ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  経営  環境対策/環境ビジネス  中国2060年カーボンニュートラルの衝撃【ライブ配信】

開催日 2021/11/17 (水) 開催地 WEB配信型ライブセミナー

-脱炭素、再エネ、EV施策と戦略の実態 -蓄電池戦略の進展が今後の肝となる

中国2060年カーボンニュートラルの衝撃【ライブ配信】

主催 株式会社 新社会システム総合研究所 講師 前田 雄大 氏 受講料 33,900円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
■ライブ配信 ■アーカイブ配信(2週間、何度でもご視聴可)

気候変動交渉の世界では中国はこれまで途上国の立場に立ち、共通だが差異ある責任を掲げながら、脱炭素の取組みについて、世界1位の温室効果ガス排出国でありながらも、本格的な取り組みから逃げているような印象を与えてきた。その中国が2020年に2060年カーボンニュートラル宣言を行い、一気に脱炭素に舵を切ったことは世界に衝撃を与えた。しかし、実態を見てみると中国は再エネ政策、EV施策など、用意周到に準備をしてきていたことが見て取れる。そして脱炭素政策は中国にとって、経済上も安全保障上も重要なテーマであるということもまた見えてくる。
今回のセミナーにおいては、そうした中国の脱炭素政策の大枠を見ながら、その中でどのようなEVを含む電動車関連の施策を展開し、そして再エネと並んで脱炭素推進の肝となる蓄電池についてどのような進展が中国で見られているのかを紹介する。また、蓄電池に関しては着脱式のバッテリーという方式も中国で観察されることから、そうしたところについても紹介をした上で、世界一のEV市場となった中国EV市場の動向も概観する。
  特典
開催日時 2021/11/17 (水)     13:00~ 15:30    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2021/11/16
主催会社 株式会社 新社会システム総合研究所
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 60名
受講料 33,900円 (ライブ配信の申込)
開講場所 ・会場名: オンラインLive受講
・住所:   
・交通アクセス: 
講師
前田 雄大 氏 講師写真

前田 雄大 氏  (マエダ ユウダイ)

株式会社afterFIT 広報、渉外担当  元外務省 気候変動担当(含むG7、G20、パリ協定関連)

2007年外務省入省。入省後、開発協力、原子力、官房業務等を経験した後、2017年から2019年までの間に気候変動を担当し、G20大阪サミットにおける気候変動部分の首脳宣言の起草、各国調整を担い、宣言の採択に大きく貢献。また、パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略をはじめとする各種国家戦略の調整も担当。こうした外交の現場を通じ、国際的な気候変動・エネルギーに関するダイナミズムを実感するとともに、日本がその潮流に置いていかれるのではないかとの危機感から、自らの手で日本のエネルギーシフトを実現すべく、afterFIT社へ入社。また、日本経済研究センターと日本経済新聞社が共同で立ち上げた中堅・若手世代による政策提言機関である富士山会合ヤング・フォーラムのフェローとしても現在活動中。

カリキュラム、
プログラム
1.中国のこれまでの気候変動・脱炭素に対する姿勢・経緯
2.カーボンニュートラル宣言を含む中国の脱炭素政策
3.電動車関連施策と中国の思惑
4.中国国内における蓄電池産業の進展
5.着脱式バッテリーのビジネス展開
6.中国EV市場概観
7.質疑応答/名刺交換
お知らせ -受講料-
1名につき 33,900円(税込)
同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 27,500円(税込)

※お客様のご都合でキャンセルされる場合は、 開催1週間前までにお申し出ください。
その後のキャンセルは、お申し受けできませんのでご了承ください。

■ライブ配信について
<1>Zoomにてライブ配信致します。
<2>お申込時にご記入いただいたメールアドレスへ視聴用URLとID・PASSを
   お送り致しますので、開催日時にZoomへご参加下さい。

■アーカイブ配信について
<1>開催日より3~5営業日後に配信致します。
<2>お申込時にご登録いただいたメールアドレスへ収録動画配信のご用意ができ次第、視聴用URLをお送り致します。
<3>動画の公開期間は公開日より2週間となります。

※ライブ配信受講者様は、追加料金11,000円(税込)で
 アーカイブ配信を承ります。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。