ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  経営  IT・Web戦略  サブスクリプションによるビジネス革命

開催日 2019/10/17 (木) 開催地 東京都

~自動車、IT・サービス等あらゆる分野で広がるサブスクの本質と未来~

サブスクリプションによるビジネス革命

主催 株式会社 新社会システム総合研究所 講師 宮崎 琢磨 氏  他 受講料 33,440円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
Ⅰ. サブスクリプション、その本質と誤解 ~第三世代のSMARTサブスクリプションを読み解く~

(株)サブスクリプション総合研究所 代表取締役社長
宮崎 琢磨(みやざき たくま) 氏

【13:30~14:40】

Ⅱ. サブスクリプションの本質はビジネス革命 ~自動車、機械、あらゆる分野で広がるサブスクの本質とは~

ビープラッツ(株) 代表取締役社長
藤田 健治(ふじた けんじ) 氏

【14:50~16:00】
  特典
開催日時 2019/10/17 (木)     13:30~ 16:00    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/10/16
主催会社 株式会社 新社会システム総合研究所
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 60名
受講料 33,440円
開講場所 ・会場名: SSK セミナールーム
・住所: 〒105-0003 東京都港区西新橋2-6-2  ザイマックス西新橋ビル4F
・交通アクセス: ●JR新橋駅より徒歩5分[烏森口]●都営地下鉄内幸町駅より徒歩3分[A3出口](三田線)
講師
宮崎 琢磨 氏 講師写真

宮崎 琢磨 氏  (ミヤザキ タクマ)

(株)サブスクリプション総合研究所 代表取締役社長

大学在学当時よりプログラマとして活動。フリーランスのプログラマを経て、1998年 ソニーに入社。VAIO事業に中核メンバーとして参画しプロデューサとして、映像・音楽・ネットワーク・ソフトウェアの領域を中心に、PDA事業、音楽配信事業など多分野にわたりビジネス開発の経験を持つ。2005年7月よりライセンスオンラインに戦略開発事業部長として参加。ビープラッツ設立に参加。取締役CFO等を経て、2018年6月より取締役副社長に就任(現職)。2019年4月より株式会社サブスクリプション総合研究所代表取締役社長に就任(現職)。東京大学卒、1972年生。

藤田 健治 氏 講師写真

藤田 健治 氏  (フジタ ケンジ)

ビープラッツ(株) 代表取締役社長

1992年 三井物産入社。情報産業本部にて、日本ユニシス、シマンテックなどIT分野を担当。2002年「ライセンスオンライン(株)」を設立、代表取締役社長に就任。2006年に三井物産を退職。2006年11月、ビープラッツを設立し、代表取締役社長に就任(現職)。2018年4月 東証マザーズに上場。自称「日本で一番サブスクリプションを知る男」。東京工業大学卒、1969年生。

カリキュラム、
プログラム
Ⅰ. サブスクリプション、その本質と誤解 ~第三世代のSMARTサブスクリプションを読み解く~

(株)サブスクリプション総合研究所 代表取締役社長
宮崎 琢磨(みやざき たくま) 氏

【13:30~14:40】

サブスクリプション(サブスク)という言葉がはやっています。しかし、言葉そのものは先行して広がったものの、その中身(意味)はわかったようでわからないのが、今のサブスクリプションを取り巻いている実情ではないでしょうか。果たしてサブスクリプション は急にあらわれた概念なのか、その語義は何なのか、実例を出しながら、サブスクリプションの概形を捉えてゆきます。

1.サブスクリプションって、そもそも何?
2.サブスクリプションって、「定額課金」のこと?
3.サブスクリプションって、急に流行っているよね?
4.「新世代サブスクリプション」って、どんなもの?
5.質疑応答/名刺交換

Ⅱ. サブスクリプションの本質はビジネス革命 ~自動車、機械、あらゆる分野で広がるサブスクの本質とは~

ビープラッツ(株) 代表取締役社長
藤田 健治(ふじた けんじ) 氏

【14:50~16:00】

サブスクリプションは、さまざまな分野で「サブスク=定額課金」というような捉え方で利用されているが、そのような単純なことで、ビジネスのトレンドとなり得るのか。なぜ、大企業も含めた多くの企業で、サブスクリプションというビジネス要素が必要で、且つ、重要といわれはじめたのか、サブスクリプションを専業に手掛ける企業を起業し、2018年東証マザーズ上場を果たした、自称「日本で一番サブスクリプションを知る男」が、その本質を紐解いて紹介します。
TV-CMなどでも話題のトヨタのサブスクリプションサービス「KINTO」や、コニカミノルタジャパンの「WorkplaceHub」、富士通のクラウドマーケットプレイス「FujitsuMetaArcMarketplace」などをはじめとして、自動車、IT、機械、ロボット、i-Construction(建築)、家電、等さまざまな分野で、日本を代表する企業に導入されているサブスクリプションのプラットフォームシステムを提供する会社代表として、数多くの日系企業のサブスクリプション化のビジネス構築や、そのなかでの課題にかかわってきた経験をもとに、サブスクリプションの現在とこれからを解説いたします。

1.デジタル・トランスフォーメーション(DX)とサブスクリプション
2.海外先行事例に学ぶサブスクリプションのポイント
3.サブスクリプションの3区分
4.サブスクリプション化の考え方
5.サブスクリプションの本質とは
6.質疑応答/名刺交換
お知らせ -受講料-
1名につき 33,440円(税込)
同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,500円(税込)

※お客様のご都合でキャンセルされる場合は、 開催1週間前までにお申し出ください。
その後のキャンセルは、お申し受けできませんのでご了承ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。