ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  経営  環境対策/環境ビジネス  電力×データが生み出す事業機会と社会システム

開催日 2020/04/20 (月) 開催地 東京都

電力×データが生み出す事業機会と社会システム

主催 株式会社 新社会システム総合研究所 講師 平井 崇夫 氏  他 受講料 33,770円   

このセミナーをチェックリストに追加する  お申込み受付中
Ⅰ. グリッドデータバンク・ラボが拓く電力データ活用の未来

(株)東京電力パワーグリッド 事業開発室           
グリッドデータバンク・ラボ有限責任事業組合           
チーフディレクター
平井 崇夫(ひらい たかお) 氏

【14:00~15:00】

Ⅱ. 電力×データから始まる未来型サービスの可能性と期待

東京大学大学院工学系研究科 
技術経営戦略学専攻 准教授(工学博士)
田中 謙司(たなか けんじ) 氏

【15:10~16:30】
  特典
開催日時 2020/04/20 (月)     14:00~ 16:30    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/04/19
主催会社 株式会社 新社会システム総合研究所
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 60名
受講料 33,770円
開講場所 ・会場名: 紀尾井フォーラム
・住所: 〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1  ニューオータニガーデンコート1F
・交通アクセス: ●地下鉄丸の内線・銀座線「赤坂見附駅」 D紀尾井町口より徒歩3分●地下鉄半蔵門線「永田町駅」7番出口より徒歩3分
講師
平井 崇夫 氏 講師写真

平井 崇夫 氏  (ヒライ タカオ)

(株)東京電力パワーグリッド 事業開発室       グリッドデータバンク・ラボ有限責任事業組合 チーフディレクター

平成 3年 4月 東京電力株式会社入社 神奈川支店小田原営業所配電課
平成25年 7月 同社 本店配電部配電企画グループマネージャー
平成27年 9月 同社 パワーグリッドカンパニー藤沢支社長
平成28年 4月 東京電力パワーグリッド株式会社藤沢支社長
平成30年10月 同社 事業開発室
平成31年 2月 同社 事業開発室(グリッドデータバンク・ラボ有限責任事業組合駐在)

田中 謙司 氏 講師写真

田中 謙司 氏  (タナカ ケンジ)

東京大学大学院工学系研究科  技術経営戦略学専攻 准教授(工学博士)

平成12年 3月 東京大学大学院工学究科 修士課程修了
平成12年 4月 マッキンゼー・アンド・カンパニー
平成15年 4月 日本産業パートナーズ株式会社 
平成18年 4月 東京大学大学院工学究科 助教
平成25年 1月 東京大学総括プロジェクト機構 特任准教授
平成31年 2月 東京大学大学院工学系研究科 准教授(現在)

カリキュラム、
プログラム
Ⅰ. グリッドデータバンク・ラボが拓く電力データ活用の未来

(株)東京電力パワーグリッド 事業開発室           
グリッドデータバンク・ラボ有限責任事業組合           
チーフディレクター
平井 崇夫(ひらい たかお) 氏

【14:00~15:00】

東京電力パワーグリッド、関西電力、中部電力、NTTデータの4社で「グリッドデータバンク・ラボ」を設立。電力データを活用した社会課題の解決や新たな付加価値の創出に取り組んでいます。既に90を超える企業や地方公共団体の参画を得ており、スマートメーター等の電力データと異業種データとの掛け合わせ分析に基づく様々なユースケースを開発し有用性検証も進めています。本講演ではグリッドデータバンク・ラボの最新の取り組みとして、地域防災への活用やエリアマーケティングなどの事例をデモを交えてご紹介します。

1.グリッドデータバンク・ラボの概要
2.スマートデータデータ活用の可能性
3.サービス事例・ユースケースのご紹介
4.電力データの実用に向けて
5.今後の活動内容
6.質疑応答/名刺交換

Ⅱ. 電力×データから始まる未来型サービスの可能性と期待

東京大学大学院工学系研究科 
技術経営戦略学専攻 准教授(工学博士)
田中 謙司(たなか けんじ) 氏

【15:10~16:30】

来るべきデータ駆動型社会にむけて電力メータ値を初めとしてIoT機器や電力センサーのデータが未来の生活を革新するようなサービスを提供する可能性と期待をお話しする。電力は国内ほぼすべてユーザや機器が利用しておりその関連データは浸透度や信頼度が高く社会インフラや生活サービスへの活用が期待されている。特に電力と他業種データを組合せることによる個別ニーズの把握の在り方はデータ駆動型社会において重要な鍵となるといわれている。今回は、卒FIT家庭向EV活用、P2P型自動充電サービス、不在配達回避サービスなどへの研究事例紹介をしながら未来型サービスへの可能性と期待をお話しする。

1.電力デジタルデータの拡がり(特定計量)
2.電力サービスと関連技術
3.研究事例:
 (1)ポストFIT家庭向EV活用
 (2)P2P型EV自動充電サービス(ドライバ別走行パターン分析、走行予測)
 (3)物流・小売データとの融合可能性
4.電力×データから始まる未来型サービス可能性
5.質疑応答/名刺交換
お知らせ -受講料-
1名につき 33,770円(税込)
同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,500円(税込)

※お客様のご都合でキャンセルされる場合は、 開催1週間前までにお申し出ください。
その後のキャンセルは、お申し受けできませんのでご了承ください。

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。