ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  経営  IT・Web戦略  ローカル5Gによるビジネスモデルの変革

開催日 2020/01/10 (金) 開催地 東京都

~新たなユースケースとNECの取組み~

ローカル5Gによるビジネスモデルの変革

主催 株式会社 新社会システム総合研究所 講師 永地 健紀 氏  他 受講料 33,110円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
Ⅰ. ローカル5Gの最新動向

(株)NTTデータ経営研究所 情報戦略事業本部
ビジネストランスフォーメーションユニット マネージャー
永地 健紀(ながとち たけのり) 氏

【14:00~15:10】


Ⅱ. DX時代にローカル5Gがもたらす真価とNECの取り組み

日本電気(株) 新事業推進本部 主席主幹 エバンジェリスト
藤本 幸一郎(ふじもと こういちろう) 氏

【15:20~16:30】
  特典
開催日時 2020/01/10 (金)     14:00~ 16:30    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/01/09
主催会社 株式会社 新社会システム総合研究所
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 60名
受講料 33,110円
開講場所 ・会場名: SSK セミナールーム
・住所: 〒105-0003 東京都港区西新橋2-6-2  ザイマックス西新橋ビル4F
・交通アクセス: ●JR新橋駅より徒歩5分[烏森口]●都営地下鉄内幸町駅より徒歩3分[A3出口](三田線)
講師
永地 健紀 氏 講師写真

永地 健紀 氏  (ナガトチ タケノリ)

株)NTTデータ経営研究所 情報戦略事業本部 ビジネストランスフォーメーションユニット マネージャー

コンサルティングファームにおける戦略コンサルティング業務等を経て、NTTデータ経営研究所 ビジネストランスフォーメーションユニットに参画。「テレコムキャリア、産業機器メーカー、総合電機メーカー、耐久消費財メーカー」等のクライアントに対して「IoT/M2M領域の事業戦略・アライアンス推進」「5G活用した新規事業立上」「ビジネスモデル変革」などに注力。お客様の難問に粘り強く取り組み続け、"必ず結果を出す"ことを信条としている。

藤本 幸一郎 氏 講師写真

藤本 幸一郎 氏  (フジモト コウイチロウ)

日本電気(株) 新事業推進本部 主席主幹 エバンジェリスト

1993年 日本電気株式会社入社 局用交換機開発。1995年~黎明期のインターネット関連事業領域の開拓(研究開発、標準化推進、新事業開拓)。2002年~2008年 NECアメリカ社(米国シリコンバレー)。2008年~経営企画部/事業開発部 スマートグリッド、MVNO、SDN、NFV等の推進。2017年~現職で5Gを推進。通信関連の団体委員や技術フォーラムのプログラム委員等を歴任、技術セミナー等で講演、他。

カリキュラム、
プログラム
Ⅰ. ローカル5Gの最新動向

(株)NTTデータ経営研究所 情報戦略事業本部
ビジネストランスフォーメーションユニット マネージャー
永地 健紀(ながとち たけのり) 氏

【14:00~15:10】

5Gへの世間の注目が高まっています。一方で、実態と乖離した5Gのベネフィットが期待されている印象を受けます。
客観的に見て、ドイツで認可された3.7~3.8GHz帯と異なり、日本の"28.2~28.3GHz帯ならでは"のビジネスは容易に構想することは出来ないと捉えています。例えば"長年通信関連事業を営んできたクライアントのリーダー層"でさえ、経営層から"なぜわが社は5Gをビジネスに落とし込めていないのか?"問われている状況にあることをお伺いしています。当日は、コンサルタントとして5G関連PJをご支援させていただいている観点から、ローカル5Gの最新動向を交えつつ、ローカル5G新規事業検討の"押さえどころ"をお伝えします。

1.ローカル5Gの概要
2.ローカル5Gならではの提供価値
3.ローカル5Gを取り巻く主要プレイヤーの動向
4.国内外における産業用ユースケースの具体例
5.産業用ユースケース検討の"押さえどころ"と陥りがちな"落とし穴"
6.質疑応答/名刺交換

Ⅱ. DX時代にローカル5Gがもたらす真価とNECの取り組み

日本電気(株) 新事業推進本部 主席主幹 エバンジェリスト
藤本 幸一郎(ふじもと こういちろう) 氏

【15:20~16:30】

5Gは2020年以降普及が期待される次世代の無線通信技術です。これまでのスマートフォンに代表される人と人のコミュニケーションとしての基盤をより高度に発展させるだけではなく、AIやIoT時代のモノ・コトをつなぐ新たな通信基盤としても期待されています。そのために日本ではローカル5Gという制度が導入され、ビジネスモデルが変わり、新たなプレイヤーの参画を得て新たなユースケースの登場も期待されています。このローカル5Gの社会的意義から技術の特徴、新たな制度を含めた動向を解説し、将来のDX時代における価値とNECの取り組みを解説します。

1.5G技術と導入の目的
2.ローカル5Gの最新動向
3.キャリア5Gとローカル5Gの比較
4.ローカル5GのDX事例・ユースケース 5.ローカル5G導入への課題
6.NECの実証実験や技術開発の取り組み
7.質疑応答/名刺交換
お知らせ -受講料-
1名につき 33,110円(税込)
同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,500円(税込)

※お客様のご都合でキャンセルされる場合は、 開催1週間前までにお申し出ください。
その後のキャンセルは、お申し受けできませんのでご了承ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。