ビジネスに特化したクオリティの高いセミナーや研修が見つかる!
会員登録をしてセミナーに申し込むとさまざまな特典が受けられます
トップページ  インデックス検索  リスクマネジメント  法務/コンプライアンス/契約書  【オンライン/会場】トラブルを未然に防ぐ! ASEANにおける建設プロジェクトの法務と実務

開催日 2024/06/17 (月) 開催地 東京都

【オンライン/会場】トラブルを未然に防ぐ! ASEANにおける建設プロジェクトの法務と実務

主催 一般社団法人 企業研究会 講師 杉本 花織 氏 受講料 38,500円   

このセミナーをチェックリストに追加する  お申込み受付中
◆オンライン配信  ◆会場受講  ご希望の受講形式を、備考欄にご記入ください。



【開催にあたって】

建設インフラ分野における日本政府によるODA(政府開発援助)案件の多くがASEAN諸国で実施されてきたこと、また世界の他の地域に比べて距離の近さ、文化的な共通点、継続的な友好関係等から、日本企業が参画する建設インフラプロジェクトの多くは、ASEAN諸国でのプロジェクトを中心に進められてきました。ASEAN諸国の経済発展に伴い、ODAだけでなく別形態(Public-Private Partnership等)でのプロジェクトも模索され始めているものの、日本企業の参画先の多くがASEAN諸国であることは今も変わりがありません。

本セミナーでは、今後も増えるであろうASEAN諸国における建設インフラプロジェクトに関し、最近の動向を踏まえ、物価変動、政変等によるサプライチェーンへの影響等日本企業がASEAN諸国でのプロジェクトで抱える最近の問題点をご紹介しつつ、契約をどのような建付としておけばトラブルを未然に防ぎ、また生じたトラブルを最小限に抑えられるのかを、関連裁判例もご紹介しながらご説明します。

セミナーの対象者はこんな方です

法務部門、海外事業部門、建設事業部門、営業部門、総務部門など関連部門のご担当者様
  特典
開催日時 2024/06/17 (月)     14:00~ 17:00     (受付  13:30 ~ )

他の開催日・開催場所(同じ都道府県内)で探す    
申込み期間  ~ 2024/06/14
主催会社 一般社団法人 企業研究会
この主催会社の他の最新セミナーを見る    
定員 25名
受講料 38,500円
開講場所 ・会場名: 企業研究会セミナールーム(東京:御徒町)
・住所: 〒110-0015 東京都台東区東上野1丁目13−7 ハナブサビル 
・交通アクセス: ※会場でのご受講は、こちらの会場になります

セミナー マップ

講師
杉本 花織 氏 講師写真

杉本 花織 氏

長島・大野・常松法律事務所 パートナー弁護士

カリキュラム、
プログラム
I.ASEAN諸国における建設プロジェクトの動向

II.ASEAN諸国におけるリスク要因
(1) 未発達な裁判制度(先例がない・少ない)
(2) 政権交代
(3) 戦争、内乱、政変等
(4) 急な法令変更・制度変更
(5) サプライチェーンへの影響

III. 国際建設プロジェクト契約の基本

Ⅳ. プロジェクト契約のポイント
(1) 契約図書と優先順位
(2) 設計責任
(3) 予見不可能な物理的条件
(4) 変更(Variation)
(5) 不可抗力
(6) 物価変動とエスカレーション条項
(7) 瑕疵担保(Defect Liability)
(8) 紛争解決(仲裁、紛争裁定委員会)

Ⅴ. 関連裁判例
(1) 洋上風力発電所建設プロジェクトにおける設計責任
(2) トンネル工事進行中に発見された地中障害についての請負者の予見可能性
(3) スタジアム建設工事における瑕疵担保期間満了後の請負者の責任

Ⅵ. 質疑応答
お知らせ 受講料(1名様につき)
一般のお客様 38,500円 (本体 35,000円)
企業研究会会員 35,200円 (本体 32,000円)

※「オンライン配信」「会場受講」のご希望の受講形式を、備考欄にご記入ください。

※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
  お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。
※講師とご同業の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

◆オンライン開催をご希望の方
本セミナーはZoomを利用して開催いたします。

◆会場受講をご希望の方
当日、企業研究会セミナールーム(台東区東上野)まで、ご来場ください。

他にもこんなセミナーがあります

セミナーチェックリストを見る

会員なら色々な特典が受けられます
掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
著作権は株式会社ファシオまたはその情報提供者に属します。