいたします。

2. 原則として開催日までにお願い致します。

3. 銀行振込の場合は、原則として領収証の発行は致しません。

4. 振り込み手数料はご負担ください。
お知らせ ●各種割引について
1. 同一テーマ1社2名以上同時申込の場合のみ、1名につき5,500円(税込)割引いたします。
2. 大学(教員、学生)、公的機関、医療機関の方は、「アカデミック価格」33,000円/1名(税込)でご参加いただけます。(2名同時申込割引は適用されません)

割引適用の場合は、お申し込み後、技術情報協会より確認のご連絡を差し上げます。

※申し込み人数が開催人数に満たない場合など,状況により中止させて頂く事が御座います。

●Live配信セミナーの受講について
・ セミナー配布資料は印刷物を郵送いたします。
・ 本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。
・ 本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。