ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
     
トップページ  セミナー検索  ファイナンス  その他  その他  <オンライン受講>金融機関のシニアビジネスにおける法的留意点

開催日 2019/11/19 (火) 開催地 WEB受講

<オンライン受講>金融機関のシニアビジネスにおける法的留意点

主催 株式会社セミナーインフォ 講師 東京駿河台法律事務所 受講料 35,650円   

このセミナーをチェックリストに追加する  セミナーの受付は終了しました
高齢者取引における適合性原則は裁判や金融取引実務でどのように適用されているか。認知症は、脆弱性を伴う代表的なものであるが、その症状は多様で、認知機能のどの部分が脆弱となるかも様々であり、また進行状況も直線的でも一様でもない。他方、金融商品取引に必要な能力も、商品や取引段階に応じて一様ではない。多様かつ状況が変化する高齢者と、新規商品も含め多様な金融サービスと変動する市場環境に対応するためには、どうすればよいか。意思能力制度や、顧客本位原則や受託者責任(フィデューシャリー・デューティー)の位置づけをどう考えるべきか。成年後見制度、任意後見制度や信託の留意点は何か。金融機関のシニアビジネスにおける法的留意点を考えたい。
  特典
開催日時 2019/11/19 (火)     09:30~ 12:30    

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2019/11/18
主催会社 株式会社セミナーインフォ
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 55名
受講料 35,650円
開講場所 ・会場名: インターネットが利用できるパソコン、タブレットPC、スマホ、iPhoneなど
・住所: インターネットが利用できるパソコン、タブレットPC、スマホ、iPhoneなど 
・交通アクセス: 
講師
東京駿河台法律事務所 講師写真

東京駿河台法律事務所

弁護士・ニューヨーク州弁護士
上柳 敏郎 氏

金融審議会
市場ワーキング・グループ委員
1981年東大法学部卒 83年弁護士登録 90年米国ワシントン大学ロースクールLLM修了、ニューヨーク州司法試験合格 98年から金融審議会第一部会臨時委員(その後専門委員) 2004年〜09年早大法科大学院客員教授 10年〜13年東大法科大学院客員教授 現在日弁連消費者問題対策委員会幹事、国民生活センター紛争解決委員会特別委員、東京都消費者被害救済委員会委員等

カリキュラム、
プログラム
1.高齢化と金融サービス、消費者被害
(1)高齢化社会
(2)認知症有病者の増加
(3)高齢者の保有資産
(4)高齢者の金融サービスニーズ
(5)高齢者の消費者被害

2.裁判における適合性原則
(1)適用法規、金商法、民法
(2)裁判例の全体動向
(3)代表的判決例の認定・判断手法の注目点
(4)認容判決と棄却判決の分かれ目
(5)裁判例とコンプライアンス

3.自主規制、コンプライアンスにおける適合性原則
(1)関係ルール、監督指針、投資勧誘規則
(2)取引開始基準、マトリックス
(3)外国規則の教訓、合理的根拠適合性の位置づけ 
(4)ノウ・ヨア・プロダクト、ノウ・ヨア・カスタマーの実質化・現実化
(5)商品開発、仕入れ、販売の連携

4.意思無能力制度
(1)意思無能力制度の位置づけ
(2)裁判例の動向
(3)学説の動向
(4)適合性原則との関係
(5)適合性原則、意思無能力制度、顧客本位原則、受託者責任

5.成年後見、信託、金融機関と社会
(1)成年後見の実態と活用法
(2)任意後見制度の利点と活用
(3)信託の利点と活用
(4)地域包括支援と金融機関
(5)金融機関と高齢化社会

6.質疑応答 ※ 録音、ビデオ・写真撮影はご遠慮ください
お知らせ ※セミナー主催者からの受講票・請求書の発送をもってお申込み受付完了のご連絡とさせていただきます。
※料金の中には資料代・消費税が含まれております。
※同封する「DOKODEMOセミナー受講のご案内」をご一読ください。
※お申込み後のキャンセルは、開催日1営業日前の12時まで承ります。
それ以降のキャンセルや当日の無断欠席は受講料を全額ご請求いたします。
※お申込み時点で定員に達している、講師とご同業にあたる等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
※募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。予めご了承ください。
  • このセミナーについて質問する
  • このセミナーに申し込み

他にもこんなセミナーがあります

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。