ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  経営  IT・Web戦略  ニューノーマル時代のデジタル技術とDX戦略【会場受講】

開催日 2020/10/27 (火) 開催地 東京都

【オンライン・ファースト社会のビジネストレンド】

ニューノーマル時代のデジタル技術とDX戦略【会場受講】

主催 株式会社 新社会システム総合研究所 講師 三谷 慶一郎 氏 受講料 35,640円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信(開催日の2~5日以降に配信)
◇本セミナーは、新型コロナウイルス対策として選択受講いただけます◇

コロナ禍という未曽有の厄災下において社会活動を継続するために、多くの場面でデジタル技術が活用されている。非対面、非接触を目的とした様々な技術はこれからも登場していくだろう。一方、今般の経験を通じて現状の企業や社会がデジタル技術の力を十分に活かしきれていないことも明確になってきた。
本講演では、弊社で提言した「オンライン・ファースト社会」についてご紹介するとともに、コロナ禍におけるデジタル技術の活用と課題についてまとめてみたい。
さらに、これから訪れるであろう不確実性の高い経営環境に適応していくために企業が取るべきDX(デジタルトランスフォーメーション)戦略の方向性について、技術そのものだけでなく組織や人材の変革も含めて議論したい。
  特典
開催日時 2020/10/27 (火)     10:00~ 12:00    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/10/26
主催会社 株式会社 新社会システム総合研究所
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 60名
受講料 35,640円 (会場受講の申込)
開講場所 ・会場名: SSK セミナールーム
・住所: 〒105-0003 東京都港区西新橋2-6-2  ザイマックス西新橋ビル4F
・交通アクセス: ●JR新橋駅より徒歩5分[烏森口]●都営地下鉄内幸町駅より徒歩3分[A3出口](三田線)
講師
三谷 慶一郎 氏 講師写真

三谷 慶一郎 氏  (ミタニ ケイイチロウ)

株式会社NTTデータ経営研究所 エグゼクティブ・オフィサー

筑波大学大学院ビジネス科学研究科博士課程修了。博士(経営学)
企業や行政機関における情報戦略立案や情報システム企画に関連するプロジェクトを実施。
近年はデジタルビジネスに関連したコンサルティングを推進している。
武蔵野大学国際総合研究所客員教授。情報経営イノベーション専門職大学客員教授。情報社会学会理事、日本システム監査人協会副会長。経済産業省産業構造審議会委員、総務省情報通信審議会構成員等を歴任。
主な共著書に、「デジタルビジネスの価値を生み出す ITエンジニアのための 体感してわかるデザイン思考」「トップ企業が明かすデジタル時代の経営戦略」「攻めのIT戦略」「CIOのための情報・経営戦略」「CIOのITマネジメント」等がある。

カリキュラム、
プログラム
1.コロナ禍におけるデジタル技術の活用状況
2.非対面・非接触を目的とするデジタル技術
3.顕在化したデジタル技術活用上の課題
4.「オンライン・ファースト社会」提言
5.DX推進に必要な組織変革
6.DX推進に必要な人材活用
7.不確実性の高い経営環境におけるDX戦略の方向性
8.まとめ
9.質疑応答/名刺交換
お知らせ -受講料-
【会場受講】 1名につき 35,640円(税込)
【ライブ・アーカイブ受講】 1名につき 33,440円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,500円(税込)
※会場受講とWEB受講(ライブ・アーカイブ)の金額が異なりますのでご注意ください。

※お客様のご都合でキャンセルされる場合は、 開催1週間前までにお申し出ください。
その後のキャンセルは、お申し受けできませんのでご了承ください。

■ライブ配信 
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用URLをお送り致しますので、開催日時にZoomウェビナーへご参加ください。

■アーカイブ配信
<1>開催日より2~5日以降に配信致します。
<2>お申込時にご記入いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、視聴用URLをお送り致します。
<3>動画の公開期間は公開日より2週間となります。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。