ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  経営  環境対策/環境ビジネス  我が国の気候変動リスク対策と適応【アーカイブ配信】

開催日 2021/09/30 (木) 開催地 東京都

内閣官房/環境省

我が国の気候変動リスク対策と適応【アーカイブ配信】

主催 株式会社 新社会システム総合研究所 講師 浅原 堅祐 氏  他 受講料 27,500円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可)

Ⅰ.気候変動対策関連の動向

Ⅱ.民間企業における気候変動適応
  特典
開催日時 2021/09/30 (木)     14:00~ 16:00    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2021/09/29
主催会社 株式会社 新社会システム総合研究所
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
共催会社
(協力会社)
公益財団法人 原総合知的通信システム基金
定員 60名
受講料 27,500円 (アーカイブ配信の申込)
開講場所 ・会場名: AP虎ノ門
・住所: 〒105-0003 東京都港区西新橋1-6-15 NS虎ノ門ビル
・交通アクセス: ●東京メトロ銀座線 「虎ノ門駅」9番・1番出口から徒歩3分 「新橋駅」から徒歩8分●JR線 「新橋駅」日比谷口から徒歩8分
講師
浅原 堅祐 氏 講師写真

浅原 堅祐 氏  (アサハラ ケンスケ)

内閣官房 気候変動対策推進室 参事官補佐

気候変動対策推進のための有識者会議の事務局等の業務を担当。環境省に入省後、自然環境保全関係の法令業務、福島県における中間貯蔵事業等の担当を経て、2021年3月より現職。

秋山 奈々子 氏 講師写真

秋山 奈々子 氏  (アキヤマ ナナコ)

環境省 地球環境局 総務課 気候変動適応室 室長補佐

気候変動適応法に基づく国内の気候変動適応関連施策を推進。主に地方公共団体や企業の気候変動適応の取組推進を担当している。気象予報士。民間企業を経て2017年4月より現職。

カリキュラム、
プログラム
Ⅰ.気候変動対策関連の動向

内閣官房 気候変動対策推進室 参事官補佐
浅原 堅祐(あさはら けんすけ) 氏
14:00~14:55

気候変動への関心が急速に高まり、様々な主体による取組が進む中、本年4月には菅総理から温室効果ガスの2030年度46%削減目標が示されるなど、日本の取組も大きく動いている。本年3月に新たに設けられた「気候変動対策推進のための有識者会議」に携わる担当者から、気候変動対策の昨今の動向をお伝えする。

1.昨今の気候変動に関する状況
2.気候変動に関する日本の動向
3.気候変動対策推進のための有識者会議について
4.質疑応答/名刺交換

Ⅱ.民間企業における気候変動適応

環境省 地球環境局 総務課 気候変動適応室 室長補佐
秋山 奈々子(あきやま ななこ) 氏
15:05~16:00

近年、甚大な気象災害や猛暑、農作物の不作などによって、事業活動に多大な影響が生じている。今後、気候変動の進行によって影響が益々拡大することが懸念されることから、気候変動影響を将来にわたり回避・軽減する「適応」の取組の必要性が高まっている。気候変動適応に戦略的に取り組むことは、ビジネスの持続可能性や競争力を高めることにつながる。ここでは、「民間企業の気候変動適応ガイド-気候リスクに備え、勝ち残るために-」を中心に紹介する。

1.事業活動における気候変動影響
2.気候変動適応関連施策の動向
3.気候変動リスク管理と適応ビジネス
4.気候変動適応のベネフィット
5.気候変動適応の進め方
6.質疑応答/名刺交換
お知らせ -受講料-
1名につき 27,500円(税込)

※お客様のご都合でキャンセルされる場合は、 開催1週間前までにお申し出ください。
その後のキャンセルは、お申し受けできませんのでご了承ください。

■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご記入いただいたメールアドレスへ視聴用URLとID・PASSを
   お送り致しますので、開催日時にZoomへご参加下さい。

■アーカイブ配信について
<1>開催日より3~5営業日後に配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、視聴用URLをお送り致します。
<3>動画の公開期間は公開日より2週間となります。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。