ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  経営  IT・Web戦略  アフター・ウイズコロナの新生スマートシティ【会場受講】

開催日 2020/11/04 (水) 開催地 東京都

~データ基盤を備えたデジタルゼネコンを目指す日本企業の可能性と課題~

アフター・ウイズコロナの新生スマートシティ【会場受講】

主催 株式会社 新社会システム総合研究所 講師 石上 圭太郎 氏  他 受講料 35,750円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信(開催日の2~5日以降)
◇本セミナーは、新型コロナウイルス対策として選択受講いただけます◇

Ⅰ. アフター・ウイズコロナのスマートシティ

株式会社野村総合研究所 グローバルインフラコンサルティング部
上級コンサルタント
石上 圭太郎(いしがみ けいたろう) 氏

【15:00~15:55】

Ⅱ. スマートシティ開発・運営の実現に向けたデジタルゼネコン

株式会社野村総合研究所 グローバルインフラコンサルティング部
グループマネージャー
又木 毅正(またき たかまさ) 氏

【16:05~17:00】
  特典
開催日時 2020/11/04 (水)     15:00~ 17:00    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/11/03
主催会社 株式会社 新社会システム総合研究所
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 60名
受講料 35,750円 (会場受講の申込)
開講場所 ・会場名: 紀尾井フォーラム
・住所: 〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1  ニューオータニガーデンコート1F
・交通アクセス: ●地下鉄丸の内線・銀座線「赤坂見附駅」 D紀尾井町口より徒歩3分●地下鉄半蔵門線「永田町駅」7番出口より徒歩3分
講師
石上 圭太郎 氏 講師写真

石上 圭太郎 氏  (イシガミ ケイタロウ)

株式会社野村総合研究所 グローバルインフラコンサルティング部 上級コンサルタント

早稲田大学政治経済学部卒業。1988年 野村総合研究所 鎌倉研究本部 入社。以降、地域計画、都市開発、エネルギー・インフラ産業及びそれらのDX、PPP・民営化などに従事。現在、同社グローバルインフラコンサルティング部 上級コンサルタント。

又木 毅正 氏 講師写真

又木 毅正 氏  (マタキ タカマサ)

株式会社野村総合研究所 グローバルインフラコンサルティング部 グループマネージャー

慶応義塾大学大学院法学研究科卒業。2001年 野村総合研究所 コンサルティング事業本部 入社。以降、インフラ業界における事業戦略、業務改革、新興国の産業政策立案に従事。現在、同社グローバルインフラコンサルティング部 グループマネージャー。 滋賀大学大学院 経済学研究科 客員准教授。

カリキュラム、
プログラム
Ⅰ. アフター・ウイズコロナのスマートシティ

株式会社野村総合研究所 グローバルインフラコンサルティング部
上級コンサルタント
石上 圭太郎(いしがみ けいたろう) 氏

【15:00~15:55】

都市は、人口や各種機能が集中することで、経済・社会活動の効率化・高度化を実現してきた。しかし、同時に都市固有の問題も生じ、過密・3密により、コロナ禍の一要因ともなっている。スマートシティは、都市の集積メリットを活かしたままで過密と3密の問題を軽減・解消しえる。人流や物流のコントロール、非接触・自動などスマート技術の事例と生じている行動変容の状況分析をもとに、感染症にも対応・活用可能なデータ基盤を備えたレジリエントスマートシティの在り方について論じる。

1.スマートシティをめぐる直近の事業環境変化
2.コロナ禍と都市問題
3.コロナ禍とスマート技術
4.行動変容と都市デザイン
5.レジリエントスマートシティ
6.質疑応答/名刺交換

Ⅱ. スマートシティ開発・運営の実現に向けたデジタルゼネコン

株式会社野村総合研究所 グローバルインフラコンサルティング部
グループマネージャー
又木 毅正(またき たかまさ) 氏

【16:05~17:00】

デジタル基盤を備えたスマートシティの開発・運営に際しては、都市計画、建築・土木のノウハウだけではなく、デジタル構想、GIS等を活用したシミュレーション、計装、都市OSとアーキテクチャー、都市運営管理などのノウハウも必要となってくる。GoogleやSTエンジニアリングなどは、これらのノウハウを獲得して、デジタルゼネコンとして、スマートシティ開発に乗り出している。先進企業の動向を基に、日本企業がデジタルゼネコンを目指す際の課題について論じる。

1.スマートシティをめぐる直近の事業環境変化
2.デジタルゼネコンの必要性
3.デザインファーム・デジタルネイティブの動向
4.デジタルゼネコン実現に向けた課題
5.質疑応答/名刺交換
お知らせ -受講料-
【会場受講】 1名につき 35,750円(税込)
【ライブ・アーカイブ受講】 1名につき 33,550円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,500円(税込)
※会場受講とWEB受講(ライブ・アーカイブ)の金額が異なりますのでご注意ください。

※お客様のご都合でキャンセルされる場合は、 開催1週間前までにお申し出ください。
その後のキャンセルは、お申し受けできませんのでご了承ください。

■ライブ配信
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ視聴用IDとPASSを前日までに
   お送り致しますので、開催日時にZoomへご参加ください。

■アーカイブ配信
<1>開催日より3日以降に配信致します。
<2>お申込時にご記入いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、視聴用URLをお送り致します。
<3>動画の公開期間は公開日より2週間となります。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。