ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  生産管理  品質管理/品質改善  リスクアセスメントによるリコールマネジメントセミナー

開催日 2020/01/22 (水) 開催地 東京都

製品安全を確保するためのリスクアセスメント マネジメント教育に活用いただけます!

リスクアセスメントによるリコールマネジメントセミナー

主催 一般財団法人日本科学技術連盟 講師 松本浩二  他 受講料 27,500円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
市場措置判断は、失敗すれば企業の存続にも関わる重要な取り組みです。
当コースでは、製品事故が発生した場合の迅速かつ適切な判断と対応について学びます。

セミナーの対象者はこんな方です

リスクの大きさによる重大事故報告、リコール判断が活用されている消費生活用製品や医療機器分野などの設計・製造・流通・販売に関わる事業者、工業会、消費者団体に所属される管理者・技術者・スタッフ
  特典
 お知らせ
開催日時 2020/01/22 (水)     10:00~ 17:00    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2020/01/15
主催会社 一般財団法人日本科学技術連盟
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 20名
受講料 27,500円
開講場所 ・会場名: 東京・日科技連 東高円寺ビル
・住所: 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南1-2-1 東高円寺ビル
・交通アクセス: 下記、地図を参照

セミナー マップ

講師
松本浩二 講師写真

松本浩二

製品安全コンサルタント

三本利幸 講師写真

三本利幸

(株)タスク

久保田 享 講師写真

久保田 享

(株)豊田自動織機

大田利幸 講師写真

大田利幸

元 パナソニック(株)

カリキュラム、
プログラム
【特徴】
● 日本および海外における消費生活用製品や医療機器の法規制と重大事故報告、リコール判断のプロセスについて学べます。
● リスクの大きさや最悪のケース、判断に影響を与えるバイアスなどを加味し、事例で重大事故報告、リコール判断のポイントを学べます。
● リコール判断のケーススタディを行います。

【カリキュラム】 1日コース
第1日
10:00~17:00
法規制(日本と欧米)
・重大事故報告やリコール報告に関わる制度
判定フローと措置の選択
・法規制による判断と自主判断について
消費生活用製品の判断事例
・国内における判断事例と欧州における現状
バイアスを応用した医療機器の事例分析
日米事例の上位概念化と消費生活用品への展開
リコール判断のケーススタディ
事例による演習

セミナーの日程、開始・終了時刻、カリキュラム、会場は、都合により変更することがあります。また、諸般の事情によりセミナーの開催を中止することがありますので、あらかじめご了承ください。
セミナー参加費
支払い方法
お申込み後、「開催のご案内」「参加券」「請求書」等の必要書類を郵送いたします。お支払いについての詳細は、請求書に記載しておりますが、原則として、請求書発行後2ヶ月以内に指定の銀行口座または郵便振替口座にお振込ください(厚生労働大臣指定講座にてお申込みの場合は、セミナー開講までにお振り込みください)。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。