ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  経営  IT・Web戦略  行政デジタル化とマイナンバー関連施策【アーカイブ配信】

開催日 2020/10/08 (木) 開催地 東京都

行政デジタル化とマイナンバー関連施策【アーカイブ配信】

主催 株式会社 新社会システム総合研究所 講師 尾原 淳之 氏  他 受講料 27,500円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
■ライブ配信  ■アーカイブ配信(開催日の3日以降) 
◇本セミナーは、新型コロナウイルス対策として選択受講いただけます◇

Ⅰ. デジタル・ガバメントの加速について

Ⅱ. マイナンバー制度の現状と今後の見通しについて

Ⅲ. アフターコロナ時代の行政デジタル化とマイナンバー
-「新たな日常」で加速する行政手続きのデジタル化とマイナンバーの可能性
  特典
開催日時 2020/10/08 (木)     13:30~ 16:30    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/10/07
主催会社 株式会社 新社会システム総合研究所
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
共催会社
(協力会社)
公益財団法人原総合知的通信システム基金
定員 60名
受講料 27,500円 (アーカイブ配信の申込)
開講場所 ・会場名: アーカイブ配信受講
・住所: 〒105-0003 東京都アーカイブ配信受講 
・交通アクセス: 
講師
尾原 淳之 氏 講師写真

尾原 淳之 氏  (オハラ ジュンジ)

内閣官房 情報通信技術(IT)総合戦略室 内閣参事官

1995年 総務庁入庁/1998年 総務省行政管理局情報公開法制定準備室主査/2003年 総務省総合通信基盤局移動通信課課長補佐/2005年 内閣府経済財政諮問会議事務局参事官補佐/2009年 内閣官房行政改革推進室室員(独立行政法人改革担当)/2012年 総務大臣秘書官/2014年 総務省大臣官房企画課情報システム室長/2017年 船橋市副市長/2019年 内閣官房IT総合戦略室参事官

前 健一 氏 講師写真

前 健一 氏  (ススメ ケンイチ)

内閣官房 番号制度推進室  内閣府 大臣官房 番号制度担当室 内閣参事官

1995年4月  自治省採用/2004年4月 秋田県総務部財政課長/2006年4月 総務省自治行政局地域情報政策室課長補佐/2008年4月 熊本市企画財政局長/2009年4月 国家公務員制度改革推進本部事務局参事官補佐/2011年6月 総務省自治行政局公務員部公務員課理事官/2013年4月 山梨県総務部長/2017年7月 自治医科大学総務部長/2020年4月 内閣官房番号制度推進室(兼)内閣府大臣官房番号制度担当室 内閣参事官

榎並 利博 氏 講師写真

榎並 利博 氏  (エナミ トシヒロ)

富士通(株) 行政ビジネス推進統括部  行政第一ビジネス推進部 担当部長

1981年 東京大学文学部卒。同年、富士通株式会社に入社し、システムエンジニアとして自治体のシステム開発に従事。1996年に富士通総研へ出向し、経済研究所にて電子政府・電子自治体や地域活性化を中心とした研究活動に従事。新潟大学・中央大学・法政大学の各非常勤講師、早稲田大学公共政策研究所客員研究員、社会情報大学院大学教授の兼務を経て、2020年4月より現職。「デジタル手続法で変わる企業実務」(日本法令、2020年4月)のほか、電子政府・電子自治体、マイナンバーに関連する著書の出版および寄稿多数。

カリキュラム、
プログラム
Ⅰ. デジタル・ガバメントの加速について

内閣官房 情報通信技術(IT)総合戦略室 内閣参事官
尾原 淳之(おはら じゅんじ) 氏

【13:30~14:30】

政府では、令和元年に成立した「デジタル手続法」や、「デジタル・ガバメント実行計画」に基づいてデジタル・ガバメントを計画的に進めてきたところですが、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、一層の取組の加速が求められています。デジタル・ガバメントのこれまでと今後の取組について解説いたします。

1.IT戦略の概要
2.デジタル手続法について
3.デジタル・ガバメント実行計画について
4.今後の取組について
5.質疑応答

Ⅱ. マイナンバー制度の現状と今後の見通しについて

内閣官房 番号制度推進室 
内閣府 大臣官房 番号制度担当室 内閣参事官
前 健一(すすめ けんいち) 氏

【14:40~15:40】

令和2年7月17日に閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2020」では、マイナンバー制度について、「国民にとって使い勝手の良いものに作り変えるため、抜本的な対策を講ずる」とされています。マイナンバー制度の概要、最近の動向、今後の見通しについて解説いたします。

1.マイナンバー制度の概要
2.マイナンバーカードについて
3.マイナポータルについて
4.今後の見通しについて
5.質疑応答

Ⅲ. アフターコロナ時代の行政デジタル化とマイナンバー
-「新たな日常」で加速する行政手続きのデジタル化とマイナンバーの可能性

富士通(株) 行政ビジネス推進統括部 
行政第一ビジネス推進部 担当部長
榎並 利博(えなみ としひろ) 氏

【15:50~16:50】

特別定額給付金や持続化給付金の申請でオンライン化が加速され、国民や企業の間にも一気にデジタル手続きの波が押し寄せました。もちろん新型コロナ対策として3密回避の意味もありますが、それを後押ししたのは昨年末に施行されたデジタル手続法です。
さらに、新型コロナは書類への押印やマイナンバーと口座の紐づけなど、これまで先送りにしてきた課題を露わにし、社会を大きく変えようとしています。「新たな日常」実現へ向けた行政手続きのデジタル化とマイナンバーの可能性について解説します。

1.デジタル手続法の背景とその意義
2.鍵となるマイナンバーとマイナンバーカード
3.行政手続きデジタル化と企業実務への影響
4.新型コロナが露わにした課題とIT新戦略
5.新たな日常の実現とマイナンバーの可能性
6.質疑応答
お知らせ -受講料-
1名につき 27,500円(税込)

※お客様のご都合でキャンセルされる場合は、 開催1週間前までにお申し出ください。
その後のキャンセルは、お申し受けできませんのでご了承ください。

■ライブ配信
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用IDとPASSを前日までに
   お送り致しますので、開催日時にZoomへご参加ください。

■アーカイブ配信
<1>開催日より3日以降に配信致します。
<2>お申込時にご記入いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、 視聴用URLをお送り致します。
<3>動画の公開期間は公開日より2週間となります。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。